XMをマイクロ口座で簡単スタート!|デメリットなしで損失リスク最小口座

XMのマイクロ口座は、他の口座タイプに隠れて見逃されがちですが、初心者やはじめて海外FXを体験する人にとっては、大変有用な口座といえます。

このページでは、XMマイクロ口座を使うメリットやマイクロ口座の活用法を紹介します。

※マイクロ口座は口座作成時に選択します。

マイクロ口座

ミニ口座タイプを選択できる海外FX口座では珍しく、XMでマイクロ口座を開くメリットは多くあります。

本来なら敷居の高い会員サービスを利用できたり、取引条件でも、ほぼスタンダード口座と同じなので、XMの取引環境に慣れるためには最適な口座タイプと言えるでしょう。

女性講師

レバレッジ888倍の取引環境がどんなものか、低リスクで体験しておくのは、トレーダー自身のためでもありますね。

※筆者はXMで取引を始めた当初、レバ888倍の威力をよく理解せずに取引していたため、知らずにかなり危険な取引をして、痛い目を見ました(泣)。
  • マイクロ口座の作り方を知りたい方は→第1章
  • マイクロ口座のメリットを確認したい方は→第2章

リンクから飛んでください。

このページの目次

XMマイクロ口座の作り方

XMの口座登録は公式サイトのトップページから行います。

もし、アクセスした時に英語ページが表示されている場合は、右上のタブで言語を日本語を選択しましょう。

XM公式トップ

XMの口座登録フォーム(日本語対応 スマホ可)へはこちらから直接進めます。
※別ウィンドウが開きます。

XM口座登録フォーム 記入例

女性講師

XMでの口座登録は英語で行いますので、記入例や注意事項をよく確認して、入力してくださいね。

▼クリックで展開します▼
▼タップで開きます▼
リアル口座登録フォームの記入例

最初に名前や電話番号など、個人情報を入力していきます。(例はパソコン版を使用していますが、スマホでも同様の項目に入力します)

XM入力フォーム1-1

次に、取引環境を入力します。
取引プラットフォームを選ぶのに迷ったら、コチラを参考にしてください。
口座タイプでは、「マイクロ口座」を選択しましょう。

口座タイプ

次ページ(リアル口座登録2/2)に移ったら、個人情報の続きを入力します。
住所なども英語で入力するので、慣れてない方は住所の英訳サイトを利用すると良いでしょう。
(住所の無料英訳サービス Judress)

XM入力フォーム2-1

再び、取引環境(基本通貨とレバレッジ)を選択します。
基本通貨は、入金する予定の通貨を入力すれば大丈夫です。
レバレッジについて迷ったら、コチラを参考にしてください。
また、ボーナスの受け取り希望欄では、「はい」を選択してください。

XM入力フォーム3-1

最後にパスワードの入力をします。
英数字を組み合わせた文字列で、英大文字を含む必要があります。
利用規約への同意は忘れずにチェックしてください。

XM入力フォーム4-1

すべて入力して、「リアル口座開設」ボタンを押せば、口座登録完了です。

入力途中でエラーが出てないのに、また最初に戻ったんだけど…
口座登録ページでは、トラブルを防ぐために、1ステップ15分以上滞在したら、リロードが必要な仕様になっています。なるべく1ステップ15分以内に入力しましょう。
投資家情報ページでは正確な数字を入力する必要がある?
収入証明や残高証明を求められるわけではないので、おおよその数字で大丈夫です。

マイクロ口座向きの取引プラットホームは?

マイクロ口座だから、MT4/MT5どちらの取引プラットフォームを選んだ方がよい、というのは正直なところありません。

MT4でもMT5でも、遜色なく取引できると思います。

特色として、MT4はトレーダーの愛好家も多くウェブ上に解説サイトも多くありますので、初心者にとっては心強いでしょう。

MT5は、MT4の後継機でより細かな設定が可能なので、よりプロ志向な取引プラットフォームといえると思います。

マイクロ口座ならレバレッジはどうする?

レバレッジを迷った場合は888倍を選択してください。

マイクロ口座のメインの使い方は、やはり取引の感覚をつかむためなので、XMのフルスペックを低リスクで体験できる888倍がオススメです。

XMに身分証と住所確認証を提出すれば、口座有効化完了

XMでは口座を登録しただけでは、まだ取引ができません。

XMに口座登録をした後に、身分証住所確認証を提出すれば、XMのマイクロ口座が有効に使えるようになります。

▼口座有効化について、よくわからない場合は以下の記事を参考にしてください。

XMのマイクロ口座を持つ10のメリット

男性講師

さて、ここからはXMのマイクロ口座を持つメリットについて、解説していきたいと思います。

①レバレッジ888倍で為替取引できる

マイクロ口座でもレバレッジ888倍で取引ができるというのは、当たり前に感じることかもしれませんが、取引をシミュレーションを最も本番に近い環境でできるのは大きなメリットです。

マイクロ口座は、スタンダード口座の100分の1のミニ口座です。

100分の1であることを念頭に置いて、シミュレーションすればロスカットに到るまでの、ポジションの許容pipは同じなので、損失額を押さえて完璧にシミュレーションすることが可能なのです。

▼スタンダード口座の場合▼

口座資金50万円

1回ごとの取引量1ロット(10万通貨)ならば

(USDJPY)1pipあたりの価値 1000円
(USDJPY)1ロット取引の損失可能pip 500pip←マイクロ口座と同じ

(USDJPY)強制ロスカット時の残高 およそ2000円~2300円
(USDJPY)強制ロスカット時の損失額
-49万8千円

▼マイクロ口座の場合▼

口座資金5千円(←スタンダードの100分の1)

1回ごとの取引量1ロット(1000通貨)

(USDJPY)1pipあたりの価値 10円
(USDJPY)1ロット取引の損失可能pip 500pip←スタンダードと同じ

(USDJPY)強制ロスカット時の残高 およそ20円~23円
(USDJPY)強制ロスカット時の損失額
-4,980円←損失はスタンダードの100分の1

女性講師

上記の2つの口座は金額部分を除けば、まったく同じトレード環境といえます。

男性講師

レバレッジ888倍の場合、資金の増減のスピードが、かなり早いです。
それを体験して、対処策を考える上ではマイクロ口座は最適でしょう。

▼マイクロ口座のロット単位(スタンダードの100分の1)
注文数量マイクロ口座
0.01ロット10通貨
0.1ロット100通貨
1ロット1000通貨
10ロット1万通貨

②スタンダード口座と同じボーナスがもらえる

XMではマイクロ口座も、ボーナス付与の対象口座になります。
口座開設ボーナスも、入金ボーナスもスタンダード口座と同じ金額を受け取ることができます。

マイクロ口座でもスタンダード口座と同じ金額のボーナスをもらえます。

口座開設ボーナス

女性講師

ミニ口座でも、スタンダード口座と同じ量のボーナスをもらえるのはお得ですね。

③小ロットでほったらかし投資も可能

下の画像は、筆者が最小ロットで2年近く持ち続けているマイクロ口座のポジション画面です。

マイクロ口座ポジション

2年近く保有して200pip以上動いているのに、損益は22円です。
しかも、XMでは小数点以下は毎回切り捨てになるため、スワップポイントも発生していません。

男性講師

これは休眠口座になることを防ぐために最小ロット(10通貨)でポジションを取ったのですが、他にもほったらかしでポジションを持つ利点はあります。

たとえば、同じように口座に1000円だけ入れて、ドル円で100通貨(0.1ロット)のポジションを取ってみる場合で考えてみましょう

マイナスが出たとしてもドル円で10円以上の値動きがなければロスカットされませんし、うまくいけば今の銀行預金の利息以上のパフォーマンスは十分発揮できます

▼マイクロ口座での各ロットごとの損益表(USDJPY)
注文数量ドル円1円の値動きドル円10円の値動き
0.01ロット
10通貨
10円の損益100円の損益
0.1ロット
100通貨
100円の損益1000円の損益
1ロット
1000通貨
1000円の損益1万円の損益
10ロット
1万通貨
1万円の損益10万円の損益

※1日のスワップが小数点以上発生するなら、スワップは引かれます。

④短期取引の練習も可能

XMではそもそも、スキャルピング等の超短期取引は、スプレッドが広いため不向きとされています。

しかし、自己裁量で行うデイトレードの場合は、対策を重ねれば十分に勝つことは可能です。

XMでデイトレードで勝つには、為替が動きやすい時間や、指標発表のタイミングなどをしっかり把握し、トレンドを間違えないことが重要です。

トレードの基本的なスタイルを身に着けるために、マイクロ口座で練習するのは最適だと思います。

⑤基本的なMT4/MT5の使い方をマスターできる

自社のプラットフォームを使うようにと制限されている国内FX会社とは違い、海外FX会社では共通してMT4/MT5を採用しています。

取引プラットフォームの機能としては、断然MT4/MT5の方が高スペックですが、多機能すぎるがゆえに、少しとっつきづらいというのが本音です。

▼小さなウィンドウやボタンが多いMT4の画面構成▼

MT4ウィンドウ解説

トレードでは、取引プラットフォームは手足のように使いこなすことがマストなので、マイクロ口座で最初に練習することをおすすめします。

実際、MT4/MT5は見た目こそとっつきづらいですが、使いこなせば覚えられるシンプルな構造をしており、やがて手足のように使いこなせるようになってから、スタンダード口座に移行するというのもアリだと思います。

ちなみに、通貨ペアの表示名は、マイクロ口座は少し異なります。通貨ペア表示名の後ろに「micro」がつき、「USDJPYmicro」(例)という形になります。

マイクロとスタンダード表示の違い

⑥最大ロットは100ロット。いざとなったら通常取引も

XMのマイクロ口座における最大ロットは100ロット。

つまり、マイクロ口座でも10万通貨取引まではOKなのです。

スタンダード口座の1ロットと同じ取引ができるのであれば、それなりの損益もあります。

女性講師

マイクロ口座でも、「いざ、チャンスが訪れた時」、機会損失することなくエントリーすることが可能ですね。

⑦顧客ランクをアップさせやすい

XMにはユーザーを利用頻度に応じて、ランク分けするシステムがあります。

4つのランクに切り分けられており、最高ランクのエリートランクには、合計で100日間の取引日数が必要です。

マイクロ口座であれば、損失リスクも低いので先ほど申し上げた「ほったらかし投資」を行えば、わりとスピーディにランクを上げる事が可能です。

男性講師

ランクを上げる事で、実はかなり良いことがあります。
取引によってもらえるボーナスの量が激増するのです。

XMステータス表

XMポイントはボーナスに変換することもでき、証拠金が足りない時などには、本当に重宝します。

XM独自の顧客サービス「ロイヤリティプログラム」については、詳しく以下の記事に載っていますので、参考にしてください。

⑧XMの会員サービスを使える

XMでは、マイクロ口座の開設者に対しても、スタンダード口座同様の会員サービスを提供しています。

その中でも人気のサービスが「XMの取引シグナル」です。

XM専属のプロトレーダーであるアブラスミス氏が、毎日昼・夜2回、会員に向けて相場状況のトレンドのレポート(日本語翻訳済)を配信してくれています。

XM取引シグナルの分類

マイクロ口座でも、これらを参考にトレードをすることが可能です。

⑨日経225なら気軽に取引できる

XMのマイクロ口座では、残念ながら通貨ペアと金(gold)銀(silver)のみ対応で、CFD銘柄では、小ロット取引に対応しているものはありません。

スタンダード口座と同じ取引条件になるため、口座残高が少なければCFD商品はなかなか取引できないのですが、例外として1銘柄だけマイクロ口座でも取引しやすいものがあります。

それは、JP225(日経225)です。

日経225は1ロット取引に必要な証拠金が100円前後(レバレッジ200倍)と、かなり低くマイクロ口座トレーダーでも気軽に取引できます。

女性講師

XMの日本人ユーザーの多くが日経225をトレードしているそうです。

⑩リアル口座を開いた後なら、いつでも別の口座タイプの口座を作れる

XMの新規口座作成のタイミングでマイクロ口座を選んだら、ずっとマイクロ口座でトレードする必要がある、というのは誤解です。

国内のFX会社では1人1口座という形が一般的ですが、XMでは1人8口座まで保有できるので、マイクロ口座で練習をして慣れた頃には、別の口座タイプの口座を開きましょう。

手続きは会員ページですぐできます。

XMマイクロ口座で実演 MT4/MT5の使い方

マイクロ口座はここまで見てきた通り、少額取引に特化した口座です。

海外FXの中でも、こうしたミニ口座を用意している会社は珍しく、国内でも、ミニ口座を用意しているのはSBI証券くらいなので、ぜひ有効活用したいところです。

10通貨で実際に取引してみる

それでは、実際にMT4を使って取引してみましょう。

取引するには、入金をする必要があります。
500円からなら、いくらでも大丈夫ですので少額で試してみましょう。

マイクロ口座に入金をする

マイクロ口座の最低入金額は500円ですので、500円を入金してみたいと思います。

入金はクレジットカードやオンラインウォレットや銀行振込など、さまざまな方法がありますが、スピードが速く、手数料もかからないクレカ入金をしたいと思います。

XM入金画面

入金の具体的なやり方については、こちらの記事を参考にしてください。

入金後のアクション 取引するまでの5ステップ
  1. マイクロ口座用のアカウントでMT4にログインする
  2. マイクロ口座用の通貨ペアを表示させる
  3. マイクロ口座用の通貨ペアから取引する銘柄を選択
  4. 最小ロットでエントリーしてみる
  5. 決済をする

マイクロ口座用のアカウントでMT4にログインする

入金が終わったら、マイクロ口座IDでMT4にログインしてみましょう。
口座IDは9桁の数字で、パスワードは口座開設の際に設定したものです。

  • パソコン版
  • スマホ版
  • ▼まずはMT4の左上のメニューから【ファイル】>【取引口座にログイン】を選択してIDとパスワードを入力。

    ※サーバー名は、XMからのメールに記載しています。

    PCログイン

    ▼ログイン後、MT4下部ターミナル画面で入金額が反映されているか確認しましょう

    入金額確認

  • ▼まず、スマフォ版のMT4を立ち上げ、設定ボタンをタップし、新規口座を続けてタップ。

    スマフォログイン1

    ▼既存のアカウントにログインを選択

    スマフォログイン2

    ▼サーバー検索画面になるので、XMと入力し自分のサーバー番号を選択。

    スマフォログイン3

    ▼ログインIDとパスワードを入力し、「Done」をタップ。

    スマフォログイン4

  • スマホ版
  • パソコン版
  • ▼まず、スマフォ版のMT4を立ち上げ、設定ボタンをタップし、新規口座を続けてタップ。

    スマフォログイン1

    ▼既存のアカウントにログインを選択

    スマフォログイン2

    ▼サーバー検索画面になるので、XMと入力し自分のサーバー番号を選択。

    スマフォログイン3

    ▼ログインIDとパスワードを入力し、「Done」をタップ。

    スマフォログイン4

  • ▼まずはMT4の右上のメニューから【ファイル】>【取引口座にログイン】を選択

    PCログイン

    ▼ログイン後、MT4下部ターミナル画面で入金額が反映されているか確認しましょう

    入金額確認

マイクロ口座用の通貨ペアを表示させる

初めてマイクロ口座にログインした場合、マイクロ口座専用の通貨ペアは表示されていません。
そのため、マイクロ口座の通貨ペアを表示させることが必要です。

  • パソコン版
  • スマホ版
  • ▼MT4の左横の気配値欄で右クリックをして、メニューを表示後、【すべて表示】を選択してください

    気配値右クリック

  • ▼気配値画面の右上の+をタップします。

    通貨ペア表示

    ▼上の4つのフォルダにmicro口座の銘柄が入っているので、任意のフォルダをタップします。

    (USDJPYはForex2に入っています)

    通貨ペア表示2

    ▼表示したい通貨ペアの左横の⊕をタップします。

    通貨ペア表示3

    ▼気配値画面に戻ると、追加した通貨ペアが表示されています。

    通貨ペア表示4

  • スマホ版
  • パソコン版
  • ▼気配値画面の右上の+をタップします。

    通貨ペア表示

    ▼上の4つのフォルダにmicro口座の銘柄が入っているので、任意のフォルダをタップします。(USDJPYはForex2に入っています)

    通貨ペア表示2

    ▼表示したい通貨ペアの左横の⊕をタップします。

    通貨ペア表示3

    ▼気配値画面に戻ると、追加した通貨ペアが表示されています。

    通貨ペア表示4

  • ▼MT4の左横の気配値欄で右クリックをして、メニューを表示後、【すべて表示】を選択してください

    気配値右クリック

マイクロ口座用の通貨ペアから、取引する通貨ペアを選択

  • パソコン版
  • スマホ版
  • ▼取引したい通貨ペアを選択し、右クリックでメニュー表示後、【チャート表示】を選択してください。

    チャート表示方法

    ▼チャートが表示されたのを確認

    チャート表示

  • ▼取引したい通貨ペアを選択し、長押ししたらポップアップメニューが出るので、「トレード」を選択してください。

    通貨ペア選択

  • スマホ版
  • パソコン版
  • ▼取引したい通貨ペアを選択し、長押ししたらポップアップメニューが出るので、「トレード」を選択してください。

    通貨ペア選択

  • ▼取引したい通貨ペアを選択し、右クリックでメニュー表示後、【チャート表示】を選択してください。

    チャート表示方法

    ▼チャートが表示されたことを確認

    チャート表示

最小ロットでエントリーをしてみる

  • パソコン版
  • スマホ版
  • ▼MT4左上の新規注文ボタンをクリックしてください

    新規注文ボタン

    ▼するとチャート上に注文画面が表示されます。
    注文数量を0.01ロットに設定し、成行売りか成行買いを選択し、エントリーしましょう。

    MT4注文画面

    MT4 注文画面の詳細
    1. 通貨ペア:任意の通貨ペアが選択できてるか確認
    2. 数量:最小ロット0.01(10通貨)であることを確認
    3. 注文種別:成行注文/指値注文の2つから選択。今回は成行注文を選択。
    4. 現在値:左が売値、右が買値。ロングの場合は右の売値でエントリー。
    5. ティックチャート:現在のリアルな値動きを確認
  • ▼トレードを選択すると、注文画面が表示されます。

    注文数量を0.01ロットに設定し、成行売りか成行買いを選択し、エントリーしましょう。

    スマ注文画面

    MT4 注文画面の詳細
    1. 通貨ペア:任意の通貨ペアが選択できてるか確認
    2. 数量:最小ロット0.01(10通貨)であることを確認
    3. 注文種別:成行注文/指値注文の2つから選択。今回は成行注文を選択。
    4. 現在値:左が売値、右が買値。ロングの場合は右の売値でエントリー。
    5. ティックチャート:現在のリアルな値動きを確認
  • スマホ版
  • パソコン版
  • ▼トレードを選択すると、注文画面が表示されます。
    注文数量を0.01ロットに設定し、成行売りか成行買いを選択し、エントリーしましょう。

    スマ注文画面

    MT4 注文画面の詳細
    1. 通貨ペア:任意の通貨ペアが選択できてるか確認
    2. 数量:最小ロット0.01(10通貨)であることを確認
    3. 注文種別:成行注文/指値注文の2つから選択。今回は成行注文を選択。
    4. 現在値:左が売値、右が買値。ロングの場合は右の売値でエントリー。
    5. ティックチャート:現在のリアルな値動きを確認
  • ▼MT4左上の新規注文ボタンをクリックしてください

    新規注文ボタン

    ▼すると注文画面がチャート上に表示されます。
    注文数量を0.01ロットに設定し、成行売りか成行買いを選択し、エントリーしましょう。

    MT4注文画面

    MT4 注文画面の詳細
    1. 通貨ペア:任意の通貨ペアが選択できてるか確認
    2. 数量:最小ロット0.01(10通貨)であることを確認
    3. 注文種別:成行注文/指値注文の2つから選択。今回は成行でエントリー
    4. 現在値:左が売値、右が買値。ロングの場合は右の売値でエントリー
    5. ティックチャート:現在のリアルな値動きを確認

▼以下の画像は成行買いでエントリーした直後の画像です。
パソコンのMT4だと、チャート下部にトレード状況が表示されます。

必要証拠金

10通貨の取引に必要な証拠金は、わずか1円でした。

必要証拠金の計算方法は以下の通りです。

マイクロ口座 必要証拠金計算式

USDJPY現在値(109.853)×取引量(10通貨)÷レバレッジ(888倍)=必要証拠金 1.23円 

XM円建て口座の場合は、小数点以下は四捨五入されるので、必要証拠金は1円となります。

決済をする

  • パソコン版
  • スマホ版
  • ▼決済をするには、チャート下部のターミナル画面のポジションをダブルクリックすると、注文決済画面が出てきますので、決済ボタンを押しましょう。

    クローズ画面

  • ▼決済するには、トレード画面のポジションを長押しすると、ポップアップメニューが出てくるので、クローズをタップ。

    決済1

    ▼決済画面に移ったら、画面中央のcloseと書かれた部分をタップで、決済完了です。

    決済2

  • スマホ版
  • パソコン版
  • ▼決済するには、トレード画面のポジションを長押しすると、ポップアップメニューが出てくるので、クローズをタップ。

    決済1

    ▼決済画面に移ったら、画面中央のcloseと書かれた部分をタップで、決済完了です。

    決済2

  • ▼決済をするには、チャート下部のターミナル画面のポジションをダブルクリックすると、注文決済画面が出てきますので、決済ボタンを押しましょう。

    クローズ画面

女性講師

このようにカンタンな操作手順で、すぐにマイクロ口座の取引ができるようになります。

▼以下の記事では口座開設の手順を分かりやすくまとめています。参考にしてください。

XMマイクロ口座FAQ

男性講師

マイクロ口座に関するよくある質問をまとめてみました。
マイクロ口座についての疑問がある場合はこちらを見て参考にしてください。

注文が出せない、どうすればいい?

XMマイクロ口座で注文が出せない、どうすればいい?
マイクロ口座で注文が出せない場合の原因は3つ考えられます。

1.口座タイプと違う通貨ペアをトレードしようとしている

マイクロ口座とスタンダード口座は、同じMT4/MT5を利用してトレードをします。
そのため気配値上では、2つの通貨ペアが混在することがあります。

マイクロ口座注文できない

上記の画像のように、マイクロ口座でログインした場合は、スタンダード口座の通貨ペアはグレーアウトしているので選択できません。

マイクロ口座の通貨ペアを取引する場合は、「通貨ペア名 micro」という表示の通貨ペアを取引するようにしましょう。

2.指値に間違った数値を入力している。

指値注文を出すときに、現在値よりも近い数値を入れた時に起きるトラブルです。
XMの通貨ペアにはそれぞれストップレベルという数値が設定されており、現在値からストップレベル以内には、指値注文がおけず、注文ができないようになっています。

指値注文の注意点

上の画像はMT4のUSDJPY(ドル円)の取引条件の仕様画面です。
この場合、ストップレベルは40point(4pip)で、現在値から4pip以内には指値注文は置けません

3.最低注文ロットを間違えている

マイクロ口座の通貨ペアの最大、最小ロットは、先述した通りですが、マイクロ口座でも金(gold)と銀(silver)以外のCFD銘柄はスタンダード口座と同じ取引条件になります。

そのため、証拠金不足になったり、入力ロット数を間違えたりすると、注文が通らない状態になります。
金と銀以外のCFD銘柄は、なるべくスタンダード口座でトレードするようにしましょう。

マイクロ口座からスタンダード口座に移行はできる?

マイクロ口座からスタンダード口座に移行はできる?
マイクロ口座からスタンダード口座への移行はできません。

もし、マイクロ口座からスタンダード口座へ移行がしたい場合は、追加口座で先にスタンダード口座を開設し、その口座へマイクロ口座の資金を移動させれば、スタンダード口座として利用できます。

ちなみに、全資金を移動させた場合は、クレジットも全て移動します。

▼追加口座の作り方は以下の記事を参考にしてください。

スタンダード口座から資金移動はできる?

スタンダード口座から資金移動はできる?
同一アカウント間での資金移動は可能で、最低金額は500円からとなります。

スタンダード口座からマイクロ口座へ、マイクロ口座からスタンダード口座へ、資金移動は可能で即時口座へ反映されます。

注文単位がちがっても、スタンダード口座とマイクロ口座は、資金の移動、ボーナスクレジットの移動に制限はありません。

▼XMの口座間資金移動は、以下の記事で解説しています。

MT4で通貨ペアが見つからない、どうすればいい?

MT4で通貨ペアが見つからない、どうすればいい?
MT4の気配値欄で右クリックし「すべてを表示」を選択すると通貨ペアが表示されます。

MT4に初めてマイクロ口座IDでログインした場合、マイクロ口座の通貨ペアは表示されていません。

そのため、最初にログインした時に、マイクロ口座用の通貨ペアを表示するためにMT4の気配値欄で右クリックでメニュー表示>「すべてを表示」を選択してクリックすれば、マイクロ口座用の通貨ペアが表示されるようになります。

最小ロット取引の場合、スワップポイントは発生する?

最小ロット取引の場合、スワップポイントは発生する?
最小ロット取引の場合、スワップはありません。

最小ロット取引の場合、スワップはありません。
正確に言えば発生しているのですが、XMでは、円建て口座の場合、小数点以下の数値はすべて四捨五入されるため、スワップポイントが0.5円に満たなければ、切り捨てされるので、発生しません。

男性講師

XMマイクロ口座についての記事は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました!
また次回、お会いしましょう!