アイキャッチ

FX業者で取引する際には、「スプレッド」という取引コストが発生します。

海外FX業者のスプレッドは常に変化しており、特に選挙や要人発言がある時には激しく変化する可能性があります。

有利なトレード環境を作る為、ポジションを取る前に平均スプレッドを確認し、現在のスプレッドとの違いを把握しておきましょう。

VantageFXのスプレッドはどう?

VANTAGE FXのスプレッドは、他の海外FX業者と比べると一番狭いとは言えないまでも比較的狭い傾向にあります。

一般的に、狭いスプレッドがあるFX会社は、ボーナスは相対的に少ないと言われています。

しかし、VANTAGE FXは、豊富なボーナスがあり、スプレッドも狭いことが特徴です。

VantageFXでは、低スプレッドのRAW(ECN)口座のスプレッドを公開しています。

スタンダード口座のスプレッド手数料の計算方法

スプレッドとは、基本的に「買値」と「売値」の価格差を指します。

この価格差は実質的なFX会社の手数料となりますので、ポジションを取る前に大体の手数料(スプレッド)を把握したいですよね。

▼参考画像:売買価格差(スプレッド)

スプレッドの計算方法

スプレッド手数料の計算方法は以下のようになっています。

スタンダード口座 スプレッド手数料の計算方法

売買価格差(スプレッド) × 取引量 = 取引コスト

【EURUSDの計算例】

売買価格差(スプレッド)は、【買値】1.17699 – 【売値】1.17685 = 0.00014(1.4pip)

取引コストは算出されたスプレッドに取引通貨量を掛ける事で計算できます。

ここでは、例として1ロット(10万通貨)取引するとします。

1ロットの取引コスト=0.00014×100,000=14

算出した結果はUSD(ドル)なので、日本円に換算すると

14 × 105.00(ドル円レート) = 1,470円

EURUSDを1ロット売買する場合のスプレッド手数料は、およそ1,470円となることがわかります。

RAW(ECN)口座のスプレッド+取引手数料の計算方法

VANTAGE FXのRAW(ECN)口座の場合、スプレッドを低スプレッドにする代わりに、スプレッド(手数料)とは別に取引手数料を支払います。

そのため、取引コストを求める際は、【低スプレッド+取引手数料】を合計して考える必要があります。

RAW(ECN)口座 取引コストの計算方法

売買価格差(スプレッド) × 取引量 + ECN取引手数料 = 取引コスト

ECN口座の手数料の求め方は、FX業者ごとに違いがある為、各業者別で把握しておく必要があります。

VANTAGE FXの場合は、口座の基本通貨でRAW口座の手数料が変化します。

口座の基本通貨別に1LOTあたりの手数料を日本円に換算しました(表は片道分の手数料です)。

※1Lot=100,000通貨
取引口座の通貨 1LOTあたりの手数料 日本円換算
AUD $3/lot ¥229
USD $3/lot ¥317
GBP £2/lot ¥275
EUR €2.5/lot ¥312
SGD $3.50/lot ¥273
JPY ¥275/lot ¥275
NZD $3.25/lot ¥228
CAD $3/lot ¥241

※赤=一番高い手数料
※青=一番低い手数料
※2020年10月12日のレートで換算

女性講師

他の業者に比べると、ECN口座の1ロットあたりの取引手数料は、かなり割安ですね。
海外FX業者の中でも最安と言われるTitanFXの手数料と比べても25%ほど安いです。

▼日本円建て口座の片道の取引手数料
ECN口座 VantageFX TitanFX
1ロットあたりの
取引手数料
275円/lot 360円/lot

【EURUSDの計算例】

RAW(ECN)口座のEURUSDのスプレッドは0.00003(0.3pip)

まず、算出されたスプレッドに取引通貨量を掛けます。
ここでは例として、1ロット(10万通貨)を取引したとします。

1ロットの取引コスト=0.00003×100,000=3

算出した結果はUSD(ドル)なので、日本円に換算すると

3 × 105.00(ドル円レート) = 315円

さらに、取引手数料を加算することで、トータルの取引コストが算出できます。

315円(スプレッド手数料)+550円/lot(往復の取引手数料)= 865円

RAW(ECN)口座のEURUSDのトータルの取引コストは、およそ865円ということがわかります。

RAW(ECN)口座についての詳細は、公式サイトでも確認ができます。

VANTAGE FX 全銘柄のスプレッド一覧表

スプレッドは市場の流動性や経済状況の変化等によって常に変動しています。

以下の一覧表では、9月14日から10月9日(約4週間)の各銘柄のスプレッド平均をまとめています。

スタンダード口座とRAW(ECN)口座でかかる取引手数料の総額を日本円で併記していますので、口座選びに迷っている人は、お役立てください。

外国為替スプレッド一覧表

  • スタンダード・RAW(ECN)口座ともに1ロット取引した場合を換算
  • RAW(ECN)口座は円建て口座とし、スプレッド+往復手数料を加算
  • 往復取引手数料は550円

メジャー通貨

通貨ペア 平均スプレッド
(ECN)
取引コスト/lot(円) 平均スプレッド
(STP)
取引コスト/lot(円)
EURUSD 0.27 ¥832 1.37 ¥1,441
GBPUSD 0.44 ¥1016 1.64 ¥1,730
USDJPY 0.26 ¥805 1.45 ¥1,450
AUDUSD 0.38 ¥949 1.58 ¥1,665

他の通貨ペア

通貨ペア RAW(ECN)口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円) スタンダード口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円)
AUDCAD 0.95 ¥1,310 2.15 ¥1,723
AUDCHF 0.74 ¥1,407 1.94 ¥2,240
AUDCNH 10.16 ¥2,140 11.36 ¥1,778
AUDJPY 0.6 ¥1,150 1.8 ¥1,800
AUDNZD 1.07 ¥1,298 2.27 ¥1,590
AUDSGD 2.49 ¥2,480 3.67 ¥2,850
CADCHF 0.79 ¥1,457 1.99 ¥2,289
CADJPY 0.9 ¥1,450 2.1 ¥2,100
CHFSGD 3.38 ¥3,173 4.78 ¥3,710
CHFJPY 0.58 ¥1,150 1.78 ¥1,800
EURAUD 0.82 ¥1,167 2.02 ¥1,524
EURCAD 1.1 ¥1,432 2.3 ¥1,845
EURCHF 0.54 ¥1,172 1.74 ¥2,005
EURGBP 0.35 ¥1032 1.56 ¥2,118
EURJPY 0.46 ¥1,050 1.66 ¥1,700
EURNOK 28.58 ¥3,811 34.2 ¥3,902
EURNZD 2.66 ¥2,419 2.86 ¥2,010
EURPLN 18.19 ¥5,560 21 ¥5,781
EURSEK 21.68 ¥3,136 27.83 ¥3,321
EURSGD 1.82 ¥1,964 3.01 ¥2,336
GBPAUD 1.12 ¥1,394 2.32 ¥1,751
GBPCAD 1.48 ¥1,741 2.69 ¥2,154
GBPCHF 0.89 ¥1,570 2.08 ¥2,401
GBPJPY 0.79 ¥1,350 1.99 ¥2,000
GBPNZD 1.75 ¥1,781 2.95 ¥2,072
GBPSGD 2.7 ¥2,442 3.9 ¥2,988
NZDCAD 1.23 ¥1,536 2.43 ¥1,950
NZDCHF 0.71 ¥1,364 1.91 ¥2,199
NZDJPY 0.71 ¥1,250 1.91 ¥1,900
NZDSGD 1.68 ¥1,854 2.87 ¥2,224
NZDUSD 0.69 ¥1,276 1.78 ¥1,876
SGDJPY 1.42 ¥1,950 2.62 ¥2,600
USDCAD 0.36 ¥838 1.56 ¥1,253
USDCHF 0.4 ¥1014 1.6 ¥1,849
USDCNH 2.22 ¥898 3.39 ¥531
USDMXN 46.22 ¥2,833 58.61 ¥2,896
USDNOK 25.77 ¥3,487 26.97 ¥3,074
USDPLN 21.44 ¥6,460 24.24 ¥6,682
USDSEK 20.14 ¥2,955 21.34 ¥2,548
USDSGD 1.15 ¥1,440 2.34 ¥1,818
USDZAR 63.45 ¥4,600 72.7 ¥4,641

株価指数スプレッド一覧表

株価指数はスタンダード口座(STP)のみでの取り扱いになります。
株価指数のスプレッドはpipではなくポイントで表示されていますが基本的な計算方法は同じです。

加えて、株価指数は、スプレッドもスワップポイントも当該国通貨で換算されますので、注意しましょう。

例)SPI200(豪)の取引コストの計算例

スプレッドの算出法【買値】6183.58 – 【売値】6182.03 = 1.55

取引コストは、スプレッド×取引量で算出されますので、仮に1lot取引すると

1.55(スプレッド) × 1lot(取引量) × 74.00(オーストラリアドル円レート) = 114.7円

つまり、SPI200の1ロットあたりの取引コストは、114.7円/lotとなります。

※こちらの一覧表は10月22日のレートで換算しています。

銘柄名
(基本通貨)
スタンダード口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円)
SPI200
(AUD)
1.55 ¥115
CHINA50
(USD)
5 ¥523
DAX30
(EUR)
0.5 ¥62
DJ30
(USD)
1.4 ¥146
ES35
(EUR)
4.25 ¥526
EU50
(EUR)
1.4 ¥173
FRA40
(EUR)
1 ¥123
FTSE100
(GBP)
1.1 ¥150
HSI
(HKD)
4 ¥54
NAS100
(USD)
0.8 ¥83
Nikkei225
(JPY)
6.2 ¥6
SP500
(USD)
0.3 ¥31
USDX
(USD)
0.028 ¥3
VIX
(USD)
0.081 ¥8
US2000
(USD)
0.32 ¥33
TW50
(USD)
0.16 ¥16

エネルギー銘柄スプレッド一覧表

エネルギー銘柄もスタンダード口座のみの取り扱いになります。

エネルギー銘柄のスプレッドはpipではなくポイントで表示されていますが基本的な計算方法は同じです。

エネルギー銘柄はすべて、対USDの価格であらわされているので、スプレッドもUSDで計算します。

例)CL-OIL(WTI原油)の取引コストの計算例

CL-OILの平均スプレッドは、32.66

取引コストは、スプレッド×取引量で算出されますので、仮に1lot取引すると

32.66(スプレッド) × 1lot(取引量) × 105.00(ドル円レート) =3443 円

つまり、CL-OIL(WTI原油)の1ロットあたりの取引コストは、3443円/lotとなります。

※こちらの一覧表は10月22日のドル円レートで換算しました。

銘柄名 スタンダード口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円)
NG 7.17 ¥756
Gas 56.73 ¥5,981
GASOIL-C 62.19 ¥6,557
CL-OIL 32.66 ¥3,429
USOUSD 28.55 ¥3,010
UKOUSD 36.06 ¥3,802

コモディティスプレッド一覧表

コモディティ銘柄もスタンダード口座のみの取り扱いになります。

コモディティ銘柄のスプレッドはpipではなくポイントで表示されていますが基本的な計算方法は同じです。

コモディティ銘柄はすべて、対USDの価格であらわされているので、スプレッドもUSDで計算します。

例)Cotton-C(綿花)の取引コストの計算例

Cotton-Cの平均スプレッドは、152

取引コストは、スプレッド×取引量で算出されますので、仮に1lot取引すると

152(スプレッド) × 1lot(取引量) × 105.00(ドル円レート) = 15960円

つまり、Cotton-C(綿花)の1ロットあたりの取引コストは、15960円/lotとなります。

※こちらの一覧表は10月22日のドル円レートで換算しました。

銘柄名 スタンダード口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円)
Cocoa-C 50 ¥5,272
Coffee-C 29 ¥3,058
Cotton-C 152 ¥16,026
Orange-C 89 ¥9,383
Sugar-C 50 ¥5,272

貴金属スプレッド一覧表

貴金属のスプレッドはゴールド/USD,ゴールド/AUDという形で、2種類あります。

貴金属のスプレッドは、pipではなくポイントで表示されていますが、基本的な計算方法は同じです。

また、貴金属銘柄はRAW(ECN)口座で取り扱っていますので、表にもRAW(ECN)口座の数値も書き入れています。

例)XAUUSD(ゴールド/米ドル)の取引コストの計算例(ECN)

XAUUSDの平均スプレッドは、14.9

取引コストは、スプレッド×取引量+ECN取引手数料で算出されますので、仮に1lot取引すると

14.9(スプレッド) × 1lot(取引量) × 105.00(ドル円レート) = 1565円

さらに、1lotあたりの往復手数料である550円/lotを加算すると、

1565円 + 550円 = 2114円

つまり、RAW(ECN)口座のXAUUSD1ロットあたりの取引コストは、2114円/lotとなります。

※こちらの一覧表は10月22日のドル円レートで換算しました。

通貨ペア RAW(ECN)口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円) スタンダード口座
平均スプレッド
取引コスト/lot(円)
XAUUSD 14.9 ¥2,067 26.9 ¥2,833
XAGUSD 26.7 ¥3,318 26.7 ¥2,818
XAUAUD 50 ¥4,275 66 ¥4,983
XAGAUD 39 ¥3,436 39 ¥2,936
Copper-C 31.3 ¥3,702 33.3 ¥3,513

個別株式スプレッド一覧表

個別株式銘柄もスタンダード口座のみの取り扱いになります。

個別株式銘柄のスプレッドはpipではなくポイントで表示されていますが基本的な計算方法は同じです。

個別株式銘柄のスプレッドは、各市場によって通貨が異なるので、スプレッドを計算する場合は、当該市場の通貨に換算しなおす必要があります。

取引銘柄 取引通貨 1pointあたりの価値
アメリカ株式 米ドル(USD) 1セント
ヨーロッパ株式 ユーロ(EUR) 1ユーロセント
イギリス株式 ポンド(GBP) 1ペンス
オーストラリア株式 豪ドル(AUD) 1豪ドルセント

アメリカ株(USD)

この一覧表では、2020年10月14日のスプレッドを当日の日本円レートに換算しています。

銘柄名 平均スプレッド 取引コスト/lot(円)
AAPL 4 ¥4
GOOG 16 ¥16
MSFT 4 ¥4
AMAZON 113 ¥119
FB 3 ¥3
ALIBABA 2 ¥2
JPM 1 ¥1
JNJ 2 ¥2
EXXON 1 ¥1
BAC 1 ¥1
WFC 1 ¥1
WMT 2 ¥2
VISA 4 ¥4
CVX 1 ¥1
HD 7 ¥7
TSM 1 ¥1
AT&T 1 ¥1
UNH 17 ¥18
INTEL 1 ¥1
PFIZER 1 ¥1
VZ 1 ¥1
PG 2 ¥2
HSBCn 1 ¥1
CHL 1 ¥1
NVS 2 ¥2
ORCL 1 ¥1
CISCO 1 ¥1
TOYOTA 32 ¥33
CITI 1 ¥1
KO 1 ¥1
BOEING 13 ¥13
CMCSA 1 ¥1
MA 8 ¥8
BUD 1 ¥1
PEP 2 ¥2
PM 3 ¥3
DISNEY 3 ¥3
UN 3 ¥3
IBM 4 ¥4
MMM 9 ¥9
NVIDIA 25 ¥26
NFLX 37 ¥38
SNP 15 ¥15
BAIDU 3 ¥3
JD 1 ¥1
NTES 5 ¥5
MCD 4 ¥4
SBUX 1 ¥1
ABBVIE 1 ¥1
TCOM 1 ¥1
TSLA 8 ¥8

アメリカ株の詳細は、以下のリンクから公式ページの紹介を見ることができます。

ヨーロッパ株(EUR)

銘柄名 平均スプレッド 取引コスト/lot(円)
BCP 8 ¥99
SON 25 ¥309
EDP 1 ¥12
GALP 16 ¥198
MT 4 ¥50
AI 5 ¥62
AIR 3 ¥37
CS 4 ¥50
BNP 1 ¥12
ACA 2 ¥25
RNO 10 ¥124
GLE 4 ¥50
FP 10 ¥1,24
VIE 1 ¥12
OR 10 ¥124
SANOFI 1 ¥12
LVMH 5 ¥62
ABN 4 ¥50
AGN 2 ¥25
ASML 10 ¥124
HEIA 2 ¥25
INGA 3 ¥37
PHIA 5 ¥62
UNA 20 ¥247
CBK 2 ¥25
CON 6 ¥74
DBK 2 ¥25
EOAN 4 ¥50
SAP 6 ¥74
ALV 4 ¥50
SIE 2 ¥25
IFX 5 ¥62
BAYN 1 ¥12
BAS 1 ¥12
SANTANDER 8 ¥99
SAB 4 ¥50
BBVA 20 ¥247
BKIA 10 124
CABK 1 ¥12
IBE 5 ¥62
REP 4 ¥50
TEF 2 ¥25
MAP 1 ¥12
ELE 20 ¥247
ITX 1 ¥12

欧州株の詳細は、以下のリンクから公式ページの紹介を見ることができます。

イギリス株(UK)

通貨ペア 平均スプレッド 取引コスト/lot(円)
RDSB 80 ¥11
HSBA 10 ¥1
ULVR 100 ¥13
BATS 50 ¥7
BHP 40 ¥5
RIO 100 ¥13
GSK 40 ¥5
AZN 300 ¥41
DIAGEO 100 ¥13
VOD 2 ¥0
GLEN 12 ¥2
LLOY 1 ¥0
PRU 50 ¥7
RB 200 ¥27
CCL 60 ¥8
BARC 6 ¥0
RELX 50 ¥7
IMB 100 ¥14
STAN 20 ¥3
BT.A 4 ¥0
AAL 140 ¥19
CPG 100 ¥19
ABF 150 ¥21
AVIVA 20 ¥3
BAE 10 ¥1
TESCO 10 ¥1

イギリス株の詳細は、以下のリンクから公式ページの紹介を見ることができます。

オーストラリア株(AUD)

銘柄名 平均スプレッド 取引コスト/lot(円)
CBA 1 ¥1
BHPGROUP 1 ¥1
CSL 4 ¥2
WBC 1 ¥1
ANZ 1 ¥1
NAB 1 ¥1
TLS 1 ¥1
MQG 1 ¥1
WES 1 ¥1
WOW 2 ¥1
TCL 1 ¥1
RIOTINTO 1 ¥1
WPL 1 ¥1
GMG 1 ¥1
FMG 2 ¥1
NCM 1 ¥1
BXB 1 ¥1
SCG 1 ¥1
ALL 1 ¥1
IAG 1 ¥1
AMC 1 ¥1
COL 1 ¥1
SYD 1 ¥1
SUN 1 ¥1
S32 1 ¥1
ASX 1 ¥1
QBE 1 ¥1
DXS 1 ¥1
STO 1 ¥1
AGL 1 ¥1
MGR 1 ¥1
REA 4 ¥2
ORG 1 ¥1
COH 4 ¥1
AZJ 1 ¥1
SGP 1 ¥1
A2M 1 ¥1
MPL 1 ¥1
TAH 1 ¥1
CPU 1 ¥1
QAN 1 ¥1
XRO 2 ¥1
CWN 1 ¥1
SEEK 1 ¥1
LLC 1 ¥1
ALD 2 ¥1
AMP 0 ¥0
BSL 1 ¥1
APT 1 ¥1
FLT 1 ¥1

豪州株の詳細は、以下のリンクから公式ページの紹介を見ることができます。

VANTAGE FX スプレッドの特徴

スプレッドの狭くなる/広がる時間帯

スプレッドは常に上下し変化しています、スプレッドが広がる時間帯を避け、スプレッドが狭くなる時間帯を狙って売買する事で手数料が抑えられます。
特に大きなポジションを持つ場合には注意しておいた方がよいでしょう。

スプレッドが広がりやすい時間帯

  • 早朝の時間帯
  • 月曜日
早朝の時間帯

取引量が減ってくると、スプレッドが広がます。
ですので、日本時間の早朝(6時~7時)付近には、早朝はNY時間のクローズなどもあり他の時間帯に比べて、比較的取引量が少なく、スプレッドが広がる傾向にあります。
朝の時間帯に取引をしたい場合は、取引前に平均スプレッドと見比べ、コストを確認したほうが良いでしょう。

VANTAGE FXの根拠地であるオーストラリアの開場となる日本時間の8時にはスプレッドはやや安定しているように感じました。

月曜日の朝は注意

レートが激しく変動するとスプレッドが広がります。
選挙要人発言など、相場を影響しやすいイベントは、よく週末に行われます。
その場合、金曜の終値と月曜の始値に大きな差が生じることがあります。

スプレッドも大きくなる為、売買をする前に先にコストを確認しましょう。

スプレッドが変動しやすい時間帯

特別なイベントや事件があった時にはスプレッドは特に大きく広がります。

  • 経済指標発表時
  • 災害、テロなど
経済指標発表時

政策金利など経済指標時は、レートが激しく変動する可能性があります。
なので、FX業者が被る損失をなるべく防ぐ為、一時的にスプレッドが広がる可能性があります。

災害、テロなど

地震、津波などの自然災害やテロなどの原因で、FX業者や業者の所在国が予想外の災害を受ける場合もあります。
その場合には変動を見据えて、注文や決済が増やす可能性があり、スプレッドも一時的に広がることがあります。

他の海外FX業者と平均スプレッド、取引手数料を比較

実際にVANTAGE FXのスプレッドは他の海外FX業者と比べてどうなのでしょうか?
スプレッドの特に狭いTaitan FXと比較してみました。

スタンダード口座比較

通貨ペア VANTAGE FX
平均スプレッド
Titan FX
平均スプレッド
EURUSD 13.67 12
GBPUSD 16.41 15.7
USDJPY 14.54 13.3
AUDUSD 15.79 15.2
男性講師

スタンダード口座の主要な通貨ペアは、TAITANFXの方がVANTAGEFXよりもスプレッドが狭くなっていますが、VANTAGE FXのボーナスを含めて計算するとTitanFXより有利な可能性があります。

ECN口座比較

スプレッド+ECN取引手数料(円口座VANTAGE往復550円、TAITANFX往復720円)を総コストとして計算

通貨ペア VANTAGE FX
平均スプレッド
VANTAGE FX
総コスト円
Titan FX
平均スプレッド
Titan FX
総コスト円
EURUSD 0.26 \820 0.2 \928
GBPUSD 0.44 \1,008 0.57 \1,313
USDJPY 0.25 \810 0.33 \1,063
AUDUSD 0.37 \935 0.52 \1,261
男性講師

VANTAGE FXのECN口座のスプレッドはしっかり狭いと言えます。
また、円建て口座でのECN手数料が安く、取引手数料の安いTAITANFXと比較しても少し優位に感じました。

指標発表時のスプレッド変化

VANTAGE FXでも他の業者と同じように指標発表時にスプレッドは大きく変化します。
今回は10月16日の指標発表時のスプレッド変化を記録してみました。

経済指標カレンダー

指標発表の20:30から1分足で観察しました。

経済指標発表後の変化

  • 20:30 1.3pips
  • 20:35 1.8pips
  • 20:36 1.5pips

指標発表された後の5分間、スプレッドは少しだけ広がりましたが、激しく変化する様子は捕えらえられませんでした。
激しく変化する場合もありますので、取引を行う前に平均スプレッドとの差額の価値は常に頭に入れておいた方が良いでしょう。

また、スリッページについてはこちらのページに書かれています

VANTAGE FXのスプレッドの傾向まとめ

今回調査したVANTAGE FXのスプレッド、取引手数料は狭い、安いと言えます。

特にECN口座ではECN手数料も安く、算出方法もわかりやすい為、利用しやすい口座となるのではないでしょうか。
※ただしECN口座では取引できる銘柄が限られる事、ボーナスの付与がスタンダード口座と比べて薄い事も考慮してください。

男性講師

VANTAGE FXのスプレッドや手数料についての記事は以上になります。
VANTAGE FXについて知る為の一助となれば幸いです。それでは、次回またお会いしましょう!

VANTAGE FXのスプレッドに関するよくある質問(FAQ)

VANTAGE FXのスプレッドは変動制ですか?
VANTAGE FXのスプレッドは変動制です。
基本的には流動量が多ければスプレッドはタイトになる傾向があります。
VANTAGE FXのスプレッドの確認方法は?
VANTAGE FXへアクセスし画面上の「取引」の「外国為替」より確認できます。
スプレッドの取引コストの計算方法は?
「売買価格差(スプレッド) × 取引量 = 取引コスト」で求められます。
EURUSDを1ロット(10万通貨)を取引し、売買価格差(スプレッド)が0.00014(1.4pip)だったと仮定すると
1ロットの取引コストは0.00014×100,000=14(USD)となり、日本円に換算すると
14×105.00(ドル円レート)=1,470円
つまりEURUSDを1ロット取引する場合の取引コストは、およそ1,470円と算出できます。
VANTAGE FXのスプレッドが突然広がったりすることはありますか?
指標発表時は広がることはあります。しかし、数分後には平均スプレッドに戻ることがほとんどです。
比較的、早朝の時間帯の方が広いスプレッドになりやすいので、早朝トレードする場合は気を付けましょう。