XM-CFD-TOP

CFDは、【Contract for Difference】の略であり、差金決済取引と呼ばれます。

貴金属やエネルギーなどといった商品を取引しますが、実際に現物を所有する必要はありません

XMで取引可能なCFD銘柄は、金(ゴールド)銀(シルバー)、原油、日経225やダウ平均など、合計41銘柄にもなります。

その内訳は以下の通りです。

  • 株価指数(現物):14種類
  • 株価指数(先物):10種類
  • 貴金属:4種類
  • エネルギー:5種類
  • コモディティ(商品):8種類

(2021年7月現在)

CFDを理解する事で、世界への理解も深まり、情報を仕入れる事が楽しくなります。

気になる時事ニュースと共に、CFD銘柄の値動きを追いかけるのも良いでしょう。

本記事では、XMのCFD取引に関する仕様をまとめています。

※本記事は2021年8月25日に記事構成を変更、最新情報へ更新

XMでは主要CFD銘柄の売買トレンドを公開しています

XMの公式トップページの下部では、各主要CFD銘柄の売買トレンドを表示するトレーダーズダッシュボードを公開しています。

CFDの売買トレンド
XMの公式サイトへジャンプ

XMでCFD取引をするために知っておきたい基礎知識

まずは、XMでCFD取引をするために知っておきたい基礎知識を確認しましょう。

そもそも「CFD」とは?

CFDイメージ画像

CFDとは英語のContract For Difference(差金決済)の頭文字をとった投資用語です。

差金決済とは字のごとく、決済時の売買により生じた差金(損益)だけを取引することをいいます。

先物取引など、少ない証拠金にレバレッジをかけて大きなロットを取引するものは、差金決済の形態をとっており、大きく言えばFXもCFDの一種です。

POINT

XM内では、FXと区別するため、株式指数、貴金属、エネルギー、コモディティ(商品先物)を、特別にCFD銘柄と呼んでいます。

XMでは41種類のCFD銘柄を取り揃えていて、MT4/MT5で通貨ペアと同じように取引可能です。
下のトレード画面をご覧ください。

実際の取引画面

XM実際のGOLD取引画面

上記の画像は、代表的なCFD銘柄である金(ゴールド)を取引した時のものです。

0.1ロット(10オンス)ずつ、合計0.2ロットのゴールドの売りポジションを保有しています。

利益額の計算方法はシンプルで、エントリー時との差額×取引量が利益額です。

つまり、1個目のポジションを例にとると、

差額の6.41ドル × 取引量の10オンス = 64.1ドル(利益額)

これを当時のレートで円変換すると6,959円となります。

そして、この取引にかかった必要証拠金がわずか3,594円というのも、XMのCFD取引の大きな魅力です。

CFDには先物と現物がある

XMのCFD銘柄は、以下のように先物と現物に分類されています。

XMのCDF先物商品一覧

▲XM CFD先物銘柄一覧▲

XMのCDF現物商品一覧

▲XM CFD現物銘柄一覧▲

FXにはこの先物と現物という概念は存在していないため、聞き馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。
まず、この先物と現物とはどういうものなのか、簡単に確認しておきましょう。

先物とは?
  • 1か月、3か月、半年先の商品値段で取引する金融商品。
    XM内の先物商品の多くは商品発売から3カ月後に自動決済される。
  • 商品の実物はなく、将来の商品価値(数値)だけを売買する。
  • 商品ごとに「決済期限」が設けられている。
現物とは?
  • 現時点の商品価格で取引する金融商品。
  • 決済日の規定はなく、長期保有することも可能。
  • コンビニでおにぎりを買うことも現物取引の一種と言える。

現物か先物かで、取引中に気を付けなくてはいけない点にも違いが生まれます。
特に注意したいのが、以下4つのポイントです。

先物と現物 4つのポイント
  1. 配当金は株式指数CFDの現物商品にのみ発生する
  2. スワップポイントはCFDの現物商品にのみ発生するが、すべてマイナス
  3. スプレッドは先物商品の方が広く、現物商品の方がやや狭め
  4. 決済期限(限月)は、CFDの先物商品にのみ発生する

また、先物と現物は取引スタイルに応じて使い分けるのが理想的です。

  • 現物・・・デイトレード向き(スプレッドは狭いがスワップがあるため)
  • 先物・・・スイングトレード向き(スプレッドは広めでもスワップがないため)
XMのCFD銘柄取引時間

XM CFD銘柄取引時間注意啓発画像

FXは月曜の早朝から土曜日の早朝までであれば24時間取引をすることが可能です。

しかし、XMのCFD銘柄はそれぞれ取引時間が異なります。
銘柄によって開場/閉場時間に大きくバラつきがあるのでご注意ください。

また、年始やクリスマスなどの特別な日は、一部のCFD銘柄で取引時間が変更になることがあります。

XMでは月初に、取引時間の変更がある各銘柄について、「XMからのお知らせ」ページで取引時間の変更を告知していますので、そちらをチェックしてお間違えないようにしてください。

XMからのお知らせ
公式サイトへジャンプ

POINT

XMからのお知らせページは、取引時間からの変更の他、XMからの重要なニュースも掲載されますので、ブックマークをしておきましょう。


以下に各ジャンルごとの取引時間一覧へのリンクを用意しました。
ご自身の取引される銘柄の取引時間は、しっかり確認しておきましょう。

CFDのレバレッジと証拠金計算方法

CFD銘柄のレバレッジ

XMはのFXはレバレッジ最大888倍が有名ですね。
しかしCFD銘柄の場合、各銘柄ごとに必要証拠金率が設定されています。

100をその証拠金率で割ると、各銘柄ごとの最大レバレッジを割り出すことが可能です。

たとえば

株式指数CFDのEU50の必要証拠金率は1%なので、100÷1=100
最大レバレッジは100倍です。

エネルギーCFDのOILの必要証拠金率は1.5%なので、100÷1.5=66.7
最大レバレッジは66.7倍です。

コモディティCFDのCOCOAの必要証拠金率は2%なので、100÷2=50
最大レバレッジは50倍です。

POINT

貴金属CFDの金/銀は少し例外で、必要証拠金率の設定はありません。
金の最大レバレッジはFX同様888倍、銀は400倍です。

CFD銘柄の証拠金計算方法

FXの証拠金の計算式は以下の通りです。
この計算方式は、金/銀の証拠金を求める際にも使用します。

価格レート(オープン価格)×コントラクトサイズ×取引量(lot数)÷レバレッジ

その他のCFD銘柄も、必要証拠金率をレバレッジに変換すれば、上記の式を用いて証拠金を求められます。


その上で、XMが提示しているもう一つの証拠金計算式を以下に示します。
この計算方法では、レバレッジではなく必要証拠金率を使用してCFD銘柄の証拠金を求めます。

CFD銘柄の証拠金計算式

価格レート(オープン価格)×コントラクトサイズ×取引量(lot数)×必要証拠金率

コントラクトサイズとは?
コントラクトサイズとは、各銘柄に設定された基本単位です。
例えば、ゴールドなら1lotは100 oz、原油なら100 Barrels、株価指数なら1株価指数です。
XM公式サイトの各銘柄取引条件一覧表では、「1ロットあたりの価値」という項目内に書かれている数値がコントラクトサイズです。

XM全CFD銘柄の必要証拠金率とコントラクトサイズは、公式サイトから確認できます。

CFD取引条件
XMの公式サイトへジャンプ


以下に各ジャンルごとのレバレッジと証拠金目安額一覧へのリンクを用意しました。
ご自身の取引される銘柄に応じてご確認ください。

CFDのスプレッドコスト計算方法

FXのスプレッドコストは、以下の計算式を用いて求めます。

pipあたりの値段×取引量(lot数)

ですが、CFD商品のスプレッドコストの計算方法は上記とは異なり、pipではなくスプレッドのpointを用いて求めます。

さらにCFDのスプレッド計算方法は、その銘柄が「株式指数CFD」か「株式指数以外のCFD銘柄」かでも異なります。
まずは「株式指数CFD」のスプレッドコスト計算方法からご紹介します。

株式指数CFDのスプレッド計算方法

XMの株式指数CFDのスプレッド計算式は以下の通りです。

株式指数CFDのスプレッド計算式

スプレッド(point)×取引量(lot数)

POINT

株価指数銘柄の1pointは、1当該国通貨になります。
1当該国通貨というのは、日本円なら1円、USドルなら1セント、ユーロなら1ユーロセント…という意味です。

株式指数CFDスプレッド計算例

例)株式指数CFDのUK100のスプレッド表記が1000pointの時
(※UK100は英国株価指数なので、1当該国通貨は1ペンス)

スプレッド(point)...1000point
取引ロット数...1

1000point×1lot=1000ペンス

取引コストは1000ペンス(10ポンド)/lotです。
これを日本円換算すると、1ロットあたりのスプレッドは約1,408円になります。

スプレッドは1000pointもありましたが、計算してみると通貨ペア取引と大差ない取引コストだったということがわかりますね。

POINT

株価指数の取引コストは、各国の通貨で換算します。

株式指数以外のCFDスプレッド計算方法(貴金属/エネルギー/コモディティ)

貴金属とエネルギーとコモディティの取引コストの算出方法はもう少しだけ複雑です。

株式指数以外のCFD銘柄のスプレッド計算式は以下の通りです。

CFD銘柄のスプレッド計算式

スプレッド(point)×値動きの最小値×取引量(lot数)

値動きの最小値とは?
値動きの最小値とは、最小変動単位による収益の変化をいいます。
いわゆるティックバリューがこれにあたり、各銘柄ごとに異なります。
XM公式サイトの各銘柄取引条件一覧表でも、「値動きの最小値」として数値が記載されています。
CFD銘柄のスプレッド計算例

例)コモディティCFDのコーンのスプレッド表記が275pointの時

スプレッド(point)...275point
値動きの最小値...0.04ドル
取引ロット数...1

275point×0.04ドル×1lot=11ドル

これを日本円換算すると、1ロットあたりのスプレッドは約1210円になります。

この銘柄も一見スプレッドが広く感じますが、実際の取引コストは通貨ペアと同じくらいでした。
CFD商品は1pointあたりの価値が各銘柄ごとに異なるため、pointの大きさだけで取引コストの判断はできないということです。

XM全CFD銘柄の値動きの最小値は、公式サイトから確認できます。

CFD取引条件
XMの公式サイトへジャンプ


以下に各ジャンルごとの平均スプレッド一覧へのリンクを用意しました。
ご自身の取引される銘柄に応じてご確認ください。

スワップコスト計算方法【現物】

FXでもおなじみのスワップポイントですが、CFD現物にも発生します。

スワップが発生する銘柄

注意しておきたいのが、株式指数CFD現物銘柄の場合、全銘柄がマイナススワップになってしまう点です。

また、以前は貴金属CFDの金/銀なら、売りポジション(ショート)ではプラス、買いポジション(ロング)ではマイナスとなっていましたが、最近では金/銀も株式指数CFD現物銘柄と同様に、売りでも買いでもマイナススワップとなることが多いようです。

POINT

CFD現物のポジションを保有する際は、マイナススワップも必要コストと捉えた方が良いでしょう。

スワップポイントの計算方法

例)AUS200現物(オーストラリア株価指数)

それぞれ、1ロットあたりのスワップは、買い(-0.74)で売り(-0.38)と表示されています。
これを当該国通貨の単位で計算するので、AUS200現物の1日あたりの1ロット保有コストは、

買い1ロット保有コスト・・・0.74豪ドル(59.2円)/日
売り1ロット保有コスト・・・0.38豪ドル(30.4円)/日

となります。
売りポジションでも買いポジションでも、保有コストが発生していますね。

スワップ3倍デーに注意

毎日同じように徴収されるスワップポイントですが、スワップポイントが通常の3倍になってしまう日があります。

一般的には水曜日と言われますが、もっと正確にいうとXMの本社のあるキプロスが水曜日から木曜日に変わる時です。

日本時間では、木曜日の早朝7:00(夏時間なら6:00)となります。

土日分のスワップポイントがこの時にかかるのですが、大きなポジションを保有していると、比例して大きな金額になるので注意してください。

CFDのスワップポイントはXM公式サイトで公開されており、毎日更新されます。

スワップポイント確認
XM公式サイトで毎日更新


以下に各ジャンルごとのスワップポイント一覧へのリンクを用意しました。
ご自身の取引される銘柄に応じてご確認ください。

決済期限(限月)【先物】

決済期限(限月)は、先物のみあり、現物にはありません。

限月がある銘柄は先物

限月(げんげつ)とは先物特有の投資用語で、決済期限(満期日)のことを指します。
取引銘柄によって限月は異なりますが、オープンから3か月後に限月を迎える銘柄が多いです。

例えば、日経225の先物と現物では以下のように先物と現物のシンボルを分けています。

先物シンボル

▲日経225先物▲

現物シンボル

▲日経225現物▲

先物の方には、JP225-JUN21と決済月が書かれ、この日経225先物が2021年の6月(JUN)までに決済される先物商品であることを、示しています。

XM先物スケジュール表の見方

先物の詳細な決済スケジュールは、XMの公式サイトに掲載されています。

満期を迎えると自動決済されてしまう上に、稀にスケジュールが前倒しになって表示月よりも早く決済されてしまうこともあります。
先物を保有する場合は、必ず決済スケジュールチェックするようにしましょう。

先物決済スケジュール
XM公式サイトで毎日更新

手順
まず、上のリンクからXMのサイトにジャンプたら、見たいCFD銘柄のジャンルを選択してください。
XM見たい銘柄のジャンルを選択
XM見たい銘柄のジャンルを選択モバイル版
手順
そして「有効な取引」のタブをクリックしましょう。
XM先物決済カレンダー有効な取引を選択
XM先物決済カレンダー有効な取引を選択モバイル版
手順
画面が切り替わると、先物銘柄のスケジュール表が出てきます。
XM先物スケジュール表コモディティ
XM先物スケジュール表銅hgcopモバイル版
  1. 内容
  2. シンボル
  3. 取扱限月:現在取り扱われている先物商品の限月
  4. 開始日:先物商品の発売日
  5. 決済のみ可:取引終了日(この日は新規注文の受付が停止され、決済注文だけが可能となる)
  6. 満期日:商品の受け渡し日(=限月。この日に自動決済される。決済時間は商品により異なる)
  7. 限月:設定されている限月の一覧
  8. 取引期限:アイコンを選択すると、取引期限に関する注意事項が表示される。
    ⇒「取引は、典型的に限月の前の月の月末の3営業日前に満期となります。」

XM株式指数CFD(日経225・ダウ平均など)

XMの株式指数CFDでは現物取引と先物取引の2パターンの取引ができます。

株価指数(現物):14種類
株価指数(先物):10種類

それでは、株価指数CFDの詳細をみていきましょう。

XM株式指数CFD 全銘柄紹介

株式指数CFDイメージ

まずは、XMで扱う株価指数CFDの銘柄一覧を表示します。

XM内では、各銘柄にXM独自のシンボル表記を当てはめているので、銘柄の通称と混同しないようご注意ください。

▼XMの各株価指数CFD一覧
通称名シンボル表記取引通貨先物か現物か
ASX200
オーストラリア株価指数
AUS200豪ドル現物のみ
ユーロストックス
欧州株価指数
EU50ユーロ現物
先物
CAC40
フランス株価指数
FRA40ユーロ現物
先物
DAX30
ドイツ株価指数
GER30ユーロ現物
先物
香港ハンセン指数HK50香港ドル現物のみ
FTSE MIB
イタリア株価指数
ITA40ユーロ現物のみ
日経225JP225日本円現物
先物
AEX指数
アムステルダム株価指数
NETH25ユーロ現物のみ
IBEX35
マドリッド株価指数
SPAIN35ユーロ現物のみ
SMI20
スイス株価指数
SWI20スイスフラン現物
先物
FTSE100
ロンドン株価指数
UK100ポンド現物
先物
NASDAQ
ナスダック100指数
US100米ドル現物
先物
DAW
ダウ平均株価指数
US30米ドル現物
先物
S&P500US500米ドル現物
先物
ドルインデックス
米ドル指数
USDX米ドル先物のみ

女性講師2

MT4/MT5内でのシンボル表記は上記の通り統一されています。
シンボル名の後ろには、先物の場合限月が、現物ならばCashと記載されています。

先物/現物の取引条件の具体的な違いは違いに関しては、冒頭で先述しています。

各株式指数の特徴

補足として、各株式指数の特徴をまとめました。
有名な株価指数も多くありますので、取引の参考にしてください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
各株価指数の特徴

▼各株価指数の特徴
銘柄名(通称)各銘柄の特徴
ASX200
オーストラリア株価指数
オーストラリア市場の時価総額および流動性の高い上位200銘柄の株価の平均株価指数。米S&P社が組成を行っている。
ユーロストックス
欧州株価指数
ユーロ圏内で最も流動性の高い50銘柄の平均株価指数。BMW社やエアバス社などのグローバル企業が構成銘柄に含まれる。
CAC40
フランス株価指数
パリ証券取引所で時価総額100位以内の銘柄から40社をセレクトして算出した株価指数。カルフールやビトンなどフランスを代表する企業が構成銘柄。
DAX30
ドイツ株価指数
フランクフルト証券取引所で取引されている主要30銘柄で構成されている。ヨーロッパ全体の景気をあらわし、24時間取引可能な国際銘柄でもある。
香港ハンセン指数香港証券取引所の流動性の高い銘柄で構成される株価指数。ハンセンとは、銀行の名前で昔は銀行内部の資料だったが1969年より一般に公開されている。
FTSE MIB
イタリア株価指数
イタリアを代表する企業によって構成されている株価指数。近年はイタリア経済の低迷を反映して、前年割れを起こすこともある。
日経225日本を代表する企業225銘柄の株価平均指数。構成銘柄はトヨタやユニクロなど。構成銘柄は輸出企業が多いため為替に影響されることが多い。
AEX指数
アムステルダム株価指数
オランダのアムステルダム証券取引所の取引高上位25銘柄で構成されている株価指数。構成銘柄はオランダに限定されずユーロ圏の国際企業が名を連ねる。
IBEX35
マドリッド株価指数
マドリッド証券取引所に上場している時価総額上位35銘柄の平均株価指数。
SMI20
スイス株価指数
スイスおよびリヒテンシュタインの証券取引所で最も流動性の高い上位20銘柄の平均株価指数。グローバルに展開している企業も多くネスレも構成銘柄のひとつ。
FTSE100
ロンドン株価指数
FTSE100の名前で知られ、ロンドン証券取引所の時価総額上位の100銘柄で構成される株価指数。配当が他の銘柄に比べて高いことでも有名。
NASDAQ
ナスダック100指数
ニューヨークNASDAQ市場全上場銘柄による株価の総合指数。ナスダックは新興企業向けの株式市場なので、新興のハイテク企業などが多く上場している。
DAW
ダウ平均株価指数
アメリカを代表する企業30社の平均株価指数。構成銘柄はアップル、ボーイング、IBMなど世界的な企業が多く、最も世界経済を反映する指数と言われる。
S&P500アメリカ全体の景気を判断するため全セクター別に合計500の大型株で構成されている株価指数。米国企業のみで構成されている。
ドルインデックス
米ドル指数
ドルインデックスは、複数の主要通貨に対して米ドルの強弱を指数化したもの。 FRBや大手金融機関などが算出している。

XM株式指数CFD 取引時間

株価指数の取引時間は、次の通りです。
銘柄ごとにかなり違いますのでご注意ください。

▼各銘柄の通常取引時間(日本時間表示)
銘柄名
/シンボル
通常取引時間備考
オーストラリア株価指数
AUS200
月8:55~土6:10平日5:25~16:15,
6:55~8:55はメンテナンス
欧州株価指数
EU50
月16:05~土5:55平日5:55~16:05はメンテナンス
フランス株価指数
FRA40
月16:05~土5:55平日5:55~16:05はメンテナンス
ドイツ株価指数
GER30
月8:05~土5:10平日6:15~6:30,
6:55~8:05はメンテナンス
香港ハンセン指数
HK50
月10:20~土1:55平日12:55~14:05,17:25~18:20,
1:55~10:20はメンテナンス
イタリア株価指数
ITA40
月17:05~土1:35平日1:35~17:05メンテナンス
日経225
JP225
月8:05~土6:10平日6:15~6:30,
6:55~8:05はメンテナンス
AEX指数
NETH25
月16:05~土5:55平日5:55~16:05はメンテナンス
マドリッド株価指数
SPA35
月17:05~土3:55平日3:55~17:05はメンテナンス
スイス株価指数
SWI20
月16:05~土5:55平日5:55~16:05はメンテナンス
ロンドン株価指数
UK100
月8:05~土6:10平日6:15~6:30,
6:55~8:05はメンテナンス
ナスダック100指数
US100
月8:05~土6:10平日5:15~5:30
6:55~8:05はメンテナンス
ダウ平均株価指数
US30
月8:05~土6:10平日6:15~6:30
6:55~8:05はメンテナンス
S&P500
US500
月8:05~土6:10平日6:15~6:30
6:55~8:05はメンテナンス
米ドル指数
USDX
月8:05~土6:10平日6:15~6:30
6:55~8:05はメンテナンス
女性講師2

夏時間中は取引時間がそれぞれ1時間早まりますのでご注意ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
夏時間(サマータイム)に注意

XMはヨーロッパ夏時間の影響を受けます。
それに加えて、アメリカやオーストラリアの夏時間の影響を受ける銘柄もあります。

ヨーロッパ夏時間:3月最終日曜日~10月最終日曜日

アメリカ夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日

オーストラリア夏時間:10月第1日曜日~翌年4月第1日曜日

夏時間中は該当国の標準時間が1時間前倒しになるため、日本からするとこの期間の取引時間は1時間早まります。

たとえば

例)ダウ平均株価指数の取引時間

通常時 月曜日7:05~土曜日5:10
夏時間 月曜日6:05~土曜日4:10
(※メンテナンス時間も同様に1時間前倒し)

夏時間に関する詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

年始やクリスマスなどの特別な日は、一部のCFD銘柄で取引時間が変更になることがあります。

XMでは月初に、取引時間の変更がある各銘柄について、「XMからのお知らせ」ページで取引時間の変更を告知していますので、そちらをチェックしてお間違えないようにしてください。

XMからのお知らせ
公式サイトへジャンプ

男性講師2

XMからのお知らせページは、取引時間からの変更の他、XMからの重要なニュースも掲載されますので、ブックマークをしておきましょう。

XM株式指数CFD レバレッジ一覧と証拠金目安

それでは、次にレバレッジを見てみましょう。
レバレッジも各銘柄ごとに違います。

参考に、1ロット取引に必要な証拠金を合わせて記載しています。
証拠金はあくまで目安で、記事執筆時の価格を参考にしています。(2021年4月)

▼各銘柄レバレッジ(証拠金率)と証拠金目安
シンボル最大レバレッジ(証拠金率)1lotあたりの
必要証拠金目安
AUS200100倍(1%)5,941円
EU50100倍(1%)5,030円
FRA40100倍(1%)7,909円
GER30100倍(1%)19,146円
HK5066.6倍(1.5%)6,184円
ITA40100倍(1%)31,605円
JP225200倍(0.5%)150円
NETH25100倍(1%)890円
SPA35100倍(1%)11,217円
SWI20100倍(1%)10,308円
UK100100倍(1%)10,308円
US100100倍(1%)14,362円
US30100倍(1%)36,020円
US500100倍(1%)4,327円
USDX100倍(1%)1,033円
USDX先物価格
日経225だけ証拠金が異常に安いのは何故?

日経225は、他の銘柄に比べて証拠金が激安です。
これは日本人トレーダーを特別扱いしているわけではなく、日経225の基準価格が他の指数に比べて一段低いことが原因です。

たとえば、日経225の価格をダウ平均株価と比べたら100分の1以下の価格ですし、ヨーロッパ系の株価指数と比べてもかなりの低価格です。
さらに、他の銘柄に比べて2倍のレバレッジがかかっているため、日経225の必要証拠金だけが異常に安く感じてしまうのです。

男性講師2

ちなみに、日経225(JP225)の基準価格が低いことで、日経225のトレーダーは慣れてくると何十ロット取引することが普通になります。
しかし、他の銘柄を取引する時も日経225と同じ感覚でいると大変危ないので注意してくださいね。

株式指数CFD証拠金計算例

以下で株式指数CFDの証拠金計算例を示します。
トレードの参考にご覧ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
株式指数CFD証拠金計算例

取引手数料実際計算AUS200Cash

例)AUS200Cashの価格が7081.30AUD/1lotの時

オープン価格...7081.30 AUD
コントラクトサイズ...1株価指数
取引ロット数...1
証拠金率...1%

7081.30AUD×1株価指数×1lot×0.01=70.81AUD

1ロットあたりの必要証拠金は日本円に換算して約5,941円になります。

POINT

算出される証拠金額は当該国通貨での値になるので、最終的に日本円に換算し直す必要があります。

より詳しい計算方法は、冒頭のバナー【CFDのレバレッジと証拠金計算方法】内で解説しています。

XM株式指数CFD 配当金

配当金が発生する銘柄

現物の株価指数CFDには配当調整金があり、XMのスケジュールに沿って、買いポジションを所持している場合は配当調整金が配布され、売りポジションを所持している場合は配当調整金が徴収されます。

現物の売りポジションを持つ場合は、配当金の徴収スケジュールに特に注意しましょう。

配当金が発生するタイミング

配当発生日のMT4時間0:00(日本時間07:00)を過ぎた瞬間

以下に最新の配当金スケジュール(6月21日更新)を記載しますのでご確認ください。
※すべて日本円(6/21のレート)に換算しています。

▼価格は1lotあたりです
シンボル6/21(月)6/22(火)6/23(水)6/24(木)6/25(金)
FRA40Cash18.12円/lot
HK50Cash140.34円/lot
IT40Cash7826.64円/lot
SPAIN35Cash1407.78円/lot
UK100Cash857.90円/lot
US100Cash172.13円/lot
US500Cash21.21円/lot1.32円/lot49.13円/lot5.06円/lot

各銘柄ごとの配当スケジュールは不定期なので、毎週月曜日にXM公式サイトで告知される配当金スケジュールをチェックしましょう。

XM配当金スケジュール
毎週月曜日更新

下のバナーをクリックすると、表の見方と計算例が見られますので参考にしてください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
配当スケジュール表の見方と計算方法
手順
まず、上のリンクからXMのサイトにジャンプして、画面を下にスクロールしてください。
手順
下方にある「指数配当金」という項目に配当金スケジュール表があります。
毎週月曜日更新で、直近1週間の配当金のスケジュールが掲載されています。
下の画像を見ると、ダウ平均(US30)の配当金は、11月20日(水)と11月21日(木)に配布・徴収されることがわかります。
配当金スケジュール確認方法
※日付の読み方は、曜日→日→月の順番
配当金額の計算方法は?

例)ダウ平均(US30)

水曜日と木曜日の配当金額の合計額が、3.459+9.766=13.225

株価指数は当該国通貨単位で計算するので、1ロット保有していたら13.225ドル配布/徴収されるという意味になります。

POINT

もし、この週の水曜日と木曜日にダウ平均指数の買いポジションを1ロット保有していたら、約1,400円(日本円換算)が口座に入金されます。
反対に売りポジションを1ロット保有していたら、約1,400円(日本円換算)を口座から引かれることになります。

男性講師2

配当のスケジュールは不定期に変更になるので、現物株価指数のポジションを保有する場合、配当金スケジュールはこまめにチェックしましょう

XM株式指数CFD スワップとスプレッド一覧

最後に紹介するのは、スワップ&スプレッドです。

POINT

スワップが発生するのは株価指数の現物商品のみ
売りでも買いでもマイナススワップ。
スプレッドは基本的に先物の方が広く、現物の方がやや狭め

女性講師2

株価指数の取引コストは当該国通貨で計算するのが原則です。
表の左端に当該国通貨を記載しているので参考にしてくださいね。

▼各銘柄のスワップ&平均スプレッド ※スプレッドの単位はpoint
シンボル/
当該国通貨
スワップ平均スプレッド
(現)=現物/(先)=先物
AUS200
豪ドル
買い-0.6
売り-0.56
250
現物のみ
EU50
ユーロ
買い-0.27
売り-0.4
(現)260
(先)300
FRA40
ユーロ
買い-0.42
売り-0.62
180
現物のみ
GER30
ユーロ
買い-1.02
売り-1.52
(現)680
(先)800
HK50
香港ドル
買い-2.5
売り-2.34
14
現物のみ
ITA40
ユーロ
買い-1.65
売り-2.45
13
現物のみ
JP225
日本円
買い-2.43
売り-2.54
(現)12
(先)24
NETH25
ユーロ
買い-0.05
売り-0.07
85
現物のみ
SPA35
ユーロ
買い-0.58
売り-0.86
6
現物のみ
SWI20
スイス
フラン
買い-0.69
売り-1.18
(現)700
(先)600
UK100
ポンド
買い-0.58
売り-0.56
(現)450
(先)1100
US100
米ドル
買い-1.18
売り-1.12
(現)300
(先)500
US30
米ドル
買い-2.91
売り-2.77
(現)420
(先)650
US500
米ドル
買い-0.35
売り-0.33
(現)70
(先)130
USDX
米ドル
先物(スワップなし)先物のみ
50

※参考レートは2021年4月19日

最新のスワップ数値を知りたい場合は、以下から公式サイトをご確認ください。

株式指数スワップ確認
公式サイトで毎日更新

株価指数CFDスワップ&スプレッド計算例

取引コストとして、スワップ&スプレッドを計算する際の計算例を記載しておきます。
以下からご確認ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
株価指数スワップ&スプレッド計算例

計算式は以下の通りです。

取引量 × スワップポイント × 保有日数 = ①保有コスト

取引量 × スプレッド = ②取引コスト

①保有コスト(スワップの計算例)

例1)HK50(香港ハンセン指数)の買い1ロットを3日間持つとした場合

1ロット(取引量) × -2.5(スワップポイント) × 3日間=トータルのスワップポイント

計算すると-7.5HKDになり、これを日本円換算した、約105円がスワップによる保有コストになります。

②取引コスト(スプレッドの計算例)

例2)SWI20Cash(スイス株価指数現物)を買い1ロットでエントリーする場合

1ロット(取引量) × 700(スプレッドポイント)=スプレッド価格

計算すると700フランになり、これを日本円換算した、約82,777円がスプレッドによる取引コストになります。

スワップとスプレッド計算に関する詳しい解説は、冒頭バナー内

で先述しています。

XM株式指数CFDを取引する時の注意点とまとめ

注意点とまとめ
  1. 取引時間に要注意
  2. 配当金スケジュールをきちんとチェック
  3. どの国の株式指数も、US30(ダウ平均)とUS500(S&P500)の影響を受ける

株式指数CFDを取引する時は、やはり取引時間に注意するべきです。
ほぼ24時間取引できる銘柄が多いですが、休場時間がバラバラなので、各銘柄の取引時間は要チェックです。

また、株式指数はCFD銘柄の中で唯一配当金があるので、ポジションを保有中は配当金スケジュールをきちんとチェックしましょう。
特に、US30(ダウ平均)US100(ナスダック)・US500(S&P500)はほぼ毎週のように配当金があるので、ショートをしている場合は要注意です。

そして、どの国の株式指数もUS30(ダウ平均)とUS500(S&P500)の影響を受けます。
NY市場は日本時間の夜23時半(夏時間中であれば夜22時半)に開場となります。

他の国の株式指数であっても米の重要な指標発表前には、ポジションを解消しておくことも賢明な選択肢の一つだと言えるでしょう。

最新の株式指数CFD情報は、公式サイトからご確認ください。

株式指数CFDをチェック
XM公式サイトへ

XM貴金属CFD(金・プラチナなど)

XMの貴金属銘柄は4種類あります。

金(GOLD)/銀(SILVER)現物
プラチナ(PLAT)/パラジウム(PALL)先物

それでは、貴金属CFDの詳細をみていきましょう。

XM貴金属CFD 全銘柄紹介

貴金属CFDイメージ

まずは、XMで扱う貴金属CFD銘柄の一覧を表示します。

XM内では、各銘柄にXM独自のシンボル表記を当てはめているので、銘柄の通称と混同しないようご注意ください。

▼XMの貴金属CFD一覧
銘柄名シンボル表記取引可能Lot数先物か現物か
ゴールド
GOLD0.01~50現物
シルバー
SILVER0.01~50現物
ゴールド
(ゼロ口座)
GOLD.
ゼロ口座は末尾に.(ドット)付
0.01~50現物
シルバー
(ゼロ口座)
SILVER.
ゼロ口座は末尾に.(ドット)付
0.01~50現物
プラチナ
白金
PLAT-期限1~12500先物
パラジウムPALL-期限1~12500先物
男性講師2

ゴールドとシルバーのみ、ゼロ口座でも取り扱いがあります。
ゼロ口座は、スプレッドが狭い代わりに手数料を支払う口座です。
参考:XMゼロ口座の手数料を解説

先物/現物の取引条件の具体的な違いは違いに関しては、冒頭で先述しています。

各貴金属銘柄の特徴

補足として、各貴金属銘柄の特徴をまとめました。
貴金属CFDは各銘柄間の関連も強いので、取引の参考にしてください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
各貴金属銘柄の特徴
▼各貴金属銘柄の特徴
銘柄名各銘柄の特徴
ゴールド世界中で米ドルに次いで、取引量の多い金融商品。世界経済の動向に大きく左右される。米ドルとの関連性が強く、米ドルが強いと下がり、弱いと上がる傾向がある。
シルバーゴールドと並んで紹介されるが、市場価値はゴールドのおよそ100分の1。埋蔵量が多く、加工もしやすいため広く金属製品に利用される。
プラチナ白金と呼ばれ、希少価値はゴールドよりも上。一時期は、ゴールドよりも値段が高かったが、現在はやや落ち着いている。用途は宝飾品や投資商品などに限られている。
パラジウム自動車の触媒用として広く利用され、しっかり実需があるのに、供給不足状態が続いているため、この5年で価格は3倍に。2019年に、1オンスあたりの価格が金を超え、現在も注目を集めている。

XM貴金属CFD 取引時間

貴金属の取引時間は、次の通りです。
平日のほぼ24時間取引可能ですが、毎朝約1時間のメンテナンス時間があります。
その間は取引できないのでご注意ください。

▼各銘柄の通常取引時間(日本時間表示)
銘柄名
/シンボル
通常取引時間備考
ゴールド
GOLD
月8:05~土6:50火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:50~月8:05まで休み
シルバー
SILVER
月8:05~土6:50火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:50~月8:05まで休み
GOLD.
(ゼロ口座)
月8:05~土6:50火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:50~月8:05まで休み
SILVER.
(ゼロ口座)
月8:05~土6:50火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:50~月8:05まで休み
プラチナ
PLAT-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:10~月8:05まで休み
パラジウム
PALL-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:10~月8:05まで休み
女性講師2

夏時間中は取引時間がそれぞれ1時間早まりますのでご注意ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
夏時間(サマータイム)に注意

XMはヨーロッパ夏時間の影響を受けます。
また、貴金属CFDはアメリカ夏時間の影響を受けます。

ヨーロッパ夏時間:3月最終日曜日~10月最終日曜日

アメリカ夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日

夏時間中は該当国の標準時間が1時間前倒しになるため、日本からするとこの期間の取引時間は1時間早まります。

たとえば

例)ゴールドの取引時間

通常時 月曜日8:05~土曜日6:50
夏時間 月曜日7:05~土曜日5:50
(※メンテナンス時間も同様に1時間前倒し)

夏時間に関する詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

年始やクリスマスなどの特別な日は、一部のCFD銘柄で取引時間が変更になることがあります。

XMでは月初に、取引時間の変更がある各銘柄について、「XMからのお知らせ」ページで取引時間の変更を告知していますので、そちらをチェックしてお間違えないようにしてください。

XMからのお知らせ
公式サイトへジャンプ

男性講師2

XMからのお知らせページは、取引時間からの変更の他、XMからの重要なニュースも掲載されますので、ブックマークをしておきましょう。

XM貴金属CFD レバレッジ一覧と証拠金目安

それでは、次にレバレッジを見てみましょう。
レバレッジも各銘柄ごとに違います。

参考に、コントラクトサイズと1ロット取引に必要な証拠金も合わせて記載しています。
証拠金はあくまで目安で、記事執筆時の価格を参考にしています。(2021年4月)

▼各銘柄のレバレッジ(証拠金率)と証拠金目安
シンボルコントラクト
サイズ
最大レバレッジ(証拠金率)1ロットあたりの
証拠金目安
GOLD100 oz888倍21,726円
SILVER5000 oz400倍35,144円
GOLD.
(ゼロ口座)
100 oz500倍38,650円
SILVER.
(ゼロ口座)
5000 oz400倍35,144円
PLAT-期限10 Troy ounces22.2倍(4.5%)59,294円
PALL-期限10 Troy ounces22.2倍(4.5%)136,111円

貴金属CFD証拠金計算例

以下で貴金属CFDの証拠金計算例を示します。
トレードの参考にご覧ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
貴金属CFD証拠金計算例

取引手数料実際計算シルバー銀

例)SILVERの価格が25.943USDの時

オープン価格...25.943 USD
コントラクトサイズ...5000 oz
取引ロット数...0.01
レバレッジ...400倍

25.943USD×5000oz×0.01lot÷400=3.24USD

0.01ロットあたりの必要証拠金は日本円に換算して約351円になります。

より詳しい計算方法は、冒頭のバナー【CFDのレバレッジと証拠金計算方法】内で解説しているので、そちらを参考にしてください。

レバレッジなどが異なるのは何故?

XMのCFD各銘柄のレバレッジとコントラクトサイズは、顧客のリスク対策を考慮しながら決定していると推測されます。

恐らく考慮されているのがボラティリティ。

ボラティリティが高い銘柄はレバレッジを抑えられている傾向があります。

しかし、そうすると必要証拠金がどうしても高額になってしまうので、コントラクトサイズを各銘柄ごとに変えて、証拠金の金額が手頃な金額(~10万円以下)になるように調整していると思われます。

XM貴金属CFD スワップとスプレッド一覧

最後に紹介するのは、スワップ&スプレッドです。
スワップは、現物商品であるゴールドとシルバーにのみ発生します。

POINT

以前は貴金属CFDの金/銀なら、売りポジション(ショート)ではプラス、買いポジション(ロング)ではマイナスとなっていましたが、最近では金/銀も株式指数CFD現物銘柄と同様に、売りでも買いでもマイナススワップとなることが多いようです。

▼各銘柄のスワップ&平均スプレッド ※スプレッドの単位はpoint
シンボルスワップ平均スプレッド値動きの最小値
GOLD買い-8.53
売り-6.06
351USD
SILVER買い-1.22
売り-0.93
331USD
GOLD.
(ゼロ口座)
買い-8.53
売り-6.06
221USD
SILVER.
(ゼロ口座)
買い-1.22
売り-0.93
201USD
PLAT-期限先物(スワップなし)4250.1USD
PALL-期限先物(スワップなし)9470.1USD

※参考レートは2021年4月19日

最新のスワップ数値を知りたい場合は、以下から公式サイトをご確認ください。

貴金属CFDスワップ確認
公式サイトで毎日更新

貴金属CFDスワップ&スプレッド計算例

取引コストとして、スワップ&スプレッドを計算する際の計算例を記載しておきます。
以下からご確認ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
スワップ&スプレッド計算例

計算式は以下の通りです。

取引量 × スワップポイント × 保有日数 = ①保有コスト

取引量 × スプレッド × 値動きの最小値 = ②取引コスト

①保有コスト(スワップの計算例)

例1)ゴールドの売り1ロットを3日間持つとした場合

1ロット(取引量) × -6.06(スワップポイント) × 3日間=トータルのスワップポイント

計算すると-18.18USDになり、これを日本円換算した、約1,964円がスワップによる保有コストになります。

②取引コスト(スプレッドの計算例)

例2)パラジウムを買い1ロットでエントリーする場合

1ロット(取引量) × 947(スプレッドポイント) × 0.1USD(値動きの最小値)=スプレッド価格

計算すると94.7USDになり、これを日本円換算した、約10,233円がスプレッドによる取引コストになります。

注意

ゼロ口座では、上記のコストに加えて外付けの手数料がかかります。

GOLDの取引手数料:0.01×金のレート[USD]
SILVERの取引手数料:0.5×銀のレート[USD]

その日のレートが反映されるので、取引する前にレートを確認してください。

スワップとスプレッド計算に関する詳しい解説は、冒頭バナー内

で先述しています。

XM貴金属CFDを取引する時の注意点とまとめ

注意点とまとめ
  1. 貴金属CFDはボラティリティが大きい
  2. 様々な要因が金属価格に影響を与える
  3. 貴金属CFDは銘柄間の値動きにおける関連性が高い

近年、貴金属銘柄は一部銘柄の値上がりが続いており、XM内でも注目が集まっているジャンルです。
特に、パラジウムゴールドは希少価値に加えて、投資需要により一気に値上がりする可能性もあります。

また、プラチナは長らく価格低迷が続いていましたが、環境問題の観点から今後値上がりするかもしれないという見方も。
シルバーは、ゴールドの値動きとの関連性も高く、タイミングをずらしてゴールドと同様の値動きを見せる点も貴金属をトレードするなら知っておくべき知識でしょう。

流れに逆らわず、トレンド順張り手法が最も効果的と思われますが、2020年以降は政策金利や米ドルとの関連性以外にもさまざまな状況が貴金属価格に大きな影響を与えています。
より深い押し目を形成することもあり、ハイレバレッジ取引をするなら短期決済で手堅く利益を確定させて利益を積み上げるのが得策と思われます。

最新の貴金属CFD情報は、公式サイトからご確認ください。

貴金属CFDをチェック
XM公式サイトへ

XMエネルギーCFD(WTI原油・ブレントなど)

XMのエネルギー関連銘柄は全部で5種類あり、全て先物商品です。

それでは、エネルギーCFDの詳細をみていきましょう。

XMエネルギーCFD 全銘柄紹介

エネルギーCFDイメージ

まずは、XMで扱うエネルギーCFD銘柄の一覧を表示します。

XM内では、各銘柄にXM独自のシンボル表記を当てはめているので、銘柄の通称と混同しないようご注意ください。

▼XMのエネルギーCFD一覧
銘柄名シンボル表記取引可能Lot数先物か現物か
WTI原油
US原油
OIL-期限1~400先物
WTI原油
US原油ミニ
OILMn-期限1~4000先物
BRENT原油
UK原油
BRENT-期限1~400先物
ロンドン軽油GSOIL-期限1~500先物
天然ガスNGAS-期限1~300先物

各エネルギー銘柄の特徴

補足として、各エネルギー銘柄の特徴をまとめました。
同じ原油でも産油地のちがう商品があるのでご注意ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
各エネルギー銘柄の特徴
▼各エネルギー銘柄の特徴
銘柄名各銘柄の特徴
WTI原油アメリカ西テキサス周辺で算出する石油の総称。世界の原油価格のベンチマーク的な存在。シェール革命直後は低迷が続いていたが、最近は1バレル50$~60$近辺で値は安定している。
WTI原油ミニWTI原油を小ロットで取引できる銘柄。最低必要証拠金はWTI原油の10分の1。
BRENT原油イギリスの北海近辺で算出される原油の総称。ブレンドではなく、BRENT(ブレント)。海上油田で輸送コストが比較的安く済むので、価格はWTI原油よりもやや高め。
ロンドン軽油ディーゼル車の燃料となる軽油。だが近年、VW社のディーゼル車不正によってディーゼル車離れがおきており、値動きが読みづらい。主にロンドンで取引されるのでロンドン軽油と言われる。
天然ガス天然ガスの産出量の圧倒的一位はロシア。ヨーロッパや中東にパイプラインによって輸出されている。そのため政治的な理由で、値動きが左右されることもあるので注意。

XMエネルギーCFD 取引時間

エネルギー銘柄の取引時間は次の通りです。
平日のほぼ24時間取引できますが、銘柄によって毎日1~3時間のメンテナンス時間があります。
その間は取引できないのでご注意ください。

▼各銘柄の通常取引時間(日本時間表示)
銘柄名
/シンボル
取引時間備考
WTI原油
OIL-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:10~月8:05まで休み
WTI原油ミニ
OILMn-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:10~月8:05まで休み
BRENT原油
BRENT-期限
月10:05~土6:10火~金7:55~10:05はメンテナンス
土6:10~月10:05まで休み
ロンドン軽油
GSOIL-期限
月10:05~土6:10火~金6:55~10:05はメンテナンス
土6:10~月10:05まで休み
天然ガス
NGAS-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05はメンテナンス
土6:10~月8:05まで休み
女性講師2

夏時間中は取引時間がそれぞれ1時間早まりますのでご注意ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
夏時間(サマータイム)に注意

XMはヨーロッパ夏時間の影響を受けます。
また、エネルギーCFDはアメリカ夏時間の影響を受けます。

ヨーロッパ夏時間:3月最終日曜日~10月最終日曜日

アメリカ夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日

夏時間中は該当国の標準時間が1時間前倒しになるため、日本からするとこの期間の取引時間は1時間早まります。

たとえば

例)NGAS(天然ガス)の取引時間

通常時 月曜日8:05~土曜日6:10
夏時間 月曜日7:05~土曜日5:10
(※メンテナンス時間も同様に1時間前倒し)

夏時間に関する詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

年始やクリスマスなどの特別な日は、一部のCFD銘柄で取引時間が変更になることがあります。

XMでは月初に、取引時間の変更がある各銘柄について、「XMからのお知らせ」ページで取引時間の変更を告知していますので、そちらをチェックしてお間違えないようにしてください。

XMからのお知らせ
公式サイトへジャンプ

男性講師2

XMからのお知らせページは、取引時間からの変更の他、XMからの重要なニュースも掲載されますので、ブックマークをしておきましょう。

XMエネルギーCFD レバレッジ一覧と証拠金目安

それでは、次にレバレッジを見てみましょう。
レバレッジも各銘柄ごとに違います。

参考に、コントラクトサイズと1ロット取引に必要な証拠金も合わせて記載しています。
証拠金はあくまで目安で、記事執筆時の価格を参考にしています。(2021年4月)

▼各銘柄のレバレッジ(証拠金率)と証拠金目安
シンボルコントラクト
サイズ
最大レバレッジ(証拠金率)1ロットあたりの
証拠金目安
OIL-期限100 Barrels66.6倍(1.5%)10,382円
OILMn-期限10 Barrels66.6倍(1.5%)1,038円
BRENT-期限100 Barrels66.6倍(1.5%)10,977円
GSOIL-期限4 Tonnes33.3倍(3%)6,917円
NGAS-期限1000 MMBtu33.3倍(3%)8,864円

エネルギーCFD証拠金計算例

以下でエネルギーCFDの証拠金計算例を示します。
トレードの参考にご覧ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
レバレッジ(証拠金率)と証拠金目安

取引手数料実際計算gsoil

例)GSOILの価格が533.10USD/1Lotの時

オープン価格...533.10 USD
コントラクトサイズ...4 Tonnes
取引ロット数...1
証拠金率...3%

533.10USD×4Tonnes×1lot×0.03=63.94USD

1ロットあたりの必要証拠金は日本円に換算して約6,917円になります。

POINT

エネルギー市場は、投資のプロの占める割合の大きい市場です。
通常はもっと多額の証拠金が必要ですが、XMでは小額から参加できる取引環境を整えています。

より詳しい計算方法は、冒頭のバナー【CFDのレバレッジと証拠金計算方法】内で解説しているので、そちらを参考にしてください。

XMエネルギーCFD スプレッド一覧

最後に紹介するのはスプレッドです。
XMのエネルギーCFDは先物のためスワップがなく、スプレッドもかなり狭めになっています。

▼エネルギー銘柄スプレッド一覧※単位はpoint
シンボルスワップポイント平均スプレッド値動きの最小値
OIL-期限先物(スワップなし)41USD
OILMn-期限先物(スワップなし)40.1USD
BRENT-期限先物(スワップなし)51USD
GSOIL-期限先物(スワップなし)1800.04USD
NGAS-期限先物(スワップなし)411USD

※参考レートは2021年4月20日

エネルギーCFDスプレッド計算例

取引コストとして、スプレッドを計算する際の計算例を記載しておきます。
以下からご確認ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
エネルギーCFDのスプレッド計算例

計算式は以下の通りです。

取引量 × スプレッド × 値動きの最小値 = 取引コスト

取引コスト(スプレッドの計算例)

OILMn(WTI原油ミニ)を売り1ロットでエントリーする場合

1ロット(取引量) × 4(スプレッドポイント) × 値動きの最小値=スプレッド価格

OILMnの値動きの最小値は0.1USDです。

計算すると0.4USDになり、これを日本円換算した、約43円がスプレッドによる取引コストになります。

スプレッドに関する詳しい解説は、冒頭バナー【CFDのスプレッドコスト計算方法】内で先述しています。

XMエネルギーCFDを取引する時の注意点とまとめ

注意点とまとめ
  1. エネルギーCFDの売買トレンドは少々読みづらい
  2. 全体的なスプレッドの狭さは魅力
  3. 先物の決済日付近は急激な値動きに注意

XMのエネルギーCFD銘柄の価格変動は、投資需要によって左右されることが多く、なかなか売買トレンドが読みづらい面があります。

しかし、スプレッドの狭さやスワップが発生しないという面では、比較的有利な商品です。

そのため取引コストをそれほど気にする必要はないのですが、先物の決済日付近は値が大きく動くことが多いので、この点は注意が必要です。(原油価格が0ドルを割った2020年3月も原油先物の1カ月物の期限日付近でした。)

また、XMの原油CFD銘柄は1カ月限月の商品ですので、決済日となる月の中旬付近に取引する場合は、細心の注意を払うことをお勧めします。

最新のエネルギーCFD情報は、公式サイトからご確認ください。

エネルギーCFDをチェック
XM公式サイトへ

XMコモディティCFD(小麦・コーンなど)

XMのコモディティ関連銘柄は全部で8種類あり、全て先物商品です。

それでは、コモディティCFDの詳細をみていきましょう。

XMコモディティCFD 全銘柄紹介

コモディティCFDイメージ

まずは、XMで扱うコモディティCFD銘柄の一覧を表示します。

XM内では、各銘柄にXM独自のシンボル表記を当てはめているので、銘柄の通称と混同しないようご注意ください。

▼XMのコモディティCFD一覧
銘柄名シンボル表記取引可能Lot数先物か現物か
ココアCOCOA-期限1~500先物
コーヒーCOFFE-期限1~80先物
コーンCORN-期限1~500先物
コットン
綿花
COTTO-期限1~100先物
ハイグレード
カッパー(銅)
HGCOP-期限1~200先物
大豆SBEAN-期限1~250先物
砂糖SUGAR-期限1~500先物
小麦WHEAT-期限1~500先物
男性講師2

コモディティCFDはすべて先物なので、決済期限(限月)があります。
決済期限は不定期で、2か月先の場合もあれば6ヶ月先の場合もあるので、エントリーする際はしっかり確認しましょう。

各コモディティ銘柄の特徴

補足として、各コモディティ銘柄の特徴をまとめました。
コモディティ商品の大部分は農作物ですので、天候不順や作付け具合に左右される銘柄が多くあります。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
各コモディティ銘柄の特徴
▼各コモディティ銘柄の特徴
銘柄名各銘柄の特徴
ココアチョコレートの原材料となるカカオ豆の先物商品。原産地はアフリカ、中南米に限定される。
コーヒー指標となるのはアラビカ種のニューヨーク先物。主原産国はブラジル。ブラジルの天候や収穫高によって値が動きやすい。
コーンアメリカ中西部はコーンベルトとも呼ばれる大穀倉地帯。そのため、米中西部の洪水や干ばつが起きた場合、不作が予想され値が敏感に反応する。
コットン
(綿花)
服飾品の原材料になるコットン(綿花)。綿花は世界各地で生産されるが、ニューヨーク商品取引所で取引される価格がベンチマークとなる。
HGカッパー銅業者によっては貴金属に分類されることも。ただ、工業製品として広く利用され、生産量、消費量ともに多いことから鉄などと同等に扱われる。カッパーは英語で銅の意味。
大豆消費穀物として、小麦に次いで多い大豆。主食用よりも飼料用として消費される割合が多い。主産国は米国、ブラジル、カナダ、中国。
砂糖砂糖は、サトウキビやビートなどから精製されますが、砂糖価格として一般認識されるのはサトウキビから精製される粗糖11号の価格。NYで主に取引される。
小麦世界で最も生産量、消費量の多い穀物。最大の生産国は中国。生産調整や増産を意図的に行いやすく、価格のトレンドは必ずしも天候に左右されない。

XMコモディティCFD 取引時間

コモディティ銘柄の取引時間は次の通りです。
コモディティ銘柄は24時間取引ではなく、欧米時間の夜中には市場はクローズしています。
その間は取引できないのでご注意ください。

▼各銘柄の通常取引時間(日本時間表示)
銘柄名
/シンボル
取引時間備考
ココア
COCOA-期限
月18:50~土3:25火~金3:25~18:50,
土3:25~月18:50はクローズ
コーヒー
COFFE-期限
月18:20~土3:25火~金3:25~18:20,
土3:25~月18:20はクローズ
コーン
CORN-期限
月10:05~土4:10火~金22:40~23:35,4:10~10:05,
土4:10~月10:05はクローズ
コットン
COTTO-期限
月11:05~土4:15火~金4:15~11:05,
土4:15~月11:05はクローズ
HGカッパー銅
HGCOP-期限
月8:05~土6:10火~金6:55~8:05,
土6:10~月8:05はクローズ
大豆
SBEAN-期限
月10:05~土4:10火~金22:40~23:35,4:10~10:05,
土4:10~月10:05はクローズ
砂糖
SUGAR-期限
月17:35~土2:55火~金2:55~17:35,
土2:55~月17:35はクローズ
小麦
WHEAT-期限
月10:05~土4:10火~金22:40~23:35,4:10~10:05,
土4:10~月10:05はクローズ
女性講師2

夏時間中は取引時間がそれぞれ1時間早まりますのでご注意ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
夏時間(サマータイム)に注意

XMはヨーロッパ夏時間の影響を受けます。
また、コモディティCFDはアメリカ夏時間の影響を受けます。

ヨーロッパ夏時間:3月最終日曜日~10月最終日曜日

アメリカ夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日

夏時間中は該当国の標準時間が1時間前倒しになるため、日本からするとこの期間の取引時間は1時間早まります。

たとえば

例)CORN(コーン)の取引時間

通常時 月曜日10:05~土曜日4:10
夏時間 月曜日9:05~土曜日3:10
(※メンテナンス時間も同様に1時間前倒し)

夏時間に関する詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

年始やクリスマスなどの特別な日は、一部のCFD銘柄で取引時間が変更になることがあります。

XMでは月初に、取引時間の変更がある各銘柄について、「XMからのお知らせ」ページで取引時間の変更を告知していますので、そちらをチェックしてお間違えないようにしてください。

XMからのお知らせ
公式サイトへジャンプ

男性講師2

XMからのお知らせページは、取引時間からの変更の他、XMからの重要なニュースも掲載されますので、ブックマークをしておきましょう。

XMコモディティCFD レバレッジ一覧と証拠金目安

それでは、次にレバレッジを見てみましょう。
コモディティ銘柄のレバレッジはすべて同じですが、コントラクトサイズがそれぞれ違います。

参考に、コントラクトサイズと1ロット取引に必要な証拠金も合わせて記載しています。
証拠金はあくまで目安で、記事執筆時の価格を参考にしています。(2021年4月)

▼各銘柄のレバレッジ(証拠金率)と証拠金目安
シンボルコントラクト
サイズ
最大レバレッジ(証拠金率)1ロットあたりの
証拠金目安
COCOA-期限1 Metric Ton50倍(2%)5,379円
COFFE-期限10000 LBS50倍(2%)28,355円
CORN-期限400 Bushels50倍(2%)5,144円
COTTO-期限10000 LBS50倍(2%)18,489円
HGCOP-期限2000 LBS50倍(2%)18,595円
SBEAN-期限400 Bushels50倍(2%)12,668円
SUGAR-期限10000 LBS50倍(2%)3,518円
WHEAT-期限400 Bushels50倍(2%)5,661円

コモディティCFD証拠金計算例

以下でコモディティCFDの証拠金計算例を示します。
トレードの参考にご覧ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
コモディティCFD証拠金計算例

取引手数料実際計算sbean

例)SBEANの価格が14.6317USD/1Lotの時

オープン価格...14.6317 USD
コントラクトサイズ...400 Bushels
取引ロット数...1
証拠金率...2%

533.10USD×4Tonnes×1lot×0.03=63.94USD

1ロットあたりの必要証拠金は日本円に換算して約12,668円になります。

より詳しい計算方法は、冒頭のバナー【CFDのレバレッジと証拠金計算方法】内で解説しているので、そちらを参考にしてください。

XMコモディティCFD スプレッド一覧

最後に紹介するのはスプレッドです。
XMのコモディティCFDは先物のためスワップがなく、取引コストとして計算するのはスプレッドのみになります。

▼コモディティ銘柄のスワップ&スプレッド一覧※スプレッドの単位はpoint
シンボルスワップポイント平均スプレッド値動きの最小値
COCOA-期限先物(スワップなし)151USD
COFFE-期限先物(スワップなし)801USD
CORN-期限先物(スワップなし)2750.04USD
COTTO-期限先物(スワップなし)471USD
HGCOP-期限先物(スワップなし)870.2USD
SBEAN-期限先物(スワップなし)1850.04USD
SUGAR-期限先物(スワップなし)91USD
WHEAT-期限先物(スワップなし)2500.04USD

※参考レートは2021年4月20日

コモディティCFDスプレッド計算例

取引コストとして、スプレッドを計算する際の計算例を記載しておきます。
以下からご確認ください。

▼クリックすると開きます▼
▼タップすると開きます▼
各コモディティCFDのスプレッド

計算式は以下の通りです。

取引量 × スプレッド × 値動きの最小値 = 取引コスト

取引コスト(スプレッドの計算例)

WHEAT(小麦)を売り1ロットでエントリーする場合

1ロット(取引量) × 250(スプレッドポイント) × 0.04USD(値動きの最小値)=スプレッド価格

計算すると10USDになり、これを日本円換算した、約1,083円がスプレッドによる取引コストになります。

コモディティ銘柄は一見スプレッドが広めでも、1pointあたりの価値が低いために、実際はそれほど取引コストがかからない銘柄が多いです。

スプレッドに関する詳しい解説は、冒頭バナー【CFDのスプレッドコスト計算方法】内で先述しています。

XMコモディティCFDを取引する時の注意点とまとめ

注意点とまとめ
  1. XMのコモディティラインナップは業界トップ
  2. トレード前に銘柄に関する下調べを
  3. 農産物特有のリスクに注意

海外FX業者でコモディティ商品の扱いがあるところは非常に少なく、XMほど幅広く銘柄を取り揃えているのは珍しいです。
選択肢の多さはチャンスの多さでもあるので、有効に活用していきたいところです。

コモディティはそれぞれ取引における特徴が異なりますから、やみくもに挑戦していくのではなく、事前にきちんと下調べを行うことも大切です。
その銘柄の原産地や消費国がどこか、どういう用途で使用されているかなどを調べ、値動きに関わりそうな世界のニュースに敏感に反応しましょう。

また、農産物特有のリスクとしては、天候による作物の収穫量の変動や、政治的圧力からの輸出入制限による需給バランスの乱れなども挙げられます。

最新のコモディティCFD情報は、公式サイトからご確認ください。

コモディティCFDを確認
XM公式サイトへ

XMのMT4でCFDの取引手順

ここからは、実際にCFD銘柄を取引する手順として、XMでの口座開設、プラットフォームのダウンロード、取引までの設定を解説します。

XMでCFD取引をする設定手順
  1. 口座開設
  2. MT4/MT5のダウンロード
  3. 取り引きしたい銘柄のチャート表示

XM口座開設

まずは、こちらのボタンから公式サイトに進んでください。

XMで口座開設
カンタン5分で開設

個人情報を記入したのちに、XMでは口座タイプの選択・口座基軸通貨の選択・レバレッジの選択をする必要があります。

POINT必要事項を記入し口座開設申請を出し、メール認証がされると、すぐにXMから口座開設完了のメールが届きます。
その後、WEB上で<現住所確認書類><写真付き身分証>の画像をXMにアップロードすると口座の有効化がされ、取引可能になります。

CFD用の口座開設をする時の注意点

  • 口座タイプの選択:GOLD/SILVER以外のCFD商品は、ZERO口座スプレッドの提供がないのでご注意ください。(ZERO口座を用いても通常スプレッドでの取引となります)
  • 基軸通貨の選択:基軸通貨はJPY(日本円)かUSD(米ドル)を選ぶのが良いでしょう。
  • レバレッジの選択:888倍を選択しても、各銘柄の最大レバレッジでの取引となります。

XMのMT4/MT5のダウンロード

口座開設が完了したら、続いてXMのMT4もしくはMT5をダウンロードをしましょう。

以下のリンクからMT4/MT5のダウンロードページへ飛べます。

MT4ダウンロードページへ
XM公式サイトからDL

手順
MT4/MT5を使用端末に応じて選択

ダウンロードページには、PC(Windows)、Mac、スマートフォン、タブレット各種それぞれのMT4/MT5が準備されています。
ご自身のご利用になる端末に応じて選択してください。

MT4MT5ダウンロードページ

手順
ダウンロードボタンをクリック

ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。

MT4MT5ダウンロード選択画面

POINT

MT4/MT5は通貨ペアやCFD商品を扱う取引プラットホームです。
MT4は既に開発終了宣言が出されたものの、現時点での主流はMT4で、安定性もこちらの方が高いとされています。
MT5はMT4の後継版で、今後もアップデートが行われていく予定です。
基本的な使い方はMT4/MT5ともに同じです。

手順
ログイン

MT4/MT5のインストール完了後にMT4/MT5を立ち上げると、ログインIDとサーバー名を求められます。

ログインIDとサーバー名は、XMから届いた口座開設完了メールに記載されているので、そちらを確認してログインしましょう。

MT4MT5ログイン画面

女性講師2

スマホの場合は、【新規口座開設】→【既存のアカウントにログイン】で、IDとサーバー、パスワードを設定すればログインできます。

取り引きしたい銘柄のチャートを表示させる

MT4の初期デフォルト状態では、多くのCFD銘柄名が表示されていません。
CFD取引を行うには、すべての銘柄を表示させる設定をする必要があります。

手順
気配値欄を表示させる

まずは画面左上に注目です。
メニューバーの中にある気配値ボタンをクリックします。

MT4メニューバー気配値

手順
すべての銘柄を表示

すると画面左側に各通貨ペアと取引商品のリストが現れます。
この箇所が気配値欄です。

MT4画面左の「気配値」枠上で右クリック→「すべてを表示」を選択します。

MT4気配値上ですべてを表示

手順
取り引きしたい銘柄のチャートを表示

取引したい銘柄のチャートを表示させましょう。
気配値欄の中から、取引したい銘柄上で右クリック→「チャートを表示」を選択します。

MT4取引したい銘柄上でチャートを表示

男性講師2

表示されるチャートは、デフォルトではバーチャートになっています。
時間足やチャートは好みに応じてアレンジできるので、ご自身にとって一番使いやすいものにセッティングしてみてください。

また、以下の記事では詳しい設定方法を解説をしていますので参考にしてください。

手順
オーダーの発注画面を表示

チャート上で右クリックすると、メニューから「注文発注」→「新規注文」でオーダーの発注画面が開きます。

MT4オーダー発注画面表示方法

オーダーの発注画面詳細

オーダー画面では「数量」「注文種別」を選び、「注文」ボタンをクリックすることで成行注文できます。

MT4PLATプラチナオーダー発注画面
  1. 画面左:現在価格のティックチャート
  2. 通貨ペア:取引したい銘柄を選択(必須)
  3. 数量:売買するロット数の入力(必須)
  4. 決済逆指値:損切りする価格
  5. 決済指値:利益確定したい価格
  6. コメント:メモなどができます
  7. 注文種別:「成行注文」か「指値注文」を選択(必須)
  8. 注文ボタン:売りか買いを選んでクリックして注文完了(必須)

MT4PLATプラチナオーダー発注画面mobile

  1. 取引したい銘柄を選択(必須)
  2. 注文方法の選択(必須)
  3. 売買するロット数の選択(必須)
  4. ストップロス(損切りする価格)を設定
  5. テイクプロフィット(利益確定したい価格)を設定
  6. 現在価格
  7. Sell(売り注文)かBuy(買い注文)かを選択(必須)
  8. 現在価格のティックチャート

CFDを取引できない原因と対処法(FAQ)

最後にXMのCFD取引時によくあるトラブルの対処法を解説します。

CFDのチャートが止まっている

CFDのチャートを見たら動いてない!どうしたらいい?

他の銘柄が動いているのに、特定のCFD銘柄だけ動いていない場合は取引時間外であることが考えられます。
取引時間を確認しましょう。

CFD銘柄には、それぞれ取引時間が設定されています。
取引時間になればチャートは動き出しますので安心してください。

各CFD銘柄の取引時間は、以下の記事内リンクからご確認ください。

アップデート待機中と表示されたまま動かない

CFDのチャートを立ち上げようとしたら、ずっとアップデート待機中のまま動かない!

「アップデート待機中」は、コマンド処理中の場合と、限月が過ぎてしまった場合に表示されます。
まずは、先物の決済スケジュールを確認しましょう。

アップデート待機中

しばらく待っても動かない場合は、CFD銘柄の限月が過ぎてしまった可能性があります。

先物CFD銘柄は、決済期限が決まっており、その期限が過ぎてしまった場合は、チャートは表示されず、「アップデート待機中」とずっと表示されたままになります。

その場合は、表示したいCFD銘柄の決済期限が過ぎていないかどうかを確認しましょう。

先物の満期日がわからない

先物のポジションを保有しているので、具体的に何月何日に満期になるか知りたい。

XM公式サイトで先物のスケジュールは公開されてます。
XM公式サイトで確認しましょう。

先物CFD銘柄の満期日は、公式サイトの取引商品の【先物カレンダー】で公開されています。

しかし、商品の発売当初は具体的な満期日は決まっていないことが多く、その場合はスケジュールが決定するのを待つ必要があります。

先物決済スケジュール
XM公式サイトで毎日更新

決済期限の確認方法は【決済期限(限月)】のバナー内で解説しています。

配当がいつもらえるか確認したい

株式指数の現物のポジションを保有しているので、配当金がいつもらえるのか知りたい。

配当金のスケジュールはXM公式サイトで公開されています。
XM公式サイトで確認しましょう。

XMの株価指数CFD(現物)では配当金があり、そのスケジュールはXM公式サイトの取引商品【株式指数】の指数配当金の欄に掲載されています。

ちなみに、買いポジションの場合は給付されますが、売りポジションの場合は徴収されますのでご注意ください。

XM配当金スケジュール
毎週月曜日更新

POINT

1週間よりも先の配当金スケジュールについてXMサポートに問い合わせたところ、リクイディティプロバイダーから提示されるのが1週間前なので、そこから先のスケジュールについてはXMでは把握できないということでした。

配当金の確認方法は【XM株式指数CFD・配当金】で解説しています。

小ロットの注文ができない

小ロットでエントリーしようとしたら、注文できない!

CFD銘柄の中には小数点以下のロットで取引できない銘柄があります。
最小ロットを確認しましょう。

CFD各銘柄によって、最小ロットは異なります。
たとえば、ゴールドは0.01ロットの注文はできますが、その他多くのCFD銘柄は1ロット未満での注文を受け付けていません。

各銘柄の最小ロットは、XM公式サイトの取引商品【最小/最大取引サイズ】欄で確認できます。

<最小ロットの確認方法>

XM公式サイトの「取引商品」の条件内で最小ロットは確認できます。
見たい銘柄のジャンルを選ぶと、最初の取引条件の一覧の中に記載されています。

CFD最小ロット確認

CFD銘柄が気配値欄で見つからない

気配値欄の中で、取引するCFD銘柄が見つからない!

気配値欄の中で見つからないのは、すでにチャートが表示されているか、まだ表示されていない可能性があります。
気配値欄で「すべてを表示」を実行しましょう。

取引したいCFD銘柄が気配値の中で見つからない場合は、「すべてを表示」を実行すれば表示されるようになります。

<隠れているCFD銘柄の表示方法>

カーソルを気配値欄上に持っていき、右クリックメニューから「すべてを表示」を選択すれば、表示されます。

mt4すべて表示手順

XMのCFDについて思うこと

著者コメント_凪

XMのCFDの取引条件は他社と比較してどう?

この記事は、個人的にXMのCFDの取引条件をまとめたかったという動機で書き始めましたが、なかなかの長文記事になってしまいましたね。

CFD銘柄を一個ずつ取引条件をまとめられたのは良かったのですが、総文字数はなんと3万字。

R部内でも最長の記事となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

文字数が長くなりすぎると、読むほうも大変なので他社との比較までは載せていませんが、XMのどの銘柄の取引条件も他社と同等か、他社よりも良い条件を提供してくれているので、その辺は安心してもよいポイントです。

注意すべきは取引時間

CFD銘柄の特徴として、取引時間が銘柄によってかなり違うというポイントは抑えておいた方が良いと思います。

取引時間が始まらないと、チャートは止まったままですし、注文も発注できません。

ポジションを持ちっぱなしの場合、決済注文ができないので、その点は十分に注意するべきでしょう。

CFDを取引する際は、十分な資金を入金した上で、資金管理をしっかりするようにしてくださいね。