XMの両建て活用術&禁止事項|アービトラージ例や手数料節約術

「XMは両建て可能?」
「禁止されている両建て取引は?」
「アービトラージってなに?」

FXについて調べものをしていると、「両建て」に関する話題が度々出てきます。
両建て取引はアービトラージ(裁定取引)などの不正行為に利用される事も多いためか、FX業者毎に条件やルールを定めている場合があります。

XMでも両建てに関するルールがあり、もしXMで禁止されている取引をしてしまうと、口座凍結などのペナルティを受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

女性講師

ルール違反することなく上手に両建てを利用するため、今回は「XMで両建てを活用する方法」「XMで禁止されている両建て取引」「両建てアービトラージ例」をご紹介します。

両建てに関する疑問はXM公式サイトでも確認可能

XM公式サイトの「よくある質問」などでも、両建てに関する情報が掲載されています。
詳細なルールや条件は変更になる可能性もあるため、最新の情報はXM公式サイトで確認して下さい。

XM公式サイトの両建てに関する質問


XMで両建てするメリットと活用方法

FXにおける両建てとは?

FXの両建てとは?

FXにおける両建てとは、同じ通貨ペアで売りと買いのポジションを同LOT同時に保有する事です。
例えば、USDJPYで「買い1LOT」と「売り1LOT」のポジションを同時に保有していると両建てとなります。


FXで両建てする3つのメリットとは?

両建てをすると、基本的には片方のポジションで発生した利益分が、もう一方のポジションではそのまま損失となるため、一見無意味に思えます。

しかし両建てには独自のメリットがあるため、取引の状況によっては選択肢の一つとなるでしょう。

両建ての3つのメリット
  1. 強制ロスカットを一時的に回避できる
  2. 利益をキープしながら様子を見れる
  3. 長期と短期で異なる方向でトレードできる

1. 両建てで強制ロスカットを一時的に回避

両建てすると「片方のポジションで発生した利益分が、もう一方では損失となる」という事は「損益の幅が固定される」という事です。

例えば「ポジションの損失が膨らみ、証拠金維持率がもうすぐロスカット水準に達しそう」という場合に、反対ポジションを保有して両建てにする事で、損失額を固定させることが出来ます。

FXで両建てする意味/メリットその1、損失固定

この場合、両建てで損失を固定させている間に新しいポジションを建て、利益を重ねれば含み損を解消させられる可能性があります。

▼XMのロスカットの仕組みや計算ツールの使い方は以下の記事で解説しています。

2. 両建てで利益をキープしながら様子を見れる

保有中のポジションAで利益が出ているが「そろそろトレンドが転換しそう」「指標発表で相場が荒れそう」という場合、反対ポジションBを保有して両建てにする事で利益額を固定させることが出来ます。

FXで両建てする意味/メリットその1、利益固定

この場合、ポジションAに有利な方向にトレンドが発生したら、「後から追加したポジションBを決済して利益を伸ばす」ことが可能です。

また、もしポジションAに不利な方向にトレンドが発生したら、「両方のポジションを決済して、両建て時に固定した利益を確定させる」ことが可能です。

3. 長期と短期で異なる方向でトレードできる

どんなに強いトレンド相場でも、一時的な反転が起こる事があります。

長期保有しているポジションで利益が出ているが「相場が一時的に逆行しそう」という場合、両建てが可能なら短期で反対ポジションを保有する事で利益を増やすことが可能です。

FXで両建てする意味/メリットその1、長期と短期で異なる方向でトレードできる


XMで両建てした時の証拠金と手数料

両建てした際の証拠金やスプレッド/手数料等、細かい条件はFX業者によって異なります。
ここではXMで両建てした場合の条件をまとめます。

特に、XMではMT4の「両建て解除」機能を利用すると片方のポジションのスプレッド/手数料が0になるというのは大きな利点です。

XM両建て時の条件
  • 両建て中の必要証拠金は0
  • スプレッド/手数料は片方が0になり、スワップポイントは合算

XMで両建てした場合、必要証拠金は0になる

XMで「買い」と「売り」のポジションを、同じ銘柄かつ同じLOT数で保有する場合、必要証拠金は0となります。

両建てイメージ

両建てのメリットとして「強制ロスカットを回避できる」というものがありました。
更にXMでは両建てしているポジションの証拠金が0になるため、余剰証拠金に余裕が生まれ新たなポジションをより大きくすることが可能です。

※CFD銘柄を両建てする場合は0にはならず、売りと買いの証拠金が50%ずつ必要になります。

両建てポジションを決済する時の証拠金には注意

両建て中の証拠金0は嬉しいのですが、決済する際は注意が必要です。

両建てポジションの片方だけを決済する場合、両建てが解消されるため残ったポジションの証拠金が必要になります。

証拠金維持率も下がる事になるため、ロスカット水準に近い状態だと即ロスカットされてしまう可能性もあります。

▼XMの証拠金維持率の計算方法は、以下の記事で解説しています。

片方のスプレッド/手数料は節約可能、スワップポイントは合算

MT4の「両建て解除」機能を利用して同時決済した場合、片方のポジションのスプレッド/手数料は0になります。

スワップポイントは売りと買い両方のポジションのスワップポイントが合算された形で、片方のポジションから差し引かれます(もう片方のポジションでは0になります)。

MT4に表示された保有中のドル円両建てポジション
スマホアプリ版MT4に表示された保有中の両建てポジション

両建てポジション決済後のMT4口座履歴
両建てポジション決済後のスマホアプリ版MT4口座履歴

上記画像からもわかるように、片方のポジションのスプレッドや手数料が0になるため、両建てした時点で損益が固定されています。

ただしスワップポイントは合算されるため、長期で両建てポジションを保有すると損失が大きくなるので注意しましょう。

▼XMのスワップポイントは、以下の記事でまとめているので参考にしてください。

片方のスプレッド/手数料が節約できるのは、MT4の「両建て解除」を利用した場合のみ

MT4の両建て解除機能を利用せず、個別に決済した場合は、両方のスプレッドがかかります
両建てを同時決済する時は、かならずMT4の両建て解除機能を利用するようにしましょう。

MT4の両建て解除を使わなかった場合の口座履歴(手数料・スプレッドが発生)
スマホアプリ版MT4の両建て解除を使わなかった場合の口座履歴(手数料・スプレッドが発生)


MT4で両建て解除する方法

では、両建てしたポジションを同時決済できる「両建て解除」の具体的なやり方をご紹介します。
両建て解除は以下の手順で行います。

両建て解除する手順
  1. 両建て解除するポジションの発注画面を表示させる
  2. 注文種別を「両建て解除」にして決済する

※2020年1月現在、MT5では「両建て解除」機能は利用できません。
XMではMT4でのみ利用可能な機能なのでご注意下さい。

1. 両建て解除するポジションの発注画面を表示させる

まず、MT4画面下部にある「ターミナル」から、「両建て解除したいポジション上で右クリック」し、「注文変更または取消」をクリックします。

XMのMT4で両建て解除する手順1

2. 注文種別を「両建て解除」にして決済する

上記の手順で「オーダーの発注」という画面が開いたら、「注文種別」から「両建て解除:通貨ペアを指定」または「両建て解除:対象玉を指定」を選択します。

XMのMT4で両建て解除する手順2

両建て解除の「通貨ペアを指定」と「対象玉を指定」の違いは?

両建て解除には「通貨ペアを指定」と「対象玉を指定」の2種類がありますが、以下のような違いがあります。

  • 通貨ペアを指定 = 選択中の銘柄で両建てしているポジション全てを同時に決済する
  • 対象玉を指定 = 選択中のポジションに対し両建て対象になるポジションから1つ選択して同時に決済する

両建てポジション1組だけを保有している場合は、基本的にどちらを選んでも構いません。
強いて言うなら「通貨ペアを指定」の方が比較的簡単です。

同銘柄で両建てしているポジションが2組(ロング2ポジション+ショート2ポジション)以上ある場合、全て決済するなら「通貨ペアを指定」を選択、1組だけ決済するなら「対象玉を指定」を選択します。

また、保有しているのが「ロング1ポジション+ショート2ポジション」という状況で、「両建て解除で決済するショートポジションを指定したい」という場合は「対象玉を指定」を選択します。

「両建て解除:通貨ペアを指定」を選択した場合

「両建て解除:通貨ペアを指定」を選択した場合は、そのまま「複数決済」をクリックすると同時決済完了です。

XMのMT4で両建て解除する手順3-1

※この方法で決済すると、同銘柄で両建てしているポジションが全て同時に決済されるのでご注意下さい。
同銘柄で保有しているポジションが複数あり、特定の両建てポジションのみを決済する場合は、次に紹介する「両建て解除:対象玉を指定」を利用して下さい。

「両建て解除:対象玉を指定」を選択した場合

「両建て解除:対象玉を指定」を選択した場合は、選択中のポジションと両建て対象になるポジションの一覧が表示されます。

まず「両建て解除で決済するポジション」を選択してクリックして下さい。

XMのMT4で両建て解除する手順3-2-1

ポジションを選択したら、両建て解除する2つのポジション(売り+買い)が正しく選択されているか、注文番号を見てしっかり確認を行いましょう。

選択中のポジションに間違いが無ければ、「決済」ボタンをクリックして両建て解除は完了です。

XMのMT4で両建て解除する手順3-2-2

両建て解除する手順
  1. 決済するポジションの両建て解除画面を表示させる
  2. 「両建て解除」か「複数クローズ」を選択して決済

※2020年1月現在、MT5では「両建て解除」機能は利用できません。
XMではMT4でのみ利用可能な機能なのでご注意下さい。

1. 決済するポジションの両建て解除画面を表示させる

まずは、「両建て解除画面」を表示させましょう。

MT4の画面下部に並ぶボタンから、左から3番目のボタン「トレード」をタップして下さい。

スマホアプリ版MT4のトレードボタン

すると保有中のポジション一覧が表示されるので、「両建て解除したいポジション」を長押しして下さい。

スマホで両建て解除するポジションを長押し

するとメニューが表示されるので、「両建て解除」をタップして下さい。

スマホアプリMT4で両建て解除をタップ

すると下記画像のように「両建て解除画面」が表示されます。

スマホアプリ版MT4の両建て解除画面

2.「両建て解除」か「複数クローズ」を選択して決済

「両建て解除画面」が表示されたら、画面上部のボタンから「両建て解除」か「複数クローズ」を選択します。

スマホアプリ版MT4で両建て解除か複数クローズを選択

「両建て解除」と「複数クローズ」の違いは?

「両建て解除」と「複数クローズ」の2種類が選択できますが、この2つには以下のような違いがあります。

  • 両建て解除 = 選択中のポジションに対し両建て対象になるポジションから1つ選択して同時に決済する
  • 複数クローズ = 選択中の銘柄で両建てしているポジション全てを同時に決済する

両建てポジション1組だけを保有している場合は、基本的にどちらを選んでも構いません。
強いて言うなら初期状態の「両建て解除」の方が比較的簡単です。

同銘柄で両建てしているポジションが2組(ロング2ポジション+ショート2ポジション)以上ある場合、全て決済するなら「複数クローズ」を選択、1組だけ決済するなら「両建て解除」を選択します。

また、保有しているのが「ロング1ポジション+ショート2ポジション」という状況で、「両建て解除で決済するショートポジションを指定したい」という場合も「両建て解除」を選択します。

「両建て解除」を選択した場合

「両建て解除」を選択した場合は、選択中のポジションと両建て対象になるポジションの一覧が表示されます。

まず「両建て解除で決済するポジション」を選択してタップして下さい。

スマホアプリ版MT4で両建て解除するポジションを選択

ポジションを選択したら、両建て解除する2つのポジション(売り+買い)が正しく選択されているか、注文番号等を見てしっかり確認を行いましょう。

選択中のポジションに間違いが無ければ、「CLOSE by #○○」をタップして両建て解除は完了です。

スマホMT4で両建て解除するポジションを選択してCLOSEをタップ

「複数クローズ」を選択した場合

「複数クローズ」を選択した場合は、そのまま「CLOSE」をタップすると同時決済完了です。

スマホMT4の複数クローズで両建てポジションを同時決済

※複数クローズで決済すると、同銘柄で両建てしているポジションが全て同時に決済されるのでご注意下さい。
同銘柄で保有しているポジションが複数あり、特定の両建てポジションのみを決済する場合は、「複数クローズ」ではなく前述した「両建て解除」を利用して下さい。

▼スマホアプリ版MT4の基本的な使い方は以下の記事で解説しています。

MT4の基本的な使い方は動画でチェック

MT4の基本的な使い方は、XM公式サイトに解説動画が用意されています。

そこでは画面の見方などの基本的な使い方から、EAやシグナルの利用方法まで、MT4の使い方が幅広く解説されています。

動画はXMで口座を持っていない人でも閲覧可能です。

▼MT4の基本的な使い方は以下の記事でも解説しています。


XMで禁止されている3つの両建て取引

XMでの両建ては無制限に可能という訳ではなく、禁止されている両建て取引もあります。

特定の両建て取引が禁じられているのは、ゼロカットやボーナスを悪用するなどした不正取引を防ぐためと考えられます。
XMに「不正/禁止取引を行った」と見なされると、故意では無かったとしても、レバレッジ制限や出金拒否・口座凍結などのペナルティを課される可能性があります。

女性講師

XMに疑われないようにするためにも、禁止されている両建て取引を確認し、注意して取引するようにしましょう。

XMでは、主に以下の3つの両建て取引が禁止されています
  1. 複数口座間での両建て
  2. XMP狙いでの両建て
  3. 1つの通貨をヘッジするための両建て

1. 複数口座間での両建ては禁止

XMでは1人で8つまでの口座を保有する事が可能です。
XMでは同一口座内での両建ては認められていますが、複数口座間での両建ては禁止されています。

複数口座間で両建てが禁止なのはなぜ?

XMではゼロカットシステムを採用していますが、これは口座毎に行われます。
1つの口座でゼロカットが発動しても他の口座からマイナス分が補填される訳では無いので、トレーダーにとってはリスクが分散できるメリットがあります。

しかしこれを悪用して複数口座間で両建てした場合、ゼロカットにより損失だけ減少する形になります。

XMでゼロカットと両建てを悪用した場合の例

口座AとBに各1万円ずつ入金し、口座Aはロング、口座Bはショートで両建てしたとします。

その後、窓開けや指標発表により相場が急激に変動し、口座Aは利益が2万円発生しました。
両建てしているので口座Bは損失2万円となるハズですが、ゼロカットがあるため損失は1万円に抑えられます。

結果として、口座Aでは利益が2万円、口座Bでは損失が1万円となり、差し引き1万円の利益をノーリスクで得た事になります。

ゼロカットが発生した場合、資金を補てんするXMにとっては損失でしかありません。
本来はトレーダー救済措置であるゼロカットですが、上記のように意図的に悪用されるのを防ぐため、複数口座間での両建ては禁止されているのでしょう。

女性講師

複数口座間での両建てが禁止されているのは、後述するアービトラージに悪用されてしまう事も理由の1つと思われます。
複数の口座で取引する際は、両建てにならないように気を付けましょう。

▼XMのゼロカットシステムの詳細は、以下の記事でも解説しています。

別のFX業者や複数人による両建ても禁止

「複数口座間で両建てが禁止」なのは自分のXM口座に限った話ではなく、「別のFX業者の口座を利用して両建てした場合」や、「自分以外の数人と協力して両建てした場合」も禁止されています。

「別の業者を使ってるならばれないでしょ」と思ってしまいますが、ネットで調べると「XMと異業者で両建てしたらばれた」等の口コミも見かけます。

「異業者間で両建てするとなぜばれるのか?」はXM内部の人にしか分かりません。
ただネット上では「FX業者が違っても、MT4など同じプラットフォームを使っているとばれる」「FX業者が違っても、LPが同じだったらばれる」などと言われています。

▼複数口座利用時の注意事項は以下の記事でまとめています。


2. XMP狙いで両建てするのは禁止

XMPはXMで取引する度に貰えるものです。
両建てした場合は、売りと買い両方でXMPが獲得可能です。

ただし、XMPを稼ぐためだけに両建て取引を行うのは禁止なので注意しましょう。

▼XMP・ロイヤルティプログラムの詳細は以下の記事で解説しています。


3. 1つの通貨をヘッジするための両建ては禁止

これは厳密な意味では「両建て」ではありませんが、異なる通貨ペアでも1つの通貨をヘッジする目的でポジションを持つ行為は禁止されています。

例えば、「EURUSDの買いポジション&EURJPYの売りポジション」のようなポジションを同時に保有すると、「EURをヘッジしている」と見なされ、ペナルティの対象となる可能性があります。

ネット上ではこれを取引手法として紹介している場合もありますが、XMでは規約違反になります。

利用規約の最新情報はXM会員ページで確認可能

XM会員ページの「口座」「法的文書」のボタン

XMの利用規約などを確認したい場合は、XM公式サイトから会員ページにログインし、「口座」→「法的文書」と進むと契約条件などが書かれたPDFファイルがダウンロードできます。

XMの契約条件の内容は変更になる場合もあるので、見たことがある人でも時折確認した方が良いでしょう。

契約条件などは英語版のみとなっているので、Google翻訳などを活用しましょう。
Google翻訳はPDFなどのドキュメントを丸ごと翻訳する事が可能です。


両建てアービトラージ例

アービトラージとは?

アービトラージ(裁定取引/サヤ取り)とは、基本的に同一の銘柄で売りと買いのポジションを同時に保有して価格変動のリスクを抑えつつ、異なる業者や市場での値段や利率の差/開きを利用して利益を狙う取引手法です。

女性講師

XMではあらゆる形態のアービトラージも禁止となっています。

アービトラージと知らずにやってしまった場合でも、XMに「不正行為を行った」と判断されるとペナルティの対象になってしまいます。
そのような事態を避けるためには、まず「どんな取引がアービトラージに当たるのか」を知っておくのが良いでしょう。

ここからは代表的な3つのアービトラージ例を紹介するので参考にして下さい。

代表的な3つのアービトラージ例
  1. スワップアービトラージ
  2. ボーナスアービトラージ
  3. レイテンシーアービトラージ

1. スワップアービトラージ

女性講師

スワップアービトラージとは、両建てをすることで価格変動による損失のリスクを抑えつつ、スワップポイントの価格差から利ザヤを確実に獲得する手法です。

ただし同じ業者内で両建てした場合、売りと買いのスワップポイントの合計はマイナスになってしまうケースが多く、XMでもスワップポイントの合計はすべてマイナスになるように設定されています。

▼XMのスワップポイント例
銘柄スワップ
(買)
スワップ
(売)
AUDJPY-2.1-3.5
CADJPY-2.44-3.84
EURJPY-4.22-2.12
GBPJPY-2.73-4.43
NZDJPY-1.9-3.5
USDJPY-2.06-3.82
上記の表は2020年6月05日現在のスワップポイントとなっています。
スワップポイントは変動しますので、最新のスワップポイントはXM公式サイトの全通貨ペア一覧表から確認して下さい。

XMではあらゆる形態のアービトラージも禁止されていますが、数値的にもXMだけでスワップアービトラージをする事はできません。

さらにXMでは「別のFX業者を利用した両建て」や「1つの通貨をヘッジするための両建て」も禁止されているため、「複数の業者を利用したスワップアービトラージ」や「相関性の高い通貨ペアを利用したスワップアービトラージ」も不可能という事になります。

▼XMのスワップポイントについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。


2. ボーナスアービトラージ

女性講師

ボーナスアービトラージとは、ボーナスを提供しているFX業者の口座を複数利用して両建てを行い、どちらかがロスカットされたらもう一方を利確して、ボーナス分の利益を得る手法です。

具体的な例を出して見てみましょう。

仮にFX業者AとB(ロスカット水準はどちらも20%とする)で、それぞれに残高1万円とボーナス1万円があったとします。
この時点で、自己資金(=残高)は合計2万円です。

口座AとBはどちらも有効証拠金2万円(残高1万円+ボーナス1万円)

それらを用いて出来るだけ大きめのポジションを保有します。
この時、FX業者Aではロング、FX業者Bではショートというように、反対のポジションを注文して両建てします。

その後価格の変動により、1万6,000円分の損益が発生したとします。
両建てしているので、FX業者Aでは1万6,000円の利益が、FX業者Bでは1万6,000円の損失が発生します。

両建てしているので、FX業者Aでは1万6,000円の利益が、FX業者Bでは1万6,000円の損失

FX業者Bはロスカット水準到達により強制ロスカットとなり、残高は0、ボーナスは4,000円となります。
ただし、自己資金である残高だけで見ると、損失は1万円のみです。

そして、FX業者Bで強制ロスカットとなったタイミングで、FX業者Aを利確(+1万6,000円)します。
すると残高は2万6,000円、ボーナス1万円となります。
こちらの自己資金の利益は1万6,000円です。

FX業者Bはロスカット水準到達により、残高0+ボーナス4,000円。FX業者Aを利確(+1万6,000円)すると、残高2万6,000円、ボーナス1万円。

女性講師

結果として、業者Bで減少したボーナス6千円がそのまま現金になった形になります。
「ボーナスの現金化」とも言える手法ですが、当然XMでは禁止されています。

ボーナスの使い方にもルールがある

ボーナスはアービトラージなどの不正行為に利用される可能性があるためか、「出金した残高と同じ割合のボーナスクレジットが消滅する」など、細かなルールが設定されています。

細かな仕様は変更になる可能性もあるため、XM公式サイトのプロモーションページなどから詳細を確認して下さい。

各ボーナスプロモーションの個別ページでは、各ボーナスごとの規約も確認できます。

XMボーナスの規約PDFのダウンロードボタン

▼XMボーナスの詳細は以下の記事でも解説しているので参考にして下さい。


3. レイテンシーアービトラージ

女性講師

レイテンシーアービトラージとは、「異なる業者間」や「相関性の高い通貨ペア」などで生まれる、一時的に発生したレートの差や歪みを狙って両建てを行い、その差が縮んだ時に同時に決済することで利ザヤを得る手法です。

分かりにくいので、こちらも具体的な例を2つ出して説明します。

例1. 異なる業者間でレートの歪みを狙ったレイテンシーアービトラージ

異なる業者間でレートの歪みを狙ったアービトラージをする場合は、まず複数のFX業者のレートを監視し、いずれかの業者で不自然なレートが発生するのを待ちます。

例えば業者AでBid値が不自然に上昇したのを見つけたら、そこで売り注文を入れ、同時に業者Bで買い注文して両建てにします。

そして業者Aの不自然なレートが戻ったら、両建てしたポジションを同時に決済し利ザヤを得ます。

両建てによるレイテンシーアービトラージ

例2. 相関性の高い通貨ペアの歪みを狙ったレイテンシーアービトラージ

EURUSDとEURJPYのように、値動きが似ている通貨ペアを悪用したアービトラージもあります。

以下の画像はEURUSDとEURJPYの同時刻のチャートです。

両建て

XMユーロ両建て

上記のように、相関性の高い通貨ペアは値動きが似ていますが、上記画像の赤と白の○印で囲んだ部分のように、一時的に相関性が無くなる場合があります。

この価格の開きはいずれ元に戻る可能性が高いため、赤の○印でEURJPYを売り、白の○印でEURUSDを買い、再びチャートが重なり合うところで決済すると、リスクを抑えて利ザヤを得られる可能性があります。

女性講師

当然、XMではこれらのアービトラージも禁止されています。
「複数の口座で取引する場合」や「関連性の高い別々の通貨ペアで取引する場合」は、両建てにならないように注意しましょう。


XM両建てのQ&A


FXの両建てって何ですか?

両建てとはなんですか?
FXにおける両建てとは、同じ通貨ペアで売りと買いのポジションを同LOT同時に保有する事です。
例えば、USDJPYで「買い1LOT」と「売り1LOT」のポジションを同時に保有していると両建てとなります。

XMの両建てにはどんなメリットがありますか?

XMで両建てする意味やメリットはあるの?
XMで両建て中は損益が固定されるため、「強制ロスカットを一時的に回避できる」「利益をキープしながら相場の様子が見れる」などのメリットがあります。
また、「長期と短期で異なる方向でトレードする」という場合も結果的に両建てとなります。両建てができない設定になっているとそういった取引も不可能なので、両建て可能なXMではこれもメリットの1つと言えます。

XMでは両建て取引を公式に認めていますか?

XMは両建て可能ですか?公式に認めていますか?
はい。両建ては同一の口座内でのみ認めており、XM公式サイトのよくある質問からも確認可能です。
ただし、複数の口座間での両建ては規約違反となるのでご注意下さい。

XMで両建てした場合、必要証拠金はどうなりますか?

両建てした時の必要証拠金はFX業者によって異なる場合がありますが、XMではどうなりますか?
XMで両建てした場合、必要証拠金は0になります。
ただし、CFD銘柄では売りと買いの証拠金が50%ずつ必要になるのでご注意下さい。

XMで両建てした場合、スプレッドや手数料は倍かかりますか?

XMで両建てした場合、売りと買いでスプレッドや手数料が必要になりますか?
MT4の「両建て解除」という機能を利用して同時に決済した場合のみ、片方のポジションのスプレッドや手数料は0になります。
MT5では「両建て解除」機能はありませんのでご注意下さい。

XMで禁止されている両建て取引はありますか?

XMでは両建てを認めていますが、どんな両建てをしても規約違反にはなりませんか?
いいえ。XMで両建てする場合、「複数口座間での両建て」「XMP狙いでの両建て」「1つの通貨をヘッジするための両建て」は禁止されています。
その他、あらゆる形態のアービトラージや詐欺行為も禁止されています。

XMで禁止されている両建て取引がばれるとどうなりますか?

禁止されている両建てを行ってしまいました。XMにばれるとどんなペナルティを受けますか?
XMの担当部門の判断により、あなたが行った取引が規約違反であったとみなされた場合、その内容に応じて「レバレッジ制限」や「利益の取消」、「口座の凍結」などのペナルティを課せられます。

▼XMで出金拒否される例や対策については、以下の記事で解説しています。

▼XMの口座凍結の条件や解決方法は以下の記事で解説しています。


アービトラージとはなんですか?

XMではいかなるアービトラージや裁定取引を禁止していますが、そもそもアービトラージってなんですか?
アービトラージ(裁定取引/サヤ取り)とは、基本的に同一の銘柄で売りと買いのポジションを同時に保有して価格変動のリスクを抑えつつ、異なる業者や市場での値段や利率の差/開きを利用して不正に利益を狙う取引手法です。

XMの両建てまとめ

女性講師

さて、今回はXMで両建てする場合の活用方法や禁止事項についてまとめてまいりましたが、いかがでしたか?

「複数口座間での両建て」や「1つの通貨をヘッジするための両建て」は規約違反になってしまいますが、EAを利用している場合など、知らずにやってしまう事もあるので注意しましょう。

あからさまなケースや悪質なケースでなければ、直ちにペナルティの対象になる可能性は低いとは思いますが、XMに怪しまれるような行為はなるべく避けるようにしたいですね。

「こんな取引がしたいけど、規約違反にならないか不安だ」という場合は、具体的な取引内容を記載してXMのサポートに問い合わせてみて下さい。XMのサポートが規約違反になるか確認してくれます。

▼XMサポートへの問い合わせ方法は以下の記事で解説しています。

女性講師

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事もあなたのお役に立てたなら幸いです。
それでは、また他の記事でお会いしましょう!