XM 日経225
テレビでニュースを見ていると、

「今日は日経平均株価が◯◯円上がりました(下がりました)」という言葉はよく聞きますよね。

そのニュースを聞いて、「いや、これから上がりそうだ(さらに下がりそうだ)」と思ったら、あなたならどうするでしょうか?

もし、「日経平均株価を売買して利益を得たい!」と思った場合、どうするのがベストでしょうか?
この記事では、あまり知られていない海外FXでの日経平均の取引のやり方を伝えていこうと思います。

女性講師

さて、日経平均株価は指数なので直接投資することはできません。
多くの人は、日経平均株価に連動して値動きをする日経225先物や日経連動型ETFを思い浮かべるかもしれません。

トレーダー

そうですね。株式投資をやっていたら、「日経平均レバレッジ(1570)」などの銘柄が有名ですもんね。

女性講師

しかし、それらの国内商品よりも効率よく投資ができるのが、海外FXのXM社の日経225(XM表記はJP225)です。

XMでは日経225の売買トレンドを公開しています

XMの公式サイトのトップ下部では、XMユーザーの日経225(XM内表記はJP225)の売買トレンドを公開しています。

日経225トレンド

XMトレーダーダッシュボードは、15分おきの更新で、約1時間前のデータが見られます。

買いは緑、売りは赤で表示されていて、どちらの勢いが強いのか、その割合によってトレンドの趨勢を教えてくれます。

XMの非会員にも公開しているので、誰でも下のボタンから売買トレンドをチェックすることができます。

国内証券の場合、日経先物を取引したければ専用口座の申し込み手続きなどが必要ですが、XMの場合は通常口座を開けばすぐに取引ができます。

最初に準備する証拠金は、XMが設定している最低入金額の500円からでも取引可能です。

女性講師

それでは、XMの日経225の注意点、取引の開始方法までを、わかりやすくお伝えしていきますね。

この記事でわかること

  • XMで日経225を取引する場合の取引条件
  • XMを利用する時に最低限押さえておきたい基礎知識
  • XMの日経225の現物&先物の違い
  • MT4で実際にXMの日経225を取引するための準備手順

XMの日経225先物と国内証券の日経225先物の特徴を比較

トレーダー

あ、まず初歩的な質問いいですか・・・?
国内証券で扱う日経225先物とXMで扱う日経225先物は同じ投資商品なんですか?

女性講師

はい、同じ商品ですよ。
東京証券取引所が発売している日経225を、XMも国内証券も取次業者として販売しています。
ただ、レバレッジや最低取引ロットや手数料など、会社によって取引条件が変わってくるんです。

XMのレバレッジ200倍は、どのような効果があるか?

最初にお伝えすると、記事タイトルにもある通り、XMの日経225のレバレッジは最大200倍です。

しかし、ハイレバだから危険というわけではありません。
レバレッジが200倍だと少ない証拠金でも投資ができるというメリットがあります。

XM日経225の実際の取引画面はこんな感じ

実際のトレード画面

XM日経225取引スマホ画面

上の画像はXMのトレード画面です。

現金は2万5千円程度しか入れていない口座で、ポジションを2つ持っています。

(JP225-MAR19)(JP225Cash)は日経225の先物と現物のことです。

証拠金201円の内訳

証拠金とは、この取引に最低必要な担保金のことで、201円は、先物の証拠金(100円)と現物の証拠金(101円)の合計額です。
証拠金の計算方法は以下の通り。

日経225(JP225)の証拠金の計算方法

  • ※JP225-MAR19の証拠金
  • 20,084(オープン価格) × 1ロット(取引量)÷ 200(レバレッジ)= 100円

  • ※JP225Cashの証拠金
  • 20,113(オープン価格) × 1ロット(取引量) ÷ 200(レバレッジ) = 101円

損益額の計算方法は?

損益額は、それぞれのポジションの横に青字で大きく書かれています。

日経225(JP225)の損益額の計算方法

  • JP225-MAR19(buy1.00)の利益額
  • オープン価格が20,084円の時に1ロット買いポジションでエントリー。
    現在価格は20,298円なので差額の214円が利益です。

  • JP225 Cash(buy1.00)の利益額
  • オープン価格が20,113円の時に1ロット買いポジションでエントリー。
    現在価格は20,341円なので差額の228円が利益です。

つまり、この取引の場合、201円の証拠金で、合計442円の利益を得たということになります。

このように、レバレッジ200倍なら必要な担保金はわずか100円からトレードを始められるという効果があります。


XMの日経225と国内の日経225の根本的なちがいは?

レバレッジと証拠金を比較

トレーダー

日経225先物を取引するにあたって、国内証券とXMのちがいはレバレッジだけですか?

女性講師

いいえ、他にもありますね。
今回は国内証券で最もハイレバレッジの日経225先物と比較しますが、大きな違いは、最低取引ロット制限だと言われています。

国内証券の扱う日経225先物のレバレッジはどれくらい?
国内証券会社の扱う日経225(先物)のレバレッジは、実は毎日微妙に変更されています。
相場のボラティリティが上がるとレバレッジを下げる商品設計になっていて、およそ20~30倍の間を行き来しています。

最低取引ロット制限があると証拠金の負担が大きくなる

国内証券会社で扱う日経先物には取引ロット数に最低下限が設定されています。

女性講師

つまり、日経先物ラージでは最低1000ロット、ミニでも最低100ロットから取引する必要があります。
そのため、必然的に用意しないといけない必要証拠金額も大きくなっていきます。

▼最大レバレッジと最低必要証拠金の比較表▼

商品名最大レバレッジ最低必要ロット最低必要証拠金
※日経平均2万円の場合
日経先物ラージ20~30倍1000ロットおよそ70~90万円
日経先物ミニ20~30倍100ロットおよそ7~9万円
XM JP225(日経225)200倍1ロットおよそ100円
トレーダー

なるほど。
同じ商品でも取引条件がちがうだけで、まるで別の商品ですね。

女性講師

念のためもう一度言いますが、同じ商品ですよ。
日経先物ラージの場合、必要証拠金は70万~90万円、ミニでも7~9万円が初期資金として必要になります。
XMの場合は、最低取引ロットは1ロットなので、資金的にも心理的にも負担が少ないと言えますね。

日経225先物で大1枚って数えている人がいるけど、どういう意味?
大とはラージのことで、1枚とはラージの最低取引ロット数である1000ロットのことを指します。大1枚ならば、日経平均の1000倍の金額を取引することになります。ちなみに、小1枚は、ミニの最低取引ロット数である100ロットの意味で、日経平均の100倍の金額を取引することになります。

XMの日経225先物と国内証券の日経225先物のスプレッドと手数料を比較

手数料比較

女性講師

続いて取引手数料についてみてみましょう。
XMには取引手数料はないですが、スプレッドがあり、実質的な取引手数料のかわりになっています。
国内証券にはスプレッドがなく、取引手数料があります。
国内証券とXMの場合の取引コストを比較してみましょう。

スプレッドって何?
スプレッドとは売値と買値の価格差のことです。海外のFX会社は取引手数料が無料ですが、売買価格差(スプレッド)の中に取引手数料を含んでいることが一般的です。

XMの日経225先物の取引コストはいくらか?

XMの取引コストを見ていきましょう。

XM先物スプレッド

まず、XMで日経225先物(JP225)の気配値欄を見ると、価格のところに2つの数字が並んでいます。

トレーダー

日経平均は、ひとつの銘柄なのに2つの値段があるんですか?

女性講師

そうです。日経平均ならばひとつの数値しかありませんが、日経225は取引銘柄なので売り手と買い手がいて、左が売値で右が買値になります。

トレーダー

つまり、ショートする時は左の値段で売って、ロングする時は右の値段で買う、という意味ですか?

女性講師

はい、その通りです。
たとえばこの場合、買ってすぐに売ると、20,434円で買ったものを20,410円で売ることになるので、24円の損になります。株式相場の注文板をイメージするとわかりやすいかもしれません。
この売買価格差(スプレッド)が取引手数料のかわりになるのです。

POINT

XM内の日経225には先物と現物があります。それぞれスプレッドが異なり、先物は24円、現物は12円になります。一般的に現物の方がスプレッドは狭くなります。

国内証券の日経225先物の取引コストはいくらか?

さて、次に、国内証券会社ですが、日経225先物を取引する場合には手数料がかかります。
各証券会社によって、手数料の金額は違うのですが、比較的手数料の安い楽天証券の場合を例にとると、以下のようになります。

日経先物ラージ日経先物ミニ
278円(税込み約300円)38円(税込み約41円)
トレーダー

XMと国内証券会社の取引手数料(スプレッド)を、1ロットあたりの数値で比較してみると・・・

▼日経225先物の1ロット取引ごとの手数料(スプレッド)の比較表▼
日経先物ラージ日経先物ミニXM
0.278円0.38円24円
(楽天証券手数料 1枚あたり)
女性講師

このように国内証券の日経225先物は、XMに比べて、取引手数料が安いのが特徴です。
それでは、国内証券とXMと比較した内容を整理して、みてみましょう。

XMと国内証券の取引条件の比較

  • XMは証拠金の負担が少なく済むが、スプレッドがある。
  • 国内証券は、証拠金の負担が大きいが手数料は安く済む。
女性講師

この選択肢を公平な目で見た場合、どれくらいの資金でトレードするかが、選択の分かれ道になります。

トレーダー

最初から大きなロットで勝負したい場合は、国内証券も選択肢としてはアリで・・・。
逆に小さなロットでコツコツ効率よく取引をしていく場合は、XMが向いているということか・・・。

女性講師

そうですね。
XMの取引コストはロット数に比例するので、小ロットで運用していく分には、それほど気になりません。
そういったことから、国内証券は大資金を使った長期投資XMは効率の良い短期投資に向いているといえるのではないでしょうか。

XMで日経225を取引するには?

XMで日経225を取引するには、XMで口座開設する必要があります。

口座開設の手順は国内証券と同様ですが、すべてウェブ上で完結するため、身分証を郵送するなどの手間はありません。
また、XMとのやり取りはすべてオンライン上で行うため、知らないうちに郵便物が届いたりすることはありませんので、その点もご安心ください。

XMを利用している多くの日本人トレーダーは、FXではなく日経225を取引していると聞きます。

他の海外FX業者に比べて、入出金もスムーズですし、XMならオススメできます。

また、口座開設についてわからないことがあったら、以下の記事を参考にしてください。


XMで日経225する時に押さえておきたい7つの注意事項

XMの日経225で注意すること

女性講師

XMの日経225の大まかな特徴をつかんでいただいたところで、ここからは実際にXMで取引する時に迷わないように、注意するべきことをお伝えしたいと思います。


日経225の先物と現物の取引時間は?

XMの日経225の先物と現物では、取引時間は共通です。
夜間セッションもあるので、24時間と誤解しがちですが注意してください。

取引できる時間は、日本時間の朝08:05-朝06:15(22時間)と06:30-06:55(25分間のプレ・クロージングタイム)です。

プレ・クロージングタイムとは?

この時間帯は、新規の注文を入れることはできず、注文の予約のみ入れることが可能です。
決済したい場合は、プレ・クロージングタイム以前に行いましょう。

サマータイム時(3月~11月)は、この時間に-1時間することになります。

取引時間(12月~4月)早朝8時5分~翌6時15分
翌6時30分~翌6時55分
取引時間(3~11月)
※サマータイム
早朝7時5分~翌5時15分
翌5時30分~翌5時55分
女性講師

通常は、このスケジュールに沿って取引ができますが、クリスマスや新年などは特別スケジュールになります。
XMが休業する場合は、ロスカット注文も効かなくなりますので、事前にポジションを持っているなら、解消しておいた方が無難です。

※年末年始やクリスマスなどの大型連休の際は、XMのお知らせページで告知がありますのでそちらをチェックしてください。

XMの取引時間について、もっと知りたい場合は、以下の記事を参考にご覧ください。


最低ロット&最大取引ロット数は?

XMの日経225の最低ロット数は1ロットで、最大ロット数は12500ロット(MT5の場合は10000ロット)です。

ロット数必要証拠金
日経平均2万円の場合
最低ロット1ロット100円
最大ロット12,500ロット125万円

XMでは小さいロットでも取引できますが、大きなロットでも取引できるのが特徴です。
また、レバレッジを自分でも調整できるので、かなり自由度の高い取引ができます。


日経225の損益の計算方法は?

日経225の価格が20,000円の場合、1ロットは20,000円(証拠金100円)になることは冒頭でお話したと思います。

たとえば、1ロット買いポジションを保有していた場合、日経225の価格が1円価格が上がって20,001円になれば、差額の1円が利益になります。

そして、取引ロット数が増えれば損益額も増えるので、100ロット買いポジションを保有していた場合は、日経225が1円上がれば100円の利益になり、100円上がれば1万円の利益になります。

▼値動き幅と利益の関係▼
1ロット買い
証拠金約100円
100ロット買い
証拠金約1万円
1000ロット買い
証拠金約10万円
日経平均
1円↑の値上がり
1円の利益100円の利益1000円の利益
日経平均
100円↑の値上がり
100円の利益1万円の利益10万円の利益
トレーダー

なるほど、シンプルですね。
じゃあ、たとえば証拠金10万円で1000ロット買いでエントリーした場合、日経平均1000円の値上がりで100万円の利益になるんですか?

女性講師

その通りです。
ですが、自分にあったロット数がどれくらいか、デモ口座などで試してからトレードした方がいいですね。
いきなり大きなロットでエントリーするよりもコツコツ慣れていった方が良いと思いますよ。


現物取引ではスワップがとられる

下の画像をご覧ください。

買いでも売りでも、日経225現物のポジション保有にはスワップとられます。

公式サイト上では以下のように、一覧表になってスワップの数値が公表されています。

Jp225cash スワップ

公式サイト】にログイン後、【取引商品】→【株式指数】で一覧を見ることができます。

POINT

※スワップは、その株価指数を表している通貨で請求されます。
日経225(Jp225)なら、ダウ平均(US30)のスワップなら米ドルでの請求になります。(口座の基本通貨が円の場合は、米ドルは当日の為替レートで換算された円で請求されます)

スワップの計算方法

上の画像の日経225(JP225Cash)のように、買いスワップが-1.58と表示されていれば、-1.58×1(ロット)=-1.58円となり、1ロット保有なら1日2円ずつ、100ロット保有なら1日158円引かれます。

※小数点以下は四捨五入になります。

XM日経225現物スワップ

POINT

水曜日のスワップポイントは、週末土日分のスワップポイントがかかるので、通常の3倍のスワップポイントが請求されます。(正確には、水曜日と木曜日をまたぐ時に請求されます)

スワップが引かれる時間帯

女性講師

スワップが引かれる時間帯は、XMのMT4の表示時間が0時をまたぐ瞬間です。
XMのMT4はキプロス時間で設定されていて、ニューヨーク市場が閉まる時間がちょうど0時になります。つまり、日本時間の午前7時(サマータイムは午前6時)ごろになりますね。

トレーダー

なるほど、日経225の現物(JP225Cash)を保有するなら、スワップには気をつけた方がよいですね。


現物には配当金がある

XMの現物ポジションを保有していると、配当金がつきます。

買いポジションの場合は配当金が給付され、売りポジションの場合は配当調整金を支払う必要があります。

日経225現物の配当金の計算方法

配当金の計算方法は、以下の通りです。

指数配当金 x 取引量 = 配当金調整額

もし、日経225を買いポジションで保有していた場合、配当金はMT4口座に振り込まれるようになっています。

そして、売りポジションを保有していた場合は、同様に計算された配当金調整額がMT4口座から差し引かれることになります。

配当金の配布&徴収スケジュールは?

XMの株価指数CFD(現物)では配当金スケジュールはXM公式サイトの取引商品【株式指数】の指数配当金の欄に掲載されています。

下のバナーをクリックすると、表の見方の解説が見られますので参考にしてください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
配当金スケジュール表の見方と配当金の計算方法

まず、XMのサイトにジャンプしたら、株式指数のタブを選択してください。

株式指数を選択

画面を下にスクロールしていくと、「指数配当金」という項目にスケジュール表が記載されています。
毎週月曜日更新で、直近1週間の配当金のスケジュールが掲載されています。

下の画像を見ると、ダウ平均(US30)の配当金は、11月20日(水)と11月21日(木)に配布・徴収されることがわかります。

配当金配布

配当金額の計算方法

例)ダウ平均(US30)

水曜日と木曜日の配当金額の合計額が、13.225。

株価指数では、当該国通貨単位で計算するので、1ロット保有していたら13.225ドル配布・徴収されるという意味になります。

もし、この週の水曜日と木曜日にダウ平均指数の買いポジションを1ロット保有していたら、約1400円(日本円換算)が口座に入金され、反対に売りポジションを1ロット保有していたら、約1400円(日本円換算)を口座から引かれることになります。

POINT

1週間よりも先の配当金スケジュールについて、XMサポートに問い合わせたところ、リクイディティプロバイダーから提示されるのが1週間前なので、そこから先のスケジュールについてはXMでは把握できないということでした。

POINT

株価指数の配当金も現地通貨で記載されています。つまり、日経225(JP225)の通貨単位はJPYで、ダウ平均(US30)の通貨単位はUSDです。


日経225先物には決済期限があり 決済日に注意

日経225先物とは、3か月ごとに売り出される商品で、必ず3か月で決済されます。

XM JP225先物

先物のポジションは画像のように表示されます。

JP225MAR19のMARとは3月のことで、後ろの19は西暦2019年のことを指します。

つまり、この先物銘柄は2019年の3月に決済されるという意味になります。

決済日は必ず3の倍数月に設定されていて、3月、6月、9月、12月の第2週です。
(清算されるSQ日は第2金曜日に設定されていますが、決済日はその前日もしくは前々日です)

POINT

SQ日と取引最終日は同じではありません。取引最終日は各CFD業者の判断に任されていて、業者によっては、通常、SQ日の前日もしくは前々日に取引最終日を設定されますが、詳しくは公式サイトの【取引商品】内の株価指数先物カレンダーで確認を。

下のバナーをクリックすると、表の見方の解説が見られますので参考にしてください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
XM先物スケジュール表の見方

まず、XMのサイトにジャンプしたら、見たいCFD銘柄のジャンルを選択してください。

そして、カレンダーのタブをクリックしましょう。

先物スケジュール

画面が切り替わると、先物銘柄のスケジュール表が出てきます。一番右端に出ている日付が現在上場している先物のスケジュールです。

先物スケジュールカレンダー

日付の読み方

日本の表示方法とは反対になるので、日付/月/西暦年の順番で読みます。

たとえば、上の画像のコーンのオープン日の2019年8月22日は、22/08/19という書き方になってます。

語句説明

  • オープン
  • 先物商品の発売日です。多くの商品は3か月ごとに発売日があり、3か月前の先物のクローズ日と同日に発売になることが多くあります。

  • クローズのみ
  • この日は、新規注文の受付を停止して、決済注文だけ可能です。事実上の取引最終日です。この日までに決済しなければ満期日に自動決済されます。

  • 満期
  • 商品の受け渡し日です。この日に自動決済されます。決済時間は取引商品ごとにちがいますが、コーンの場合は11/22の13時(日本時間)に強制決済されたそうです。

ちなみに、先物商品は、発売日に満期日が決まっていないことがよくあります。
下の画像をご覧ください。

先物スケジュール

最新の上場商品のスケジュールが未決定の場合は空白になっています。
およそ決済月の一か月前になればスケジュールも決まるので、先物のポジションを持つ際は、必ずチェックするようにしましょう。

また、決済の表示月よりも2週間ほど前倒ししてスケジュールが決まることもありますので、決済月間際での取引には、十分に注意してください

決済日を迎えると自動決済される

もしも、決済日までこのJP225先物を放っておいたとしたら、どうなるのでしょうか。

ポジションは、取引最終日の翌日(日本時間早朝)に自動的に決済され、当該月のMT4のチャートは見れなくなります。
そして、売りで持っていたポジションも買いで持っていたポジションも反対売買する必要なく、ポジションは解消されています。

女性講師

ちなみに、メジャーSQ日近辺は、日経平均株価の上下が激しいと言われています。
これは通常、価格差のある日経225先物と現物が同じ値段になる日なので、大量資金による仕掛けなどが発生しやすく、出来高が急上昇するためです。
よく投資系のニュースでは「今週はSQ週です」と投資家に注意を呼び掛けています。

保有し続けたい場合はロールオーバーを行う必要あり

3か月ごとに決済されてしまう先物ですが、戦略的に持ち続けていたい時もあります。

保有を継続する手法を一般的に「ロールオーバー」といいます。

「ロールオーバー」は簡単に言えば、現在保有しているポジションを取引最終日(通常はSQ日の前日ですが、各CFD業者によって日程はまちまちですので要確認)までに決済して、同時に次の限月商品にポジションを建てることを指します。

エグジットとエントリーの両方をできるだけ有利になるようなタイミングを探して売買することが一般的です。

大量のポジションを保有している場合には更に慎重に小分けして時間をかけて出来るだけ有利なポジションをとろうとしたりします。

通常、SQの1週間くらい前からロールオーバーが行われるので、このためSQ週は値動きが激しくなりやすいとも言われています。

XMのMT4上の名前と単位に注意

MT4上では、日経225もJP225 と言うように、商品名はアルファベットで表記されます。

初めてみる人は、どれが何かわからないと思いますので、以下に代表的な株価指数のMT4上の略称を書いておきます。

▼MT4上の表記名と銘柄名の組み合わせ▼
MT4上の表記名銘柄名
JP225cash日経225現物
JP225Future日経225先物
US30ダウ工業株30種平均(ダウ平均)
US100ナスダック総合指数(NASDAQ)
US500スタンダード&プアーズ 500株価指数 (S&P500)
CHI50上海株価指数(上海50A株指数)
UK100イギリスFTSE100種総合株価指数(FTSE100)
FRA40フランスユーロネクスト・パリ株価指数(CAC40)
GER30ドイツ株価指数(DAX30)

XMの日経225(JP225)先物と現物の違い

女性講師

XMの日経225取引について説明してきましたが、ここで一旦、先物と現物の違いについて整理したいと思います。

トレーダー

たしかに、具体的に整理しておきたいポイントですね。

女性講師

XMで日経225を取引する場合は、現物か先物を選べます。
現物というのは現在地点での価格、先物というのは3か月後の価格を予測したものという違いがあります。
取引するにあたっては、現物と先物の具体的な違いは以下の5つになりますので、それぞれ見ていきましょう。

▼XMの日経225の先物と現物の違い▼
項目現物先物
表記JP225CASHJP225-○○○00
価格配当分高い配当分安い
配当金ありなし
スワップありなし
限月なしあり

表記

まず、XM内の表記ですが、下の画像のように異なります。

先物には、Jp225-○○○-○○と月と西暦年下2桁が書かれています。
現物には、Cashと書かれているので、見間違わないようにしましょう。

XM225スプレッド

※先物は上のMAR19と書かれている方です。2019年の3月第2週まで取引できます。

価格

次に価格ですが、現物と先物では価格が異なります。

先程の画像を例にとると、先物(JP225 Mar-19)の方が20,410-20,434円と安く、現物(JP225Cash)の方が20,445-20,457円と高くなっています。
これは現物には配当金があり、先物は証拠金取引のため配当金がないことが理由として挙げられます。
先物価格は、現物価格から配当金分を差し引いた金額で取引されるので、現物よりも安くなることが特徴です。
しかし、3か月に1度のSQ日には、現物と先物の値段は同じになるので、SQ近辺には値動きは荒くなります。

配当金

日経225現物には配当金があり、先物にはありません。

日経225の現物をロングで持った場合は、配当金が給付されます。
これは配当金がもらえる権利が確定する日付が決まっており、その日にロングのポジションを持っていると配当金が給付されます
ちなみに、ショートなら配当調整金を支払うことになります

スワップ

日経225現物にはスワップがあり、先物にはありません。

スワップは、常にマイナススワップで、ロングでもショートでも毎日とられることになります。
下の画像は、現物1ロットを1日保有してた時の画像です。

XM日経225現物スワップ

スワップは現物のポジションを持ち続けるかぎり、発生し続けます。

限月

日経225先物には限月があり、現物にはありません。

限月(ぎりと読みます)とは、期限付きの商品という意味で、JP225Mar-19とは、2019年の3月に期限を迎えるという意味です。
先物の場合は、配当金もスワップもないかわりに限月があり、3か月ごとに自動決済されるのが特徴です。

ちなみに清算される週は、メジャーSQ(スクエア)週と言われ、3の倍数月(3月、6月、9月、12月)の第2週になります。

POINT

取引最終日は、取引仲介会社によってまちまちで、スクエア週の水曜日もしくは木曜日になります。XMの場合は公式ページ【取引商品の株価指数先物カレンダー内】で発表になりますので、ポジションを持つ場合は、必ず確認をしてください。

トレーダー

なるほど、現物と先物には、こんな違いがあるんですね。

女性講師

もし、日経225をスイングトレード(2日以上保有)したいなら、スワップがとられない先物がおすすめですね。
反対にデイトレードや短期取引をしたいなら現物がおすすめになります。
先物に比べてスプレッドが狭いですしね。

日経225取引メモ:

  • スイングトレード・・・先物がおすすめ
  • デイトレード、短期トレード・・・現物がおすすめ

XMの日経225は利用者にとって、どんな特典があるか?

XMのメリット

これまで、XMでの日経225取引について説明してきましたが、そもそも、XMというのは、どのような会社なのでしょうか?

女性講師

XMは、ヨーロッパのキプロスに本社を置くグローバル金融企業です。(日本人顧客はセーシェルライセンス規制下です)
日本人向けの営業にも力を入れていて、近年は海外FX業者の中でも日本人の口座開設数が最も多い会社だと言われています。

多くの日本人は、XMのどのような点にメリットを見出して利用しているのでしょうか?
大きな支持を得ているポイントは“追証がない”点と言われています

女性講師

追証がない点がどんなメリットに繋がるのか、みていきましょう


XMには追証がない

日本人向けで評判が良い部分は、追証がないことが取りあげられます。

国内証券で扱う日経225とちがって、追証がないため含み損が証拠金を割り込んだとしても、ポジションは維持されたままです。

これは実はかなりトレーダーにとって、有利なポイントなんです。

国内証券の日経先物と追証の発生する状況を比較していきましょう。

女性講師

たとえば、日経が2万円の時に、ロングで100ロットでエントリーしたとして、50円値下がりしたとします。(※口座内には証拠金のみがあり、余剰資金がないものとします)

追証発生シミュレーション

追証は、通常どのように発生するのか?

XM日経225 50円値下がり

XMの場合

日経平均株価
2万円→19,950円  

含み損 5000円

証拠金 10,000円(証拠金10000円-含み損5000円で実質的な証拠金は5000円に目減り、この時点で決済したら、口座残高は5000円になります)

証拠金維持率 50%

XMの場合、証拠金維持率が20%以上であれば、追証は請求されず強制ロスカットもされないのでポジションは維持されます。

トレーダー

含み損が証拠金を割り込んでも、追証は請求されないんですね。
この場合、証拠金維持率から考えると80円の値下がりまでは、耐えられるということ?

女性講師

そうですね。そこまでは強制ロスカットされません。
さて、続いては国内証券の日経先物です。100ロットで取引できる日経先物ミニを例にとります。

国内証券の場合(日経ミニを取引)

含み損 5000円

口座残高(証拠金) 90,000円(証拠金90,000円-5,000円で実質的な証拠金は85,000円に目減りします。)

証拠金維持率 94%

国内証券の場合、含み損が証拠金を割り込むと、即座に追加証拠金が請求されます。

証券口座に追証を入れなければ、翌日強制ロスカットされます。
(この場合の追証金額は、日経平均19950円の証拠金となるので、追証金額は約3600円になります)

トレーダー

あれ、まだ含み損が証拠金の6%しか割り込んでいないのに、追証が発生するの?

女性講師

これが、XMと国内証券の日経225でルールが大きく異なるポイントです。

原則を言うと、国内証券の日経225先物は「証拠金維持率は常に100%以上でなければいけない」というルールの元で、徹底されています。

証拠金を割り込む含み損は認められず、日経が下がり続ければ、ポジションを維持するためにどんどん追加入金が必要になります。

「50円程度なら、すぐ戻るかもしれない・・・」

こういう淡い期待で追証を入れてしまうと、拘束される資金はどんどん増えていくことになります。

XMの場合は、含み損が出たとしても、証拠金維持率が20%を切らなければ強制ロスカットされないので、今後の相場の行く末を見て、損切するのか耐えるのか判断できる余裕がある点も個人投資家に人気があるポイントです。

女性講師

口座内資金に余剰資金があれば、含み損を抱えた場合、余剰資金から証拠金に補てんがされるので追証は発生しませんが、突発的な暴落などの際には、資金的な損失をより拡大させてしまうことにもります。
次に紹介するのは、暴落時の対処についてです

暴落追証発生

暴落時にはXMのゼロカット機能が強い味方

女性講師

もしも、週末にネガティブなニュースがあり、日経平均が窓を開けて、暴落してしまった場合のことを考えてみましょう。


強制ロスカットがされずにどんどんと含み損が膨らんでしまうとしたら・・・

このような場合、XMなら、証拠金維持率が20%以下になれば、自動的にロスカットされます。
もしも、証拠金維持率がマイナスになるような、瞬間的な大暴落が来た場合でも同様です。

その際、口座残高も一時的なマイナスになりますが、そのマイナスを補てんする必要がありません。

これが、「ゼロカット制度」です。

強制ロスカットされなければ、追証はどうなるのか?

それでは、こちらも具体的な数字で見てみましょう。
過去、日経平均は、東日本大震災では日経平均は1015円下落し、2016年の英国国民投票では1686円の下落を記録しています。

なので、もし、日経平均が1000円下落するとしたら、どのような損失になるかを例にとります。

先ほどと同様に、それぞれ日経225先物を100ロット(日経先物ミニ1枚)をロングでエントリーしたと仮定します。
(※口座内には証拠金のみがあり、余剰資金がないものとします)

XM日経225下落1000円

XMの場合

 

日経平均株価
2万円→19,000円

確定損失額 -90000円(本来、損失は-10万円だが証拠金1万円と相殺される)
        →0円(ゼロカット制度により0にリセットされる)
口座残高(証拠金) 10000円→0円

証拠金維持率 0%

通常、平日であれば80円値下がった時点で強制ロスカットされますので2000円は手元に残ります。

しかし、休日明けに日経平均1000円下落でスタートした場合は、その時点でロスカットされます。

損失は証拠金と相殺してもマイナス9万円になりますが、ゼロカット制度により追加請求されません

トレーダー

トータルの損失は結局1万円ということですか・・・?

女性講師

そうですね。もともと証拠金としていれてあった1万円のみが確定損失になります。
暴落による損失の9万円はゼロカット制度により請求されません。
それでは、国内証券の場合もみてみましょう。

国内証券の場合(日経ミニを取引)

確定損失額 -10,000円(本来、損失は-10万円だが、証拠金9万円と相殺される)

口座残高(証拠金) 90,000円→0円

証拠金維持率 0%

・・・追加証拠金 86,000円 請求

この場合、証拠金の90000円は相殺され、さらに追加証拠金 86,000円(日経平均株価19000円の証拠金)を入れなければ、翌日強制ロスカットすると通告されます。

(この時点では、まだ強制ロスカットされていません)

そして、強制ロスカットを選択したとしても、確定損失分としてマイナス1万円を追加で支払う義務があります。

トレーダー

・・・トータルの損失は、証拠金の9万円分と損失1万円分で、結局10万円ということですか?
それから、追証の86,000円は支払う必要があるのですか?

女性講師

はい、確定してる損は10万円です。1万円足りないので追加で証券会社に支払う義務があります。
そして日経225のポジションを維持するならば、追加でさらに86,000円の追加証拠金も支払う必要があります。

トレーダー

え? つ、つまり・・・?
どういうこと?

女性講師

ポジションのロスカット(損切)をした場合の総損失額は10万円

もし、ポジションの維持をするならば、総支出額は176,000円まで膨れ上がるという意味ですね。

トレーダー

・・・暴落時に追証があるというのは、なかなか厳しいですね。

POINT

追証の有無は、資金管理にも大きな影響を与えます。
ポジション維持のために追加証拠金を支払うと、総投資額は、最初に想定していたよりも増えてしまいます。
また、ゼロカット機能は、想定外の暴落の時でも、口座残高以上の損が発生しない仕組みなので、トレーダーにとって安心な機能だと思います。


MT4で実際にXMの日経225を取引する準備手順

女性講師

さて、XMで日経225を実際に取引するには、どのような準備が必要なのかみていきましょう。

XMで日経225を取引する下準備

  1. XMの口座開設
  2. MT4のダウンロード
  3. MT4の設定

XMの口座開設方法

女性講師

それでは、まずは口座開設の方法について、お伝えしますね。
XMの公式サイトのトップにいくと、口座開設ボタンがあるので、そちらから開設することができます。
口座開設作業は、すべてWEB上で完結します。

まずは、こちらのボタンから公式サイトに進んでください。

個人情報を記入したのちに、XMでは口座タイプの選択・口座基軸通貨の選択・レバレッジの選択をする必要があります。

  1. 口座タイプの選択 日経225は、スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座全ての口座で取引可能です。
  2. 基軸通貨の選択 基軸通貨は、日経225を取引するならJPY(日本円)を選ぶのが良いでしょう。
  3. レバレッジの選択 レバレッジについては、日経225をはじめとする株価指数のレバレッジはあらかじめ決められています。200倍以上を選択すれば、すべての株価指数は最大レバレッジで取引可能ですので、200倍以上を選択しましょう。

POINT

必要事項を記入し口座開設申請を出し、メール認証がされると、すぐにXMから口座開設完了のメールが届きます。
その後、WEB上で<現住所確認書類><写真付き身分証>の画像をXMにアップロードすれば口座の有効化がされ、取引可能になります。


XMのMT4のダウンロード

女性講師

次に、XMのMT4のダウンロードをしましょう。
スマホ用のMT4は各社共通ですが、PC用のMT4は会社によってカスタマイズされています。
XMの公式サイトのMT4のダウンロードページに行き、ダウンロードしましょう。

XMMT4ダウンロード

スマホの場合は、それぞれiPhoneならAppstore、androidならGoogleplayストアにMT4/MT5アプリがあるので、それをダウンロードしましょう。

POINT

MT4は通貨ペアやCFD商品を扱う取引プラットホームです。2020年現在、MT4のサーバーの安定性の方が一般的に優れていると言われており、日経225を取引する上では、MT4をダウンロードすることをおすすめします。

ログインIDとサーバー名

MT4をダウンロードして、パソコンにインストールした後で、MT4を立ち上げると、ログインIDとサーバー名を求められます。
ログインIDとサーバー名は、XMから届いた口座開設完了メールに記載されているので、そちらを確認してログインしましょう。

スマホ版も同様にダウンロード後、新規口座開設を選び、既存アカウントにログインという選択肢があるので、そちらからログインしてください。


MT4上で日経225の表示の設定をする

女性講師

それでは、ダウンロードしたMT4を立ち上げ、日経225を表示してみましょう。
まずは、MT4のメニューバーの中にある気配値をクリックして気配値を出現させましょう。

MT4気配値

女性講師

すると、MT4の左横に各通貨ペアと取引商品の一覧リストが表示されます。
最初に表示されたリストの中には、日経225(JP225)は表示されていないので、以下のように操作しましょう。

XMMT4設定

日経225のチャートを表示する手順

  1. 気配値欄のどこでもいいので、カーソルを合わせ右クリックをしてください。すると、画像の選択メニューが出てくるので、「すべて表示」を選んでください。
  2. 「すべて表示」を選択したら、JP225cashとJP225○○○00(先物)が表示されます。任意のJP225を選択して、再び右クリックをすると選択メニューがあらわれるので、「チャート表示」を選んでください。
女性講師

すると、このように日経225チャートがあらわれます。

XM日経225チャート

女性講師

日経225のチャートは、デフォルトでは4時間足でバーチャート表示になっています。
上部のメニューバーをいじって、時間足やチャート表示の方法を自分好みに変えてみましょう。

このチャート画面からすぐに取引が可能です。注文方法は、ほぼ通貨ペアと同じですのでMT4のより詳しい解説記事を参考にリンクを貼っておきますね。

その他、XMでは金や原油なども扱っています。
そちらの取引方法についてまとめた記事もぜひご覧ください。


XMで日経225のまとめ

女性講師

さて、いかがでしたでしょうか?
XMで日経225を取引するメリットや注意点などを中心にお伝え出来たと思います。

トレーダー

はい、XMで日経225を取引するメリットと注意点がよくわかったように思います。

女性講師

今後もR部では、海外FXやXMに関する情報を発信していく予定です。
より役立つ内容をお伝えできれば、と思っていますので、今回の記事が気に入った方はブックマークをよろしくお願いします。

▼XMの日経225の特徴は?▼
XMの日経225のレバレッジは何倍?
最大レバレッジ200倍です。他の海外FX会社と比較してもトップレベルです。
XMの日経225の最低取引ロット数は?
XMの最低取引ロット数は1ロットです。このため、日経225が2万円なら100円からトレードができます。
XMの日経225の取引手数料は?
XMの日経225には取引手数料はなく、スプレッドが取引コストになります。日経225先物なら24円/lot、日経225現物なら12円/lotです。
XMを使って取引するメリットは?
追証がないこと、ボーナスとキャッシュバックを使ってトレードができること、MT4で他商品と同じように取引できること、です。
XMを使って日経225を取引する注意点は?
現物なら配当金、スワップ、先物なら限月に注意する必要があります。一般的に、デイトレなら現物、スイングトレードなら先物を選択するべきと言われています。