XMアプリの使い方-アイキャッチ
XMアプリの使い方-アイキャッチースマホ

執筆:柾谷正也  監修:GTCLUB Co.,Ltd (XM-I.B.)

XMが独自開発した「XMTradingアプリ」

XMの会員ページ機能とMT5のトレード機能がひとつになったスマホ用アプリです。
アプリ1つで注文決済から口座の資金管理まで可能になります。

本記事では、「XMTradingアプリ」について詳しく解説したいと思います。

XMTradingアプリは、「iPhone/iPad版、Android版MT4/MT5」とは異なるスマホアプリです。

XMの会員ページ機能はMT4/MT5共通で使えますが、トレード機能はMT5口座のみ利用可能です。
本記事で紹介するXMTradingアプリの全機能を利用したい方は、XMでMT5口座を開設する必要があります。

XMで口座開設がまだの方は赤色のボタン、口座をお持ちの方は緑色のボタンよりMT5口座を開設して下さい。

XM専用アプリは入出金から
トレードまで全部できる

今までスマホからXMの口座管理をする場合、WebブラウザからXM公式サイトを開いてから管理しなければならないという手間がかかりました。

しかし、このXM専用アプリは、マイページと連動しているので簡単に口座管理ができ、入出金からトレードまでスマホだけで完結できるというのが最大のメリットです。

XMアプリとMT4/MT5アプリの違いは?

XMアプリとMT4/MT5アプリの
違いは?

XMアプリ

  • FX業者:XMのみ
  • 取引ツール:MT5口座のみ
  • その他:アプリで口座管理が可能(MT4/MT5)

MT4/MT5アプリ

  • FX業者:XM以外のFX業者でも利用可能
  • 取引ツール:MT4/MT5
  • その他:トレード専用アプリ

MT4/MT5アプリは、トレード専用のツールで他のFX業者の口座でも利用可能ですが、XMアプリはXMユーザー専用のツールになっています。

また、XMアプリは口座管理やトレードをすることができますが、MT4口座にはトレード機能は対応していないため、XMアプリでトレードをしたい場合は、MT5で口座を開設する必要があります。

XM専用アプリでできる事

XMアプリでできる事
  • トレード:MT5の口座のみ利用可能
  • 口座管理:MT4/MT5どちらでも利用可能

XMアプリでは、わざわざブラウザを開かなくても資金の入出金・資金振替・追加口座の開設など公式サイトでできることが全て利用可能です。

ただし、トレードはMT5の口座のみ利用可能となっているので、MT5口座を利用していない方はXMでMT5の追加口座を作成しましょう。

追加口座の作成は数分で完了し、資金振替も即時に口座に反映されるので、これらの機能を使用したい場合は、以下のボタンより追加口座でMT5を開設してください。

XMアプリのダウンロード方法

スマホにXMアプリをダウンロードする方法を紹介していきます。

本記事ではAndroidを使用して解説していきますが、iPhone版も操作内容はほとんど変わりません。

手順
まずは、Androidの方は「Google Play」、iPhoneの方は「App Srore」で「XMTrading」を検索してください。
手順
XMアプリが見つかったら、「インストール」をタップしてください。

XM-XMアプリインストール

POINT

検索するとアイコンが「XMTrading」と「XM」が出てきますが「XMTrading」をインストールしてください。
機能は同じですが、「XM」の方は日本語対応していないので注意してください。

以上で、XMアプリのインストール&ダウンロードは完了です。

XMアプリ(会員ページ機能)

XMアプリを開くと「ゲストとして開始する」「口座を登録する」「ログインする」が表示されるので「ログインする」をタップします。

XM-XMアプリ-ログインする

POINT

ちなみに「ゲストとして開始する」をタップすると、すぐにXMアプリのトレードを体験することができます。

XMアプリより会員ページにログイン

手順
「会員ページ」「MT5で取引」が表示されるので、「会員ページ」をタップします。
XM-XMアプリ-口座の管理
手順
初回ログイン時に「本ウェブサイトはクッキーを利用します」と表示されるので、「続行するを」タップします。

XM-XMアプリ-クッキーの利用

POINT

クッキーとは、ログイン情報などをWEB上に保存しておく機能の事です。

クッキーをオンにしていると次回からログイン情報を入力しなくても自動ログインできます。

手順
「MT4/MT5の口座番号」「パスワード」を入力して「ログイン」をタップします。

XM-XMアプリ-会員ページにログイン

  • MT4/MT5 ID(リアル口座)
    MT4/MT5の口座番号を入力
  • パスワード
    口座開設時に設定したパスワードを入力
手順

ログイン情報とパスワードが正しく入力できていれば、会員ページにログインできます。

MT4/MT5の口座IDは口座開設時に送られてくるメールに記載されています。

ログインができると、以下のように資金の入出金や追加口座の開設、資金振替など、ブラウザ版の会員ページでできることが全て利用可能になります。

XM-XMアプリ-アプリから会員ページにログイン

資金を入金する

XMの取引口座への入金方法は以下のとおりです。

▼XMの入金方法一覧
入金方法入金手数料反映時間最低入金額
国内銀行送金無料※11時間以内
(銀行営業時間内に限る)
1万円※1
VISA無料即時反映500円
JCB無料即時反映1万円
bitwallet無料即時~数分以内500円
BXONE無料即時~数分以内500円
STICPAY無料即時~数分以内500円
Online Bank Transfer280円即時反映1万円
Local Transfer280円即時反映1万円
▼XMの入金方法一覧
入金方法入金手数料反映時間最低入金額
国内銀行送金無料※11時間以内
(銀行営業時間内に限る)
1万円※1
VISA無料即時反映500円
JCB無料即時反映1万円
bitwallet無料即時~数分以内500円
BXONE無料即時~数分以内500円
STICPAY無料即時~数分以内500円
Pay-
easy
280円即時反映2,000円
スマートピット280円即時反映2,000円

※1).1万円未満の入金は980円の手数料が発生。別途、振込手数料はユーザー負担(XM指定銀行と同じ銀行口座からなら無料)

XMの入金方法は全部で8種類、好きな方法を選んで入金できますが、出金する際にルールがあり、「出金では入金の際に利用したルートを選択する」必要があります。

そのため、自分の目的に合わせた入金方法を選びましょう。

資金を出金する

XMからの出金方法は以下のとおりです。

▼XMの出金方法一覧
出金
方法
出金
手数料
最低
出金額
出金
限度額
着金
までの
目安
電信送金による
銀行出金
無料
(※1)
1万円無制限2~5
営業日
クレジットカード無料500円入金額と同額まで最大
2ヶ月
(※2)
bitwallet無料
(※3)
500円入金額と同額まで即時~24時間以内
STICPAY無料
(※3)
500円入金額と同額まで即時~24時間以内
BXONE無料
(※3)
500円入金額と同額まで即時~24時間以内

(※1)出金額40万円以下の場合、2,500円の手数料がかかります。
(※2)クレジット/デビットカードでの出金(返金)は、カード会社によって日数が異なります。
(※3)別途、国内の銀行に送金する場合、手数料が発生します。

XMでは上記の出金方法がありますが、銀行以外の出金方法はすべて出金限度額が入金額までになっているので注意しましょう。

どんな方法でいくら入金したか
忘れた場合は?

どんな方法でいくら入金したか、忘れてしまった場合も心配無用です。

XMには入金記録が残っているので、一旦、銀行送金のフォームを選択して出金リクエストを送れば、入金記録に沿って適切に出金されます

例えば、カードで入金した方は、カードへまず返金され、その後に銀行に利益分が送金されます。
出金の内訳は、XMからメールでお知らせが届きます。

資金振替(資金移動)

手順

XMの口座間の資金振替(資金移動)の最低金額は500円。即時口座へ反映されます。
「入金口座ID」と「入金額」を入力したら「リクエスト送信」をタップします。

XM-資金移動-入金先口座ID、入金額を入力-スマホ

  • 入金口座ID = 移動(振替)先の口座IDをリストより選択
  • 入金額(JPY) = 移動する金額を入力(最低金額は500円)

POINT

XM口座間で資金移動を行った場合、資金の移動額と同一割合のクレジット(ボーナス)も一緒に移動先の口座へ移動します。

手順

以下の画面が表示されれば口座間の資金移動(資金振替)は完了です。

XMの口座間の資金移動は即時反映されます。

資金移動が完了するとXMに登録したメールアドレスに「内部送金に関するお知らせ」メールが届きます。

XM-資金移動-完了画面-スマホ

追加口座開設

XMでは1人で保有できる口座は8つまで、有効化済みの口座がある場合、追加口座を開設する際は本人確認の必要がありません

面倒な個人情報の入力も無く、口座詳細の選択(口座タイプや取引プラットフォームなど)やパスワードの入力があるだけで、約1分で完了できます。

女性講師

XMアプリで取引がしたい場合は、取引プラットフォームタイプでMT5を選びましょう。

その他の機能

XMアプリでできるその他の機能
  • レバレッジ変更
  • パスワードの変更
  • 入金履歴
  • 出金履歴
  • 取引履歴
  • 処理中の出金
  • 保有ポジション
  • 口座を解約する
  • サポート問い合わせ

見ても分かるとおり、ブラウザのXM公式サイトの会員ページでできる事が全部できます。

XMアプリ(MT5トレード機能)

XMアプリを開くと「ゲストとして開始する」「口座を登録する」「ログインする」が表示されるので「ログインする」をタップします。

XM-XMアプリ-ログインする

XMアプリよりMT5口座へログイン

手順
「会員ページ」「MT5で取引」が表示されるので「MT5で取引」をタップします。
XM-XMアプリ-MT5で取引
手順
「MT5の口座番号」「パスワード」を入力して「ログイン」タップします。

XM-XMアプリ-口座番号・パスワードを入力

  • MT5 ID:MT5の口座番号を入力
  • パスワード:口座開設時に設定したパスワードを入力

POINT

MT4の口座番号を入力しても「MT4口座はサポート対象外です」と表示されログインできません。

手順
ログイン情報が正しく入力されていれば以下のような「気配値表示」画面が表示されます。

XM-XMアプリ-MT5にログイン

以上でログインは完了です。

XMアプリの主な機能一覧

まずはXMアプリの主な機能について見ていきましょう。

XMアプリの主な機能一覧
  1. 気配値
  2. 銘柄
  3. 注文

XM-XMアプリの画面の見方

XMアプリを起動すると、画面下部に3つの主要な機能が並んでいます。

▼タグをクリックすると開きます▼
▼タグをタップすると開きます▼
1.気配値

気配値画面は、選んだ銘柄の気配値・チャートの表示・詳細・注文をするところです。
表示されている銘柄をタップするとチャート画面を表示することができます。

XM-XMアプリ-気配値画面

銘柄の取引時間やスワップなど詳細もここから見ることができます。

2.銘柄

気配値で表示してるウォッチリストに銘柄を追加することができます。

XM-XMアプリ-銘柄の追加・詳細

  • i:銘柄の詳細をみることができます。
  • +:銘柄を追加することができます。
3.注文

注文画面ではポジションの管理ができます。

XM-XMアプリ-注文画面

各ポジションの損益が確認できます。
銘柄をタップするとストップロス・テイクプロフィットの設定や注文の変更などが行えます。

XMアプリのその他の機能

ここまで紹介した機能だけでも取引は可能ですが、他にどんな機能があるのか気になりますよね。

XMアプリその他の機能
  1. メニュー
  2. 口座情報
  3. 銘柄の削除
  4. ウォッチリストの作成

XM-XMアプリ-その他の機能

XMアプリのその他の機能として、メニューから入出金をしたり、ウォッチリストの作成を行ったりすることができます。

▼タグをクリックすると開きます▼
▼タグをタップすると開きます▼
4.メニュー

メニューからは以下のことが行えます。

XM-XMアプリ-メニュー画面

  • マイ・アカウント:口座情報の確認やアカウントの切り替え
  • 設定:パスワードの変更、通知の有無、言語・背景・ロット単位の注文量の設定
  • 口座履歴:取引履歴の確認ができます
  • 会員ページ:XMの会員ページに移ります
  • 入金・出金:入出金ページに移ります
  • ヘルプ&サポート:サポートにライブチャットで問い合わせできます
  • ログアウト:MT5口座からログアウトします

など、XMの公式サイトで利用できることが行えます。

5.口座情報

口座の情報が確認できます。

XM-XMアプリ-口座状況の確認

口座タイプ・口座残高・未確定損益・有効証拠金・必要証拠金・証拠金維持率・余剰証拠金を見ることが可能。

6.銘柄の削除

ウオッチリストから銘柄を削除できます。

XM-XMアプリ-銘柄の削除

削除したい銘柄の左の「―」をタップすると削除できます。

7.ウォッチリストの作成

ウォッチリストは、気配値表示画面に表示させたい銘柄を追加し、グループを分けて管理させることができます。

XM-XMアプリ-ウォッチリスト

「FXとCFD」「短期トレード用と長期トレード用」など自由にグループを作ることができます。
自分のトレードスタイルに合わせて使いやすいようにカスタマイズしましょう。

XMアプリの銘柄の追加(表示)方法

手順

銘柄を追加する方法は、画面下の「銘柄」をタップします。
今回は例としてCADCHFを追加します。

XM-XMアプリ-銘柄の追加
手順

「Forex」「CFDs」が表示されるので、追加したいカテゴリーを選択します。
CADCHFを追加するので「Forex」をタップします。

XM-XMアプリ-銘柄の追加FX・CFD
手順
登録しているXMの口座タイプが表示されるので、現在使用している口座のタイプを選択します。
XM-XMアプリ-銘柄の追加 口座タイプを選択
手順
「Majors」「Minors」「Exotics」が表示されるので「Majors」を選択します。
XM-XMアプリ-銘柄の追加 カテゴリーを選択
手順

「Majors」が表示されるので、追加したい銘柄の「+」をタップします。

「i」をタップすると、銘柄の詳細(ストップレベル、スワップなど)が確認できます。

XM-XMアプリ-銘柄の追加 +をタップ
手順
追加したいウォッチリストの「+」をタップすると銘柄が追加されます

XM-XMアプリ-銘柄の追加 +をタップしてウォッチリストに追加

以上で銘柄の追加は完了です。

ウォッチリストの作成方法

ウォッチリストは、気配値表示画面に表示させたい銘柄を追加し、グループを分けて管理させることができます。

男性講師

「FXとCFD」「短期トレード用と長期トレード用」などグループを分けて管理するのにとても便利です。

手順
ウォッチリストの「+」をタップします。
XM-XMアプリ-ウォッチリストの作成
手順
ウォッチリスト名を入力して「作成する」をタップします。
XM-XMアプリ-ウォッチリストの作成 ウォッチリスト名を入力
手順
作成したウォッチリストは空なので銘柄を追加する必要があります。
XM-XMアプリ-ウォッチリストに銘柄を追加
手順
後は追加したい銘柄の「+」をタップし、先ほど作成したウォッチリストの「+」をタップします。
XM-XMアプリ-ウォッチリストに銘柄を追加
手順
「+」から「✓」に変わるとウォッチリストに銘柄が追加されます。
XM-XMアプリ-ウォッチリストに銘柄を追加2
手順

以上でウォッチリストの作成方法は完了です。

リスト名をタップすると、簡単にリストの切り替えが可能です。

XM-XMアプリ-ウォッチリストの切り替え

XMアプリの銘柄の削除(非表示)方法

手順
銘柄の削除(非表示)方法は、気配値表示画面の右側の「鉛筆のマーク」をタップします。
XM-XMアプリ-ウォッチリストから銘柄の削除
手順
ウォッチリストに銘柄表示されるので、削除(非表示)したい銘柄の「-」をタップすると削除されます。

XM-XMアプリ-ウォッチリストから-をタップして削除

以上でウォッチリストから銘柄の削除は完了です。

XMアプリの注文方法

XMアプリでの注文方法は大きく分けて以下の2通りです。

XMアプリの注文方法
  • 成行注文:現在の価格ですぐに注文する方法
  • 予約注文:注文したい価格(指値)を予約をして注文する方法

XMアプリでの注文は、画面左下の「気配値」からできます。まだ、希望の通貨ペアを追加していない方は「銘柄」から追加しておきましょう。

POINT

XMアプリでは注文する際、同時にチャートを見る事ができません。
チャートの価格を見ながら取引したい人は、MT5アプリを使いましょう。

成行注文

手順

成行注文は、現在の価格で注文する方法です。

まずは、画面左下の「気配値」をタップして、取引したい銘柄をタップします。

XM-XMアプリ-注文方法
手順
銘柄をタップするとチャート画面になるので、画面上部の価格をタップ、または画面右下の「+」をタップすると注文画面に移ります。
XM-XMアプリ-チャート画面
手順
画面右下の「+」をタップした場合は「新規成行注文」「新規予約注文」が表示されるのでどちらかを選択すれば注文画面へ移ります。
XM-XMアプリ-チャート画面2
手順

新規成行注文と新規予約注文は注文画面でも選択できるので、どちらを選んでも問題ありません。

XMアプリの成行注文画面は以下のようになっています。

XM-XMアプリ-注文画面の詳細

▼XMアプリの成行注文画面
項目詳細
売り・買い売り注文または買い注文を選択。背景が濃い方の方法で
注文されます。
ロット数通貨の取引量を選択。
0.01から購入可能です。
ストップロス損切ラインの設定。
推定損失が表示されます。
テイクプロフィット利確確定ラインの設定。
推定利益が表示されます。

売り買いは価格の背景色の濃さで判断しましょう。上記の画像では買いが選択されています。

POINT

ストップロスとテイクプロフィットは注文した後でも設定・変更が可能です。
設定をオンにすると、推定損失と推定利益を見れるので、初心者でも簡単に損益を把握することができます。

手順
項目を入力したら「注文を確定する」をタップすると注文は完了です。

予約注文

予約注文とは、ある価格になったら売り買いすることを予約しておくことです。
XMアプリの予約注文画面は以下のようになっています。

XM-XMアプリ-予約注文

▼XMアプリの予約注文画面
項目詳細
売り・買い売り注文または買い注文を選択。
背景が濃い方の方法で注文されます。
設定価格予約注文で売り買いしたい
価格を入力。
ロット数通貨の取引量を選択。
0.01から購入可能です。
ストップロス損切ラインの設定。
推定損失が表示されます。
テイクプロフィット利確確定ラインの設定。
推定利益が表示されます。

予約注文は、注文を確定しても設定価格で指定した値になるまでは注文されないので、注文の取り消し(キャンセル)をすることも可能です。

女性講師

こちらの予約注文もチャートを見ながら注文することができないため、チャートを見ながら注文したい方は、MT5アプリを使いましょう。

注文の変更

手順

注文した後に注文の変更や注文の取り消しを行いたい場合は、画面下の「注文」をタップすると未決済ポジションが表示されているので、変更したいポジションをタップします。

XM-XMアプリ-注文の変更
手順
設定価格を入力したら「注文を変更する」をタップすると注文の変更は完了です。
XM-XMアプリ-注文の変更 価格設定の変更
手順

予約注文を取り消しする場合は、画面下の「注文」をタップすると予約注文が表示されているので、取り消したいポジションの「×」をタップします。

XM-XMアプリ-予約注文の取り消し
手順
注文を決済するというポップアップ画面が表示されるので「OK」をタップすると予約が取り消されます

XM-XMアプリ-予約注文の取り消し確認

以上でXMアプリの注文の変更と取り消しは完了です。

XMアプリの決済方法

手順

XMアプリで決済したい場合は、画面下の「注文」をタップすると未決済ポジションが表示されるので、決済したいポジションの「×」をタップします。

XM-XMアプリ 決済
手順
注文を決済するというポップアップ画面が表示されるので「OK」をタップすると注文決済は完了します。
XM-XMアプリ-予約注文の取り消し確認
手順

チャートを見ながら決済したい場合は、チャート画面にある「未決済ポジション」をタップすると、未決済ポジションが表示されるので、決済したいポジションの「×」をタップし、「OK」をタップすると決済は完了します。

XM-XMアプリ-チャート画面から決済

XMアプリの部分決済と一括決済

XMアプリでは、上記の決済方法とは別に部分決済と一括決済が可能となっています。

XMアプリの部分決済と一括決済
  • 部分決済:
    保有しているポジションを小分けにして決済
  • 一括決済:
    両建てしているポジションの売りと買いを同時に決済
XMアプリの部分決済

XMアプリの部分決済は、注文画面に入り部分決済したいポジションをタップします。


画面上部の「部分決済」をタップし、ロット数を決めたら「決済」をタップすると部分決済は完了です。

XM-XMアプリ-部分決済する

XMアプリの一括決済

XMアプリの一括決済は、注文画面に入り一括決済したいポジション(両建てしているポジションの売りまたは買い)をタップします。


次に、画面上部の「一括決済」をタップすると両建てしている片方(売りまたは買い)が表示されるので、チェックを入れて「決済する」をタップすると一括決済は完了です。

XM-XMアプリ-一括決済

XMアプリのワンタップトレードの
設定

手順
XMアプリのワンタップトレードの設定は、チャート画面の右上の設定をタップします。
XM-XMアプリ-ワンタップトレードの設定
手順
「ワンタップトレード」をタップします。
XM-XMアプリ-ワンタップトレードをオンにする
手順
「ワンタップトレードが有効になりました」と表示されるので「OK」をタップします。(初回のみ)
XM-XMアプリ-ワンタップトレードを有効にする
手順

ワンタップトレードをオンにするとチャート画面から注文ができるようになります。

ロット数を選択して売りまたは買いをタップすると即注文されます。

XM-XMアプリ-ワンタップトレードのやり方

XMアプリのワンタップトレード
  1. 銘柄のスプレッド
  2. ロット数
  3. 売りを注文
  4. 買いを注文
注意

ワンタップトレードはチャートを見ながら注文できますが、売り/買いをタップしたら即注文されるので、ロット数や売り/買いなどを間違わないように注意しましょう。

MT5のカスタマイズ

XMアプリでもインジケーターを設定する事ができます。

手順

まずはトレードしたい銘柄をタップした後、チャート画面を表示し、スマホを横にして横画面表示にします。

※インジゲーターの設定は縦画面では使えないので注意してください。

XM-XMアプリ-インジゲーターの設定
手順
チャート画面を表示させたらスマホを横にもって横画面表示にして、画面をタップします。

画面をタップすると両端に以下のアイコンが表示されます。

ここからは両端のアイコンについて紹介していきます。

1.時間足の変更

XMアプリでは画面左の時間足のアイコンをタップすると、時間足の長さを変更することができます。

XM-XMアプリ-時間足の変更

XMアプリの時間足の変更
  • M1=1分足
  • M5=5分足
  • M15=15分足
  • M30=30分足
  • H1=1時間足
  • H4=4時間足
  • D1=日足
  • W1=週足
  • MN=月足

2.チャートタイプの変更

XMアプリでは画面左のチャートのアイコンをタップすると、チャートタイプを変更することができます。

XM-XMアプリ チャートの変更

バーチャート

XM-XMアプリ バーチャート

ローソク足

XM-XMアプリ ローソク足

ラインチャート

XM-XMアプリ ラインチャート

3.インジケーター

XMアプリでは画面左のインジゲーターのアイコンをタップすると、インジゲーターの設定・表示をすることができます。

XM-XMアプリ-インジゲーター

XMアプリの主なインジゲーターは以下のとおりです。

XMアプリの主なインジケーター

XMアプリには上記を含め全96種類のインジケーターが設定できます
以下の一覧は、スマホのMT4アプリで使えるインジケーターのリストです。

▼タグをクリックすると開きます▼
▼タグをタップすると開きます▼
MT4アプリで使えるインジケーター一覧
トレンド系インジケーター

オシレーター系インジケーター

ボリューム系インジケーター

ビル・ウィリアムズ・インジケーター

4.オブジェクト

XMアプリでは画面左のオブジェクトのアイコンをタップすると、円を描いたり水平線を描いたりすることができます。

XM-XMアプリ オブジェクト一覧

XMアプリのオブジェクト一覧

5.銘柄の変更

銘柄の変更は、画面右上のアイコンをタップすると変更できます。

XM-XMアプリ-銘柄の変更

現在選択しているウォッチリスト内にある銘柄を変更できます

6.クロスヘア(十字カーソル)

手順
クロスヘア(十字カーソル)を使うとチャート上に十字線が表示されx軸の価格とy軸の日付が表示されます。
XM-XMアプリ クロスヘア
手順

すると下の画像のような十字カーソルが表示され、確認したいポイントに十字カーソルをあわせると横軸に「価格」、縦軸に「日時」が表示されます

XM-XMアプリ-クロスヘアで詳細を見る

設定

手順
まずはトレードしたい銘柄をタップした後、チャート画面を表示し、スマホを横にして横画面表示にしましょう。
XM-XMアプリ-インジゲーターの設定をする場合
手順
横画面表示にして画面をタップすると画面左にアイコンが表示されるのでタップして設定を行ってください。

XM-XMアプリ-インジゲーター

注意

※インジゲーターの設定は縦画面では使えないので注意してください。

XMアプリに関するFAQ

XMアプリとMT4/MT5アプリは何が違うの?

XMアプリとMT4/MT5アプリは何が
違うの?
XMアプリはXMが独自に開発した「XMTradingアプリ」で、XMの会員ページ機能とMT5のトレード機能が一つになったスマホアプリです。MT4/MT5はMetaQuarts社が開発したトレード専用のスマホアプリです。
▼XMアプリとMT4/MT5の違い
XMアプリMT4/MT5アプリ
使える業者XMのみほとんどの海外業者で使用可
口座管理MT4/MT5口座
ともに可
不可
トレードMT5口座のみ可MT4/MT5口座
ともに可

XMアプリでは、わざわざブラウザを開かなくても資金の入出金・資金振替・追加口座の開設など公式サイトでできることが全て利用可能です。

ただし、トレードはMT4口座には対応していないため、XMアプリでトレードを行いたい場合は、XMでMT5口座を開設しましょう。

XMで口座開設がまだの方は赤色のボタン、口座をお持ちの方は緑色のボタンよりMT5口座を開設して下さい。

XMTradingアプリは、どこから入手
できますか?

XMTradingアプリは、どこから入手
できますか?
Androidの方は「Google Play」、iPhoneの方は「App Srore」で「XMTrading」を検索してください。

ストアで検索するとアイコンが「XMTrading」と「XM」が出てくるので「XMTrading」をインストールしてください。

機能は同じですが「XM」の方は日本語対応していないので注意してください。

XM-XMアプリインストール

XMアプリでトレードしたいけど
MT4口座は対応していますか?

XMアプリでトレードしたいけどMT4口座は対応していますか?
いいえ、MT4口座は対応していません。XMアプリの会員機能はMT4/MT5共通で使えますが、トレード機能はMT5口座のみ利用可能です。

XMアプリでインジゲーターの設定ができないんだけど

XMアプリでインジゲーターの設定が
できないけどどうして?
XMアプリでインジゲーターを設定する場合は、チャート画面を表示し、スマホを横にもって横画面表示にする必要があります。
手順
まずはトレードしたい銘柄をタップした後、チャート画面を表示し、スマホを横にして横画面表示にしましょう。
XM-XMアプリ-インジゲーターの設定をする場合
手順
横画面表示にして画面をタップすると画面左にアイコンが表示されるのでタップして設定を行ってください。

XM-XMアプリ-インジゲーター

注意

※インジゲーターの設定は縦画面では使えないので注意してください。

女性講師

XMアプリついての記事は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは、次回またお会いしましょう!

XMTradingアプリについて思うこと

ライターズテキスト

ライターズテキスト

XMTradingアプリとXMアプリを
間違えないように

XMTradingアプリは、XMが独自開発したアプリで、会員ページの機能とMT5のトレード機能がひとつになったスマホ用アプリです。

XMTradingアプリは、AndroidならGooglePlay、iphoneならAppStoreからダウンロードすることができます。

検索する際は「XMTrading」で検索するようにしましょう。

「XMTrading」と「XM」が検索結果で表示されますが、ロゴに「XM TRADING」と記載があるほうが新バージョンとなっています。

「XM」旧バージョンへのログインはできないので注意してください。

XMTradingアプリを使った感想

XMアプリは入出金からトレードまでスマホ1つで完結できます。

ただし、トレード機能はMT4に対応していないため、MT5で口座を開設しなければなりません。

XMアプリを使ってみた感想は、口座管理の場合、わざわざWebブラウザから行く必要はなく、取引画面から入出金やレバレッジの変更、ライブチャットもスムーズに使えるので便利だと感じました。

ただ、取引する場合、インジケーターやオブジェクトの設定は横画面しないといけないとか、MT4には対応していないなど、取引に関してはMT4/MT5アプリの方が使いやすいと感じました。

なので、口座管理はXMアプリ、取引はMT4/MT5アプリという使い分けをする方法もいいのではないでしょうか。