XM口座凍結
この記事では、XMの口座凍結の解除法と口座凍結になってしまうルールを解説します。

国内のFX会社とは口座凍結の基準が違いますから、その辺りも併せてお伝えして参ります。

また、XMでは不正行為に当たる行為さえしなければ、口座凍結になった場合も問題なく復活できますのでご安心ください。

XMで口座休眠or口座凍結になってしまったら・・・

XMで口座休眠または口座凍結になる条件は、以下のとおりです。

口座休眠になる条件
90日間にわたって、取引が無かったら口座休眠になります。

口座凍結になる条件
口座休眠後、残高が無い状態でさらに90日間取引が無かったら口座凍結になります。
XMが不正行為とみなす行為をしたら、口座凍結になります。

口座凍結と口座休眠の違い

休眠口座と凍結口座

女性講師2

それでは、まず長期間利用しなかった場合の口座が休眠から凍結にいたるまでの流れをお伝えしますね。

口座が休眠から凍結になる流れ
  1. 90日間、取引を何もしないと口座は休眠状態になります。
  2. 休眠になって以降、口座維持手数料として毎月500円(5USドル)引かれます。
  3. やがて、口座残高がゼロになります。
  4. 口座残高がゼロになって以降、90日間(この90日間は休眠口座扱い)何もしなかった場合、口座は凍結されます。
男性講師2

残高にお金がある状態で休眠状態になったら、口座維持手数料が毎月500円(5USドル)かかるので、そこだけ注意してください。

口座維持手数料ってどうなの?

複数口座を持っていた場合、使っていない口座に口座維持手数料がかかると誤解が一部であります。

もし、使っていない口座があった場合でも、いずれかの口座で取引がある場合はどの口座も休眠になりません

これはXMのサポートから回答を得た内容ですので、ご安心ください。

休眠口座になった場合の解除手続きは?

休眠口座の解除のやり方は、ログインして追加入金(もしくは小ロットでも取引)すれば、口座は再開されます。
口座がアクティブ状態に戻れば、口座休眠前と同じ条件で取引ができます。

POINT

休眠口座の解除方法

  • 追加入金、もしくは
  • 小ロットでの取引

※口座間の資金移動だけでは、休眠状態は解除されないので要注意。

XMへの入金方法は、以下の記事で解説しています。

口座休眠になったら、ボーナスクレジットは全消滅

XMで休眠口座になった場合のデメリットについてご説明します。

口座休眠になった場合のデメリット
  • 口座維持手数料が毎月500円(5USドル)かかる
  • ボーナスクレジットが全消滅

先程も述べたように休眠になると毎月500円(5USドル)の口座維持手数料がかかります。

そして、一番影響が大きいのがボーナスクレジットの全消滅です。
それまで貯めていたXMポイントも消滅してしまいます。

そのような事態を避ける方法としては、休眠になる前にボーナスクレジットもXMポイントを使い切ってしまうか、休眠にならないようにマイクロ口座で最小ロットだけでもポジションを持っておくことです。

マイクロ口座で最小ロットを持つ方法は、損失リスクもクロス円100pipで10円程度なので口座維持手数料よりもずっと安価で済みます。

マイクロ口座で取引するメリットは、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

口座凍結になった場合の解除手続きは?

口座が凍結になってしまうと、まずXMの会員ページへログインできなくなります。

そのため、サポートに連絡するか、下のリンクボタンから口座開設時と同じように個人情報を入力します。

そして、再びXMに身分証と住所確認書(6ヶ月以内に発行のもの)を提出すれば問題なく復活できます。

その際に、以前と同じ登録メールアドレスを使用すれば、カンタンな審査で以前の口座内容を受け継ぐことが可能です。

ボーナスは消滅してしまっていますが、未受取の入金ボーナス枠があればそれらも引き継げます。

POINT

再びXMに口座開設申請をすれば、口座凍結は解除できる。

口座凍結解除に必要なもの

  • メールアドレス(以前登録の時のものと同一のメールアドレス)
  • 身分証明書
  • 住所証明書(以前の書類の有効期限が過ぎている場合には、再度書類の提出の必要アリ)
なぜ新口座の開設ではなく、旧口座の復活なの?

XMには1人1アカウントまで、という原則があります。
顧客側としては、新規で口座を開設すれば口座開設ボーナスや入金ボーナスを再びもらえるかもという期待してしまいますが、ボーナスの2重取りになってしまうので、XM側としては、旧口座の復活を義務付けています。
そのかわり、旧口座の復活であれば審査にかかる時間は短縮され、以前の口座内容を面倒な手続きなく引き継げるようになっています。

凍結後、新規口座開設したら、口座開設ボーナス3000円はまた受け取れる?
口座開設ボーナスは受け取れません。以前と同一のメールアドレスでの登録が義務化されているのは、ボーナスの二重取りを防ぐためもあります。後で詳しく説明しますが、意図的なボーナスの二重取りは、XMが指定する不正行為に当たりますのでペナルティが課せられる可能性があります。
口座が凍結したら、出金できる?
不正行為にあたる取引による口座凍結でなければ、ルール上、口座残高がなくならない限り、口座凍結はされませんので、心配は無用です。しかし、不正行為にあたる取引をしていた場合は、その限りではなく、不正行為で得た利益分は出金できません。
不正とみなされた行為以外の損益金額ならば、出金は可能です。
100%入金ボーナスの枠がリセットされるってホント?
口座が休眠・凍結される場合、ボーナスクレジットは消滅します。しかし、口座を復活させた場合、不確定ですが、入金ボーナスの枠が復活していることがあります。こちらはXMが不定期に入金ボーナス枠を復活させるためで、時期や期限は未定ですが、そのような事例がいくつか報告がされています。

XMで口座凍結される不正行為とは・・・

女性講師2

XMで指定されている取引における不正行為とは、以下の7つです。

XMでの禁止/グレー行為
  1. 他人のふりをして新規口座開設し、ボーナスを何度も受け取る行為は口座凍結の対象
  2. XMの複数口座を使っての両建ては禁止
  3. 他の業者を使った両建ての禁止
  4. 複数人の口座を使った両建ての禁止
  5. いわゆる「窓開きトレード」の禁止
  6. 業者間の価格差・接続遅延・レートエラーを利用したアービトラージの禁止
  7. 異なる通貨ペアでも、ひとつの通貨をヘッジするような両建ては禁止
女性講師2

この中で窓開きトレードなどは不正と認定しづらいグレー行為ですが、何度も繰り返したりすると、まずレバレッジ規制がされ、888倍から50倍~100倍に落とされます。
それでも類するトレードを行う場合は口座凍結になります。

他人のふりをして新規口座開設し、ボーナスを何度も受け取る行為は口座凍結の対象

XM禁止行為1

友人や家族の名義を利用して、XMで新規口座開設をし、口座開設ボーナスや入金ボーナスを複数回受け取る行為は禁止です。
この行為は非常に多くみられる不正行為ですので、決して行わないようにしましょう。
「違うIPアドレスから接続してこれらを行えば問題ないだろう」と思うかもしれませんが、入金や出金の時に不自然なことがあればすぐにわかるので、甘く見るのは禁物です。

POINT

XMでは本人確認を重要視しており、本人名義の口座からの入出金でなければ調査の対象になります。
そのため、違う名義で入金しただけでも、口座凍結される可能性があります。

XMの複数口座を使っての両建ては禁止されている

XM禁止行為2

追加で口座を作成し、複数口座間で両建てをする行為は禁止されています。
強制ロスカットやゼロカットを利用した方法で、XMが投資家保護のために行っている制度の悪用になりますので、凍結対象になります。

女性講師2

複数口座間で両建てを行った場合、理論上、トータルで利益をあげることは容易になります。
そのため、そうした不正行為を目論むトレーダーが後を絶ちませんが、凍結になった場合当該取引で得た利益は出金ができませんので、こうした行為は行わないようにしましょう。

他の業者を使った両建ての禁止

XM禁止行為3

こちらも、さきほど紹介した両建てで利益をあげる方法を、業者をまたいで行った場合になります。

「スワップ狙いのアービトラージ」「ボーナスクレジットの現金化」など、目的はさまざまですが、業者の取引プラットフォームがMT4/MT5を利用していた場合、開発元の「MetaQuotes Software」のシステムにより、FX業者問わず全ての取引記録が自動的に管理されています。
不正が疑わしい取引は、自動的に判別されるシステムのため、他業者間の両建てはすぐにバレてしまう仕組みになっています。

POINT

MT4/MT5を使用していない業者でも、自動的に不正を見破るシステムが導入されているため、不正行為はバレるリスクが高いので行わないようにしましょう。

複数人の口座を使った両建ての禁止

XM禁止行為4

こちらは、さきほど紹介した2つのパターン、「XM内の複数口座を使った両建て取引」「他の業者を使った両建て取引」と同じ手法を、グループ内で両建てを行うバージョンです。
友人同士で示し合わせて両建てを行う行為ですが、こちらも説明した通り、FX会社も不正利用には目を光らせているので、凍結リスクの高い不正行為と言えるでしょう。

女性講師2

複数の口座を使った両建てに関しては、制度を悪用した行為になるのでどのFX会社も厳しく対処しています。
しかし両建ては机上の論理ではうまくいくけど・・・、という典型的な行為です。
エントリーするタイミング、決済するタイミングなど、利益をあげるには相当難易度は高いといえます。
口座凍結されるリスクを考えたら、割に合わない行為だと考えるのが順当です。

いわゆる「窓開きトレード」の禁止

XM禁止行為5

こちらも「強制ロスカット」および「ゼロカット」を悪用した行為になります。
週末に大きなイベントがあることを踏まえて、フルレバレッジでポジションを持っておき、週明けの窓開きを狙ったトレードになります。

▼典型的な窓開きトレード▼

XM窓開きトレード

POINT

週末にあらかじめ大きなイベントがあることをわかっている場合は、月曜日に窓開きが発生することはある程度予測できます。

その際、金曜日の終値の時にフルレバレッジでポジションを保有しておきます。

そして月曜日窓開きが発生した段階で、「もし、利益方向に窓開きが発生した場合は、利確もしくは保有」「もし、反対方向に窓開きが発生した場合は、強制ロスカットもしくはゼロカットが発動」して、損失を限定してトータルで利益をあげる手法です。

女性講師2

こちらは、非常にグレーな行為ですぐに口座凍結の対象になる行為ではありませんが、窓開きトレードを行ったらレバレッジが50倍や100倍に制限がかかった、という報告をネット上でも散見します。
同様に、指標発表時にこのようなギャンブルトレードを繰り返すことも、レバ規制の対象になります。

男性講師2

XMのハイレバレッジとゼロカットを組み合わせてやる手法ですね。
ハイレバ規制をされると、たしかに、この禁止行為をやるのが難しくなります。

業者間の価格差・接続遅延・レートエラーを利用したアービトラージの禁止

XM禁止行為6

XMではいかなる裁定取引(アービトラージ)も禁止されています。
また各会社により価格差が生じることはたびたびありますが、ネットワーク接続やサーバーの不調により、FX会社側の意図しないレートが表示されることがあります。

女性講師2

これらもグレー行為で、すぐに口座が凍結になる行為ではありませんが、XM側でサーバー障害などが発生したときは、「その時に得た利益は無効」という認識でいた方がよさそうです。

異なる通貨ペアでも、ひとつの通貨をヘッジするような両建ては禁止

XM禁止行為7

これも裁定取引の一種にあたる取引です。

女性講師2

ちょっとわかりづらいので、ユーロを例にとって説明しましょう。
下の図はEUR/USDとEUR/JPYの同時刻のチャートです。

両建て

XMユーロ両建て

男性講師2

お~ほとんど重なった!
かなり関連性があるんですね。

女性講師2

ユーロの値動きをドルと円の2側面からとらえた場合、重なる部分は多いですが、たまにズレが生じることがあります。
上の図でいうと、赤と白の〇印で囲んだ部分ですね。
もし、赤のポイントでEUR/JPYを売り、白のポイントでEUR/USDを買い、再びチャートが重なり合う時に双方決済したら、為替リスクを抑えて利益を得ることは可能です。
でも、これは裁定取引にあたるので、XMではペナルティが課せられる可能性があります。

男性講師2

なるほど。
XMは、両建てや裁定取引(アービトラージ)に対しては厳しいですね。

XMで口座凍結にならない行為

XMでの取引における口座の凍結条件をみてきましたが、逆に口座凍結になりそうだけどならない行為も見てみましょう。

実は、国内ではNGな取引行為も、XMでは不正に当たらないということも多くあります。

XMではスキャルピングで口座凍結にならない

XMスキャルピング

女性講師2

下の画面は、XMの「よくある質問コーナー」に載せられている一文です。

XMよくある質問

引用:XMの「よくある質問コーナー」
女性講師2

こちらはXMの公式サイト内に出されているので、スキャルピングOKというのは、XMの公式回答といえるでしょう。

スキャルピングの手法自体は認められていますが、XMではスプレッドもそれなりに広いので、秒単位でのスキャルピングはなかなか難しいといえるでしょう。

なので、XMの取引条件に合わせた形で手法をアレンジする必要があります。

「5分~30分単位の短いトレンドの山を取る」という裁量トレードのスキャルピングであれば、勝機はありそうです。

また低スプレッド口座の「XMゼロ口座」を使うという選択肢もあります。ゼロ口座の活用法については、「XMのゼロ口座の活用法」の記事をご覧ください。

XMではEAを利用しても口座凍結にならない

XMのEA利用

女性講師2

XMではEAを利用しても口座凍結はされません。
国内大手証券会社では、明確にEAの利用を禁止しているので、これは大きなちがいと言えますね。

他の会社がEAの利用を禁止する理由は、EAの発動する条件によっては、短い時間で何度も注文決済を繰り返すためカバー取引が間に合わないという現実的なものです。

しかし、カバー取引が間に合わないという理由は、一旦ディーリングデスクで注文を受ける(DD方式)という仕組みの問題であり、その仕組みがなく直接市場に注文を出すXMのNDD方式であれば、EAの利用があったとしても処理は可能になります。

DD方式とNDD方式

DD方式とNDD方式のちがい

DDとは(Dealing Desk)の略です。
国内のFX会社では取引ディーラーを置いて、顧客の注文に対応します。
そして、市場に時間差でカバー注文を出すスタイルですが、一方、海外のFX会社ではNDD(Non Dealing Desk)方式が一般的です。
ディーラーを置かずにXMの顧客の注文はダイレクトに市場に流されます。

DD方式とNDD方式のちがいは様々ありますが、最も大きなものは、DD方式の場合、スキャルピングやEAの利用を禁止している点です。
国内FX会社は市場に直結しておらず、高速取引の場合、顧客と利益相反の関係になってしまうため、EAの利用を禁止している会社が多いのです。

EAの設定・導入方法をMT4で実演した記事を以下にリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

両建てをしても口座凍結にならない

女性講師2

こちらも「よくある質問コーナー」に掲載されているので、XMからの公式回答です。

XMよくある質問

引用:XMの「よくある質問コーナー」
女性講師2

XMでは、同一口座内であれば両建てをしても、口座凍結はされません。
しかも両建てになった場合、通貨ペアの場合は証拠金もいりません。

同一口座内であれば、両建て取引をしてもリスクは変化しないので、XMは原則認めています。
ただ、同一口座内での両建て取引には、スワップポイントなど不利な点も多く、長期での両建て保有はおすすめしません。

両建て取引の活用方法は「XMの両建て活用術&禁止事項」の記事を参考にしてください。

XMでは利益を出しすぎても口座凍結にならない

XM大量出金

これは当たり前のことかもしれませんが、XMでは利益の出すぎで口座凍結になることはありません。

国内FX業者の中には利益を出しすぎたことで、約定拒否や遅延などが起こるという噂がある以上、心配になっている人もいるかもしれませんが、XMはNDD方式をとっており顧客と利益相反が生じないため、多額の出金であっても躊躇なく対応してくれます。

実際、多くのプロトレーダーがXMを利用して、多額の現金を引き出していますが、XM利用者から出金拒否されたという話は聞いたことがありません。

海外FXの口座凍結や出金拒否について

ネット上では、「むしろ海外FXの方が口座凍結や出金拒否されるのでは?」という懐疑的な姿勢がよく見受けられます。
たしかに、怪しい業者や無登録で営業している無免の海外FX業者は、危険という認識で間違いはありません。
しかし、海外といっても広く、それをすべての海外業者に当てはめるのは、賢明ではないと筆者は考えます。

国内FX業者よりも事業規模が大きく(国内最大手のDMM.com証券の口座数は現在70万口座ですが、XMはすでに100万口座以上の開設数があります)グローバルに展開しているXMのような海外業者にとって、一顧客の出金拒否等をして評判を落とすことの方がリスクが大きいと思います。

詳しくは、「XM出金拒否?出金できない/トラブル時にありがちな11のコト」の記事を参考にお読みください。

XM口座凍結/休眠のよくある質問FAQ

XMでは、どんな時に口座凍結になりますか?

XMでは、どんな時に口座凍結になりますか?
XMでは、口座に資金がない状態なら、最短180日で口座凍結になります。
口座に資金がある場合は、まず90日間取引が無ければ口座休眠となり毎月5ドルの口座維持手数料を取られます。
その口座から資金がなくなって90日間が経過したら、口座凍結になります。
他に、違反行為をした時に口座凍結になる場合もあります。

XMで口座凍結になったら、資金はどうなりますか?

XMで口座凍結になったら、資金はどうなりますか?
口座に資金がある場合は、口座凍結になりません。取引せずに休眠口座になったとしても毎月5ドルの口座維持手数料を払えば、口座凍結にはなりません。
違反行為をした場合は、その違反行為で得た利益以外は、原則出金できます。その際はサポートに問い合わせてください。

XMで口座凍結になった口座を復活させたい

XMで口座凍結になった口座を復活させたい
口座凍結になった口座を復活させるには、再び、身分証と住所確認書の提出をすれば大丈夫です。
サポートに問い合わせるか、新規口座開設手続きをすることで復活できます。
その際は、必ず旧口座で登録した同一メールアドレスを使用してください。

XMで口座休眠になった口座を再び使いたい

XMで口座休眠になった口座を再び使いたい
口座休眠の場合は、追加入金をするか、トレードをすれば、休眠は解除されます。
資金移動では解除されないので、注意してください。

XMで口座凍結になった理由がわからない

XMで口座凍結になった理由がわからない
何の連絡もなく、口座凍結になった場合はサポートに問い合わせてください。
その際に、凍結になったアカウント番号を忘れずにサポートにお伝えください。

XMの口座凍結について思うこと

ライターズテキスト

ライターズテキスト

実は口座凍結経験者です

以前、僕も口座凍結を経験しています。

XMから一度遠ざかった時期があり、開設した口座を放置したまま、3年後に再びログインしようとしたら、口座凍結になっていました。

当時は、なんでログインできないのかわかりませんでしたが、メールボックスを検索したところ、「口座凍結のお知らせ」というメールが見つかりました。

そして、再度XMに身分証と住所確認書を送って、無事、口座凍結を解除できた次第です。

ボーナスなどはなくなっていましたが、無事に再度使えるようになったのでホッとしたことを覚えています。

口座凍結を避ける究極の方法

口座凍結を避ける方法で僕が利用している方法は、あまり知られていない方法です。

それは「マイクロ口座で最小ポジションを持ち続ける」こと。

ポジションが強制ロスカットされないかぎり、長期間放置しても口座凍結にはなりません。

なので、マイクロ口座に500円ほど資金を入れて、ずっとUSDJPY0.01ロットをもう3年くらい持ち続けています。

ドル円が10円動いても100円の損益なので、強制ロスカットにはほぼなりませんし、最小ロットであればスワップも発生しないので、おすすめです。

ただ、惜しむらくは、ドル円112円の時に売りでエントリーしているので、もっと大きなロットで勝負しておけば良かったかな、と思うくらいでしょうか(笑)