XM-ウェブトレーダー-TOP

XMウェブトレーダー(WebTrader)とは、MT4/MT5をPCにインストールすることなく、Webブラウザ上で利用できる取引プラットフォームのことです。

また、デモ口座にもログインが可能で、使い方もMetaTraderとほとんど変わらず、ワンクリック取引など簡単に行える便利な取引ツールとなっています。

しかもXMウェブトレーダーは、Google ChromeなどWebブラウザで動作させるため、Macでも文字化けを気にせず取引きが可能です。

XMウェブトレーダー(WebTrader)へのアクセスはこちら

XMの「ログインID」「パスワード」があれば誰でも簡単にアクセスできます。
※口座開設時に選択したプラットフォームにアクセスしてください。

XMウェブトレーダー(MT4/MT5)とダウンロード版との違い

まずは、XMウェブトレーダー(Web版)とタウンロード版MT4/MT5との違いを見ていきましょう。

項目ウェブトレーダーダウンロード版
タウンロード不要必要
文字化けしないMacであり
自動売買不可可能
インジケーター31種類MT4)51種類
MT5)97種類
カスタムインジケーター導入不可可能
自動売買不可

XMウェブトレーダーは、ダウンロード版に比べると使える機能が少ないですが、裁量取引をされる方ならどちらを使っても大差はありません。

▼ダウンロード版のXMのMT4ダウンロードから取引開始までの手順は以下の記事で解説しています。

ダウンロード不要 インストールしなくてもMT4が使える

XMウェブトレーダー(WebTrader)の特徴は、ダウンロード不要でMetaTrader(MT4/MT5)をインストールしなくてもMT4/MT5が使えるということです。

インストールが不要となるので、ダウンロード版MT4/MT5と比較すると使える機能は少ないですが、PC上でMT4/MT5を起動する必要がないため、低スペックのPCでも取引が可能です。

また、外部からのPC(ネットカフェなど)からでも、XMウェブトレーダーにアクセスして取引をすることも可能となっています。

XMウェブトレーダーはMacでも文字化けしない

XMウェブトレーダー(WebTrader)は、OSに関係なく利用可能です。

ダウンロード版MT4/MT5は特定のハードウェア(Windows等)を対象に開発されており、WindowsやMac以外のOSには基本的に対応していません。

また、Mac版のMetaTrader(MT4/MT5)は、言語設定を日本語にすると文字化けが発生してしまいますが、XMウェブトレーダー(WebTrader)は、Macでも文字化けしません。

女性講師

MacのPCでトレードしようと思っている方はXMウェブトレーダー(Web版)を検討してみるのもいいかもしれませんね。


XM MT4ウェブトレーダーへのログイン方法

XM MT4ウェブトレーダーへのログインまでの流れ
  1. XM公式サイトからMT4ウェブトレーダーへアクセス
  2. MT4ウェブトレーダーへログイン

手順1.XM公式サイトからMT4ウェブトレーダーへアクセス

MT4で口座を開いた方は赤色のボタン、MT5の方は緑色のボタンよりウェブトレーダーにアクセスしてください。

XM公式サイトのMT4 WebTraderの画面に移行するので「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリックします。

XM-MT4ウェブトレーダーにアクセス

手順2.MT4ウェブトレーダーへログイン

以下のようなログイン画面が表示されるので、口座開設した際に登録した情報を入力しログインします。
※「口座番号」「サーバー名」は、口座開設時に送られてくるメールに記載されています。

  • ログインを入力:MT4/MT5の口座番号を入力
  • パスワード:口座開設時に設定したパスワードを入力
  • サーバー:サーバーをリストより選択

ログイン情報が正しく入力されていれば、以下のように口座番号とサーバー名が表示されます。

XM-MT4ウェブトレーダー-確認

以上でXMウェブトレーダー(WebTrader)へのログインは完了です。

口座番号とサーバーがわからない場合

口座番号とサーバー名は、口座開設時に登録したメールアドレスに送られてきている「XM Tradingへようこそ」で確認できます。

XM-ウェブトレーダー-メールの確認

ログインパスワードを忘れた場合

ログインパスワードを忘れた場合、XMへ問い合わせても、セキュリティ上の理由から開示されることはないので、自分でパスワードをリセットして再設定する必要があります。

パスワードのリセットは、会員ページのログイン画面下にある「パスワードをお忘れですか?」のリンクから行えます。
パスワードのリセット&再設定の手順は、以下を参考にしてください。

▼タップで開きます▼
▼クリックで開きます▼
XMパスワードリセット&再設定方法

1.会員ページのログイン画面下の「パスワードをお忘れですか?」をクリック

XMパスワード忘れ1

2.MT4/MT5のIDと登録メールアドレスを入力

パスワード忘れ2

3.XMにパスワードリセットの依頼を提出

XMパスワード忘れ3

4.XMから再設定用のリンクが貼られたメールが届くので、そのリンクへアクセス

パスワード忘れ4

5.パスワードの再設定画面で新しいパスワードとMT4/MT5のIDを入力し送信

パスワード忘れ5

6.パスワードの変更通知画面が表示されれば変更完了

パスワード忘れ6

MT4/MT5の新しいパスワードは、変更直後からすぐに使用可能です。

▼XM会員ページやMT4口座へのログイン方法・できない場合の対処法などは以下の記事で解説しています。

XM MT4ウェブトレーダーの基本的な設定手順と注意点

XM MT4WebTraderを日本語表記にする方法

XM MT4ウェブトレーダーの言語の初期設定は英語表記になっています。

日本語表記にする方法は、「View」「Languages」と進み「Japanese」をクリックします。

XM-MT4ウェブトレーダー-日本語表記にする

以下の画面が表示され「Restart」をクリックするとMT4ウェブトレーダーの再起動した後に、日本語表記になります。

XM-MT4ウェブトレーダー-言語変更

※言語の変更は、クライアント端末を再起動した後に有効になります。

以上でXM MT4ウェブトレーダーを日本語表記にする方法は完了です。

通貨ペアを追加する方法

XM MT4ウェブトレーダーに表示される通貨ペアは、XMの口座タイプでそれぞれ違いがあります。

XMマイクロ口座

XM-MT4ウェブトレーダー-マイクロ口座

XMゼロ口座

XM-MT4ウェブトレーダー-ゼロ口座

XM MT4ウェブトレーダーは、ダウンロード版MT4/MT5と同じく各口座ごとに専用の通貨がきまっており、専用の通貨を選択しないと取引することができなくなっています。

XM MT4ウェブトレーダーの通貨ペアは口座タイプごとに表示か異なる
  • XMスタンダード口座:基本間違える事はない(マイクロ・ゼロ口座の通貨ペアは表示されないため)
  • XMマイクロ口座:通貨ペアの後ろに「micro」と付いた通貨ペアを選択
  • XMゼロ口座:通貨ペアの後ろに「.」の付いた通貨ペアを選択

XMのスタンダード口座では間違えることはありませんが、マイクロ口座とゼロ口座はスタンダード口座専用の通貨ペアも表示されるので注意が必要になります。

男性講師

マイクロ口座では「micro」ゼロ口座では「.」の付いた通貨ペアを選ぶようにしましょう。

▼XMの口座タイプの比較や特徴は、以下の記事で解説しています。

MT4ウェブトレーダーに通貨ペアを追加する手順

取引したい通貨ペアを、気配値の通貨ペア欄に追加します。

追加する方法は「$」のマークをクリックすると通貨ペアの一覧が表示されます。

XM-MT4ウェブトレーダー-セットアップ

基本的に追加したい通貨ペアの追加は「通貨ペア」から行います。
今回はマイクロ口座にドル円(USDJPY)を追加してみます。

通貨ペアの一覧から「Forex 2 Mic」の左側にある「+」をクリックします。

XM-MT4ウェブトレーダー-通貨ペアの追加

Forex2にあるマイクロ口座専用の通貨ペアの一覧が表示されるので、追加したい通貨ペアをダブルクリックまたは画面右上の「表示」をクリックします。

XM-MT4ウェブトレーダー-通貨ペアを追加する

すると、通貨ペアの左側にある「$」のマークが黄色になります。

これで先ほどの画面に戻ると、以下のように気配値の通貨ペアに追加されています。

XM-MT4ウェブトレーダー-通貨ペアの追加・確認

以上で通貨ペアの追加は完了です。

女性講師

スタンダード口座では基本的に通貨ペアを間違えることはありませんが、マイクロ口座では「micro」、ゼロ口座では「.」の付いた通貨ペアを選ぶようにしましょう。

ワンクリック取引をする方法

続いてXM MT4ウェブトレーダーでワンクリック取引をする方法をご紹介します。
先ほど追加した通貨ペア(USDJPYmicro)でやってみましょう。

まず追加した通貨ペアをチャート画面に表示させます。
気配値表示の通貨ペアからチャート表示させたい通貨ペアを右クリックして「チャート表示」をクリックし、チャート画面を表示させます。

XM-MT4ウェブトレーダー-チャート表示

次にチャート画面の左上のワンクリック取引ボタンからロット数を入力して、SELLまたはBUYをクリックすると成行注文が入ります。

※初めてワンクリック取引を行う際に、利用規約に同意する必要があります。

チャート画面の左上のワンクリック取引ボタンまたは、メニューの「オプション」➡「ワンクリック取引」をクリックすると以下の画面が表示されます。

XM-MT4ウェブトレーダー-ワンクリック取引

利用規約を確認して同意するにチェックを入れたら「YES」をクリックします。

以上でワンクリック取引の設定は完了です。

ワンクリック取引の注文方法は、ロット数を入力して、売りの場合は左側の「SELL」を、買いの場合は右側の「BUY」をクリックすると成行注文が入ります。

XM-MT4ウェブトレーダー-ワンクリック取引する方法

ワンクリック取引の決済は、決済したいポジションの右端の「×」をクリックすると決済完了です。

XM-MT4ウェブトレーダー-ワンクリック取引、決済方法

以上でワンクリック取引の決済は完了です。

ワンクリック取引ボタンが表示されていない場合

チャート上で右クリック➡「ワンクリック取引」をクリックするとチャート画面の左上にワンクリック取引ボタンが表示されます。

XM-MT4ウェブトレーダー-ワンクリック取引の表示方法

XM MT4ウェブトレーダーを使う際の注意点

XM MT4ウェブトレーダーを使用する際の注意点
  • XMウェブトレーダーはインジケーターの種類が少ない
  • XMウェブトレーダーではEAによる自動売買は利用不可
  • XMウェブトレーダーではカスタムインジケーターの導入ができない

XM MT4ウェブトレーダーは、インストールが不要な分、MT4/MT5と比べると備わっているインジゲーターの種類が少ないです。

また、EAによる自動売買の稼働ができなかったり、ネット上で入手したカスタムインジケータを導入できないなど、いくつか機能が制限されるので注意が必要です。

▼ダウンロード版MT4のEA設定や導入方法は、以下の記事で解説しています。

XM MT4ウェブトレーダーはこういう時に活用しよう

MacのPCでどうしても取引がしたい場合

Mac版のMetaTrader(MT4/MT5)の場合、言語が英語のままだと文字化けしないのですが、言語設定を日本語にすると文字化けして取引に支障をきたす可能性があります。

しかし、XMウェブトレーダー(WebTrader)は、MacのPCで言語設定を日本語表記にしても文字化けはありません。どうしてもMacを使って日本語表記で取引したい方は、ウェブトレーダーを活用しましょう。

PCにMT4をダウンロードしたくないけど、トレードしたい場合

自分のパソコン以外(ネットカフェなど)で、トレードをしたいけどPCにMT4/MT5をダウンロードしたくない場合は、XMウェブトレーダーを活用しましょう。

XMウェブトレーダーは、ネット環境のあるPCがあれば、いつでもどこでもウェブトレーダーへアクセスして取引可能です。

ただしXMウェブトレーダーは、スマホやタブレットには対応していないので注意しましょう。

スマホで取引をしたい場合はスマホ用のアプリをダウンロードしてください。

▼スマホ版MT4/MT5の使い方は、以下の記事で解説しています。

複数のチャート画面の同時表示を手軽にやりたい場合

ダウンロード版MT4/MT5は、複数のアカウントでチャート画面を開くには、開きたいチャートの数だけMT4をダウンロードする必要があります。

ウェブトレーダーの場合、ダウンロードする手間もかからず、簡単に複数のアカウントでチャート画面を開く事が可能です。

複数のチャート画面を同時表示させる方法

まずは以下のボタンよりMT4/MT5ウェブトレーダーにアクセスしてログインします。

口座情報を入力してXMウェブトレーダーへログインすると以下の画面になります。

XM-MT4ウェブトレーダー-複数表示

次に新しいタブを開き、XM MT4 WebTraderウェブトレーダーのURLをコーピー&ペーストします。
ログイン情報を入力してログインします。(パスワードを保存しているとMT4 WebTraderへログインされた状態で開きます。)

XM-MT4ウェブトレーダー-複数表示

上記の方法で開きたいチャートの分だけ新しいダブでMT4 WebTraderを開きます。

次に先ほど追加したタグをドラッグして、別画面にブラウザを移動します。

XM-MT4ウェブトレーダー-別画面にする

以上でXM MT4ウェブトレーダーの複数チャート画面を同時表示させる方法は完了です。

ダウンロード版MT4/MT5に不具合が出た時

ダウンロード版のMT4/MT5に不具合が出て、突然取引ができない場合、緊急避難的にXMウェブトレーダーを立ち上げ取引することをおすすめします。

同じログインIDでログインすれば、ダウンロード版のMT4/MT5で取引していたポジションも同期されていて、すぐに取引することができます。

MT4/MT5ウェブトレーダーは、ダウンロード版のMT4/MT5と情報が共有されているので、ダウンロード版MT4で注文し、MT4ウェブトレーダーで決済させるということも可能です。

▼ダウンロード版MT4の使い方は、以下の記事で解説しています。

XMのWebTraderのFAQ

XMウェブトレーダーへのログインはどこからすればいいの?

XMウェブトレーダーへのログインはどこからすればいいの?
XMウェブトレーダーへのログインはXM公式サイトより行えます。

XMの公式サイトのメニューの「プラットフォーム」を選択して「MT4 WebTrader」をクリックします。

XM-MT4ウェブトレーダーへのログイン方法は?

MT4 WebTraderの画面の「MT4 WEBTRADERへアクセス」よりログインが行えます。

XM-MT4ウェブトレーダー-ウェブトレーダーへアクセスする

XMウェブトレーダーの口座にログインできません

XMウェブトレーダーの口座にログインできません
ログインID、パスワード、サーバー名、取引プラットフォームが間違っていないか確認してください。

「ログインID」「パスワード」「サーバー名」「取引プラットフォーム」のいずれか1つでも間違っているとXMウェブトレーダーの取引口座へはログインできません。

まずはウェブトレーダーへアクセスするプラットフォームを確認してください。
MT4プラットフォームならMT4 WEBTRADERへアクセス、MT5プラットフォームならMT5 WEBTRADERからアクセスします。

プラットフォームなどの口座情報は、口座開設時にXMから送られてくるメール「XMTradingへようこそ」で確認できます。

XM-MT4ウェブトレーダー-FAQ口座情報

メールには、MT4/MT5の口座番号、取引プラットフォーム、サーバー名が記載されているので、確認しながらログイン情報を入力していきましょう。

  • ログインを入力:口座番号を入力
  • パスワード:口座開設時に設定したパスワードを入力
  • サーバー:サーバーをリストから選択

入力が終わったら「YES」をクリックするとXMウェブトレーダーへログインできます。

XMウェブトレーダーを日本語表記にするにはどうすればいいの?

XMウェブトレーダーを日本語表記にするにはどうすればいいの?
メニューの「View」➡「Languages」➡「Japanese」を選択して、クライアント端末を再起動すると日本語表記になります。

XMウェブトレーダーの言語の変更はメニューの「View」➡「Languages」➡「Japanese」を選択します。

XM-MT4ウェブトレーダー-FAQ言語変更

するとRestartの画面が出てくるので「Restart」をクリックするとMT4ウェブトレーダーの再起動した後に、日本語表記になります。

XMウェブトレーダーのチャート画面を複数表示させたいけど、どうすればいいの?

XMウェブトレーダーのチャート画面を複数表示させたいけど、どうすればいいの?
新しいタブブラウザを開き、XM MT4 WebTraderのURLをコーピー&ペーストするとチャート画面を同時に複数表示させることができます。

XMウェブトレーダーのチャート画面は1アカウントにつき1画面(タブの切り替えは可能)しか表示できません。

そのため、複数画面を同時に表示するには新しいタブでブラウザを開き、そこからウェブトレーダーへアクセスすれば簡単に同時に表示できるようになります。

XM-MT4ウェブトレーダー-複数表示

※パスワードを保存しているとログインした状態でWebTraderが開きます。

あとはタブをドラッグしてウィンドウ外に持って行くと、別ウィンドウが開くので、開きたいチャートの分だけ繰り返し行いましょう。

XMウェブトレーダーはWindowsやMac以外のOSにも対応していますか?

XMウェブトレーダーはWindowsやMac以外のOSにも対応していますか?
XMウェブトレーダーは、ブラウザ版なのでOSを選ばす、WindowsとMacを含むさまざまなOSに対応しています。

XMウェブトレーダーは、インストール不要でネット環境があるPCがあれば、ウェブでアクセスして取引が可能です。

また、ブラウザ上で動作を行うのでOSを選ばす、WindowsやMac以外でも利用することができます。
ブラウザもPCのデフォルト設定になっているSafariやInternet Explorerに対応しているで、新しくブラウザを入れる必要もありません。

ダウンロード版のMT4/MT5を使えないOSや、文字化けしてしまうMac利用者の方は、一度XMウェブトレーダーを利用してみてはいかかでしょうか?

女性講師

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回の記事もあなたのお役に立てたなら幸いです。
それでは、また他の記事でお会いしましょう。