XM-ライセンスTOP

海外FX業者に自分の大切な資金を預けるのに不安を感じる人も少なくないと思います。

この記事では、日本人の投資家からも高い評価と人気を得ているXMの金融ライセンスについて解説していきます。

XMに預けた証拠金がどのように管理され、万が一XMが倒産した場合、預けていた証拠金はどうなるのか?

資金の安全性、XMの信託保全について紹介していきます。

XMの金融ライセンス

XM本社(xm.com)の運営母体はキプロス籍の「Trading Point Holdings Ltd」で、世界各国に会社を設立し、日本人向けのXMTradingでは下記のライセンスを取得しています。

法人名所在国ライセンス
Tradexfin Limitedセーシェル共和国セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号:SD010

情報ソース:XM.com

XMの日本人向け口座はセーシェル金融庁のライセンスを取得

XMTradingはTradexfin Limitedが運営している海外FXサービスで、本社所在地はセーシェルにあり、セーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得しています。
XM-セーシェルライセンス

元々、日本人顧客向けには、キプロス証券取引委員会(CySEC)がサービスを提供していました。

しかし日本の金融庁からの圧力によって、日本人顧客は2016年にキプロスからセーシェルへ移管されました。

女性講師

日本人顧客の口座がキプロスからセーシェルへ移管されたのは「継続して日本人顧客にサービスを提供するため」です。

男性講師

あくまでも、金融ライセンスを金融庁の圧力がかからない国で取得するための手段として、日本人顧客は「セーシェルライセンス」口座にしています。

女性講師

実務はキプロスの本社で行われているため、サービスレベルはキプロス証券取引委員会(CySEC)管理と変わらないので、十分に信頼性の高い海外FX業者だと言えるでしょう。


XMは信託保全?それとも分別管理?

海外FX業者を利用する上で一番心配なことが、もし海外FX業者が倒産してしまった場合、口座の資金はどうなるのか?だと思います。

国内FX業者だと、信託保全が義務化されているので、万が一業者が破綻しても証拠金や利益は全額返還されます。

信託保全とは?

FX会社が顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ信託することで保全する方法です。

万が一業者が破綻という事態になっても、顧客の資金が業者の運営資金へ充てられたり差し押さえられることはなく、顧客資産として保全されています。

また、信託銀行自体が破綻したとしても信託銀行の資産とは分けて管理されているので全額保全されます。

分別管理とは?

分別管理とは、顧客から預かった資金と運営資金を別々に管理する方法です。

万が一業者が破綻した場合、分別管理先の口座も差し押さえの対象となる可能性があるため、預けた資金が確実に戻ってくるという保証はありません。

それでは海外業者であるXMはどのように管理されているのでしょうか。

XMの場合、キプロス法人とセーシェル法人で管理の方法が異なっています。

キプロスのXM本社はCySECが定める投資家補償基金(ICF)に加入しているため、万が一XMが倒産しても1人あたり最大2万ユーロ(約250万円)までICFによって補償されています(2万ユーロまでの信託保全)。

またXMでは、本社をはじめ各国の支社において「分別管理」をしており、顧客の証拠金はイギリスのバークレイズ銀行に預けられています。

男性講師

バークレイズ銀行はイギリスのロンドンに本拠地を置き、世界40ヵ国以上に展開している国際金融機関です。

女性講師

また、R&I格付け投資センターが定めた発行体の格付けは「A」ランクとなっており、分別管理先の銀行としては安全と言えるでしょう。

XMTradingは信託保全ではなく分別管理

以前XMのキプロス口座は、「英国バークレイズ銀行の分別管理」「ICFの2万ユーロまでの信託保全」と二重に安心を担保できるという万全の体制でした。

しかし、2016年から日本人向け口座は、キプロスではなくセーシェルに作った法人に開設されることになり、「2万ユーロまでの信託保全」を受けられなくなってしまいました。

なぜなら、キプロス籍であれば必ず「投資家補償基金ICF」に加入する義務がありましたが、セーシェル籍ではその義務がない為、日本人向け口座は分別管理のみとなりました。

XMの分別管理について

「XMが顧客の資金をどのように管理しているか」を調べているとネット上では

「XMの運営資金と顧客の預託金はバークレイズ銀行で分別管理されているから安全!」
「さらにAIG保険に加入しているから、事実上の信託保全!」

と解説しているサイトが多いです。

ところが2019年7月現在、XMTrading公式サイトにはバークレイズ銀行のこともAIG保険のことも記載されていません。

XM公式サイトのよくある質問にも「お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。」と記載されています。
XM-ライセンス-よくある質問

POINT

  • XMの資金と顧客の資金は分別管理をしている
  • それらの資金は優良金融機関に預託している

XMの公式サイトからわかる内容は上記のとおりで、バークレイズ銀行のこともAIG保険に加入しているとは記載されていませんでした。

ただXMでは、分別先の優良金融機関やAIG保険加入については開示できないけど、ドイツやスイスの優良銀行にて完全分別管理しているので、万が一XMが倒産しても上限なく全額安全ということでした。

過去の実績などを考えると、XMがそう簡単には倒産することは思われません。

しかしながらXMが信託保全でないことと、「絶対に倒産しない」とは言いきれないので、万が一に備えて必要以上に資金を預けないように、自分自身でリスク管理を行いましょう


XMは追証なしのゼロカットシステムを採用している

ゼロカットシステムとは、急な値下がりなどでマイナス残高になっても「FX業者がマイナスを肩代わりしてくれる」というものです。

なのでマイナス残高になっても、それをゼロにしてくれるので追証になることがなく、借金になることもありません。

国内FX業者の場合、約定が遅れて口座残高がマイナスになるとそのマイナス分を支払わなければなりません。

XMでは「ゼロカットシステム」を採用しているため、口座残高がマイナスになったとしても口座残高がゼロにリセットされ、マイナス分を支払う必要はなくなります

女性講師

つまりXMでは、どんな状況に陥っても証拠金以上の損失を負わない(追証ゼロ)ということです。

XMはゼロカットを発動し顧客を救った実績がある

2015年1月に起きたスイスフランショックの際、ゼロカットを導入していたアルパリUKという世界的に有名な海外業者が、顧客の損失をカバーしきれず、破綻してしまいました。

一方、XMではフランショックの翌日に下記のようなアナウンスをしています。

昨日のスイス国立銀行 によるEUR/CHF の上限撤廃の決定の結果、XM には影響がないことを弊社のお客様に保証致します。今回の件における弊社のビジネスへの総括的な影響は取るに足りないものであります。

「影響は取るに足らない」とのことで、トレーダーに安心感を与えています。

男性講師

この暴落で、実際に損失を被った全ての投資家にゼロカットシステムを実施し、多くの投資家を救っているという実績もあります。

2chやツイッター上で「XMの評判」や、専業トレーダーにXMの評判について以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。


XMのライセンスや資金の安全性まとめ

XMのライセンス、資金の安全性のポイント
  • XMはセーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得している
  • 顧客の資金はドイツやスイスの優良銀行で分別管理されている
  • 分別先の銀行やAIG保険については開示できない
  • XMはゼロカットシステムを実施し、顧客を救った実績がある
  • 上記のような実績のあるXMが、そう簡単に破綻するとは思えません。

    また、2009年からサービスを提供しているという実績が、悪質な出金拒否や口座凍結などがないことを証明しています。

    ただし、万が一に備えて、必要以上に資金を預けないように、自分人身でリスクの管理を行いましょう。

    XMで出金拒否・出金トラブルを避ける方法、口座凍結について以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

    女性講師

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    この記事でXMは、信頼性や資金の安全性において十分に高いことが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

    それではまた、別の記事でお会いしましょう。