LANDFX(ランドFX)平均スプレッド一覧表とその挙動について

「LANDFXのスプレッドって、他と比較して狭いの?」
「LANDFXのスプレッドは、実際どんな感じなの?」

LANDFXのスプレッドは海外業者の中でも、優秀だと言われています。
この記事では、LANDFXのスプレッドを観察&記録して、その実態に迫りたいと思います。

Live口座とECN口座のスプレッドの違いや、他の海外業者との比較指標発表時のスプレッドの変化についても、検証していきたいと思います。

他のサイトでは載っていないような役立つ情報を書いていきたいと思いますので、LANDFXのユーザーや、LANDFXの利用を検討しているトレーダーの方の参考になれば幸いです!

※LPボーナス口座とLive口座のレバレッジ、スプレッド、スワップポイントは全て同じとなりますので、以下代表してLive口座で解説していきます。

このページの目次

LANDFXのLive口座スプレッド一覧

それでは、まず、Live口座のスプレッドから見ていきましょう。
Live口座は、LANDFXの中でスタンダード口座と呼ばれ、LANDFXの通常スプレッドを提供してくれる口座です。

LANDFXのLive口座で扱っている銘柄は、67通貨ペア、コモディティ8種、株価指数インデックス15銘柄の全90銘柄あります。

ご自身が普段、よくトレードする銘柄のスプレッドをチェックしてみてください。

Live口座通貨ペアの平均スプレッドと最小スプレッド一覧

LANDFX(Live口座)全通貨ペアの平均スプレッド最小スプレッドの一覧表です。

記載しているスプレッドの数値は、2019年9月の某週の複数日のスプレッド値を計測して、平均を出したものです。

そして、最小スプレッドは主にニューヨーク時間(22時~)に計測した値で最も低いものを計測しています。(ニューヨーク時間のスプレッド値が最もタイトに推移するため)

通貨のシンボルの名称

全67銘柄の中には、他の業者にはないようなエキゾチック通貨ペアが含まれています。
わからない場合は、以下の名称シンボルの対照表を参照してください。

  • CZK=チェココルナ
  • DKK=デンマーククローネ
  • HUF=ハンガリーフォリント
  • MXN=メキシコペソ
  • NOK=ノルウェークローネ
  • PLN=ポーランドズウォティ
  • RUB=ロシアルーブル
  • SEK=スウェーデンクローナ
  • TRY=トルコリラ
  • ZAR=南アフリカランド
  • ILS=イスラエル新シェケル
▼LANDFX(Live口座)の通貨ペアの平均スプレッドと最小スプレッド一覧表
最小スプレッド平均スプレッド
AUD/CAD3.0pips3.3pips
AUD/CHF1.7pips2.0pips
AUD/JPY1.7pips1.8pips
AUD/NZD2.3pips2.6pips
AUD/USD1.1pips1.3pips
CAD/CHF2.1pips2.2pips
CAD/JPY2.1pips2.3pips
CHF/JPY2.0pips2.2pips
EUR/AUD1.9pips2.1pips
EUR/CAD2.5pips2.7pips
EUR/CHF0.9pips1.2pips
EUR/CZK25.7pips28.3pips
EUR/DKK12.7pips25.2pips
EUR/GBP1.9pips2.0pips
EUR/HKD16.3pips22.0pips
EUR/HUF57.9pips58.4pips
EUR/JPY1.2pips1.3pips
EUR/MXN36.0pips42.5pips
EUR/NOK30.0pips32.0pips
EUR/NZD3.0pips3.2pips
EUR/PLN16.4pips20.2pips
EUR/RUB19.3pips32.5pips
EUR/SEK25.4pips28.0pips
EUR/SGD3.6pips4.1pips
EUR/TRY87.9pips99.2pips
EUR/USD0.7pips0.8pips
EUR/ZAR47.4pips51.0pips
GBP/AUD2.3pips2.5pips
GBP/CAD4.2pips5.9pips
GBP/CHF2.4pips2.6pips
GBP/CZK取扱停止中
GBP/DKK34.0pips36.7pips
GBP/HKD18.5pips27.4pips
GBP/HUF取扱停止中
GBP/JPY1.5pips1.7pips
GBP/MXN37.7pips46.1pips
GBP/NOK31.7pips34.8pips
GBP/NZD4.2pips4.4pips
GBP/PLN30.2pips32.0pips
GBP/SEK31.3pips32.6pips
GBP/SGD3.8pips4.3pips
GBP/TRY105.2pips119.3pips
GBP/USD1.0pips1.5pips
GBP/ZAR51.3pips53.2pips
NOK/SEK25.0pips26.5pips
NZD/CAD5.2pips5.6pips
NZD/CHF2.0pips2.4pips
NZD/JPY1.9pips2.1pips
NZD/SGD3.2pips3.7pips
NZD/USD1.7pips2.0pips
USD/CAD1.1pips1.2pips
USD/CHF0.9pips1.0pips
USD/CNH1.8pips2.0pips
USD/CZK38.6pips41.2pips
USD/DKK14.0pips14.2pips
USD/HKD16.2pips17.3pips
USD/HUF18.6pips18.7pips
USD/ILS取扱停止中
USD/JPY0.7pips0.8pips
USD/MXN24.4pips26.7pips
USD/NOK59.0pips63.0pips
USD/PLN53.4pips58.0pips
USD/RUB取扱停止中
USD/SEK69.0pips71.4pips
USD/SGD3.0pips3.1pips
USD/TRY34.8pips38.4pips
USD/ZAR89.3pips94.6pips

LANDFX(ランドFX)のリアルタイムスプレッドを確認するには?

平均スプレッドではなく現在のリアルタイムスプレッドを確認したい方は、LANDFXの公式サイトで確認できます。


スプレッドって具体的にどのくらいの金額になるの?

スプレッドの日本円での計算方法

スプレッドがどれくらいの金額になるのか? 疑問に思う人もいると思うので、計算方法をお伝えします。

スプレッドの具体的な金額はスプレッド×エントリー枚数(Lot)で簡単に計算できます。

米ドル/円やユーロ/円といった日本円が絡む通貨ペアは1pips=0.01円
ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルといったドル絡みの通貨ペアは1pips=0.0001ドルとなります。
決済通貨(右側通貨)が、円、ドル以外の時は1pips=0.0001(決済通貨)となります。
  • 例1)ドル円のスプレッドが1pipsの時に10万通貨(1LOT)エントリーした場合
  • 1pips(0.01円)×10万通貨=取引コストは1,000円

  • 例2)豪ドル米ドルのスプレッドが2.0pipsの時に10万通貨(1LOT)エントリーした場合
  • 2pips(0.0002ドル)×10万通貨=20ドル
    円に換算(記事作成時の為替レート)すると、20ドル×108円=取引コストは2,160円となります。

  • 例3)米ドルトルコリラのスプレッドが40pipsの時に10万通貨(1LOT)でエントリーした場合
  • 40pips(0.004トルコリラ)×10万通貨=400トルコリラ
    1トルコリラは19円(記事作成時の為替レート)なので400×19=取引コストは7,600円となります。


Live口座コモディティの平均スプレッドと最小スプレッド一覧

続いては、Live口座コモディティ商品の平均スプレッドと最小スプレッド一覧表です。

Live口座で取り扱っているコモディティ銘柄は、ブレント原油、WTI原油、天然ガス、シルバー、ゴールド、ゴールドミニ、パラジウム(取扱い停止中)、プラチナ(取扱い停止中)の全8銘柄あります。

▼LANDFX(Live口座)コモディティのスプレッド一覧表
銘柄最小スプレッド平均スプレッド
BRENTi
ブレント原油
0.6pips0.7pips
CRUDEi
WTI原油
0.6pips0.7pips
NGASi
天然ガス
14.1pips15.1pips
XAGUSD
シルバー
2.1pips2.4pips
XAUUSD
ゴールド
3.3pips3.4pips
XAUUSD_m
ゴールド(ミニ)
3.0pips3.4pips
XPDUSD
パラジウム
取扱停止中
XPTUSD
プラチナ
取扱停止中
男性講師

LANDFXでは、原油のスプレッドが他のコモディティ銘柄と比べても狭いですね。


Live口座の株価指数の平均スプレッドと最小スプレッド

Live口座では株価指数インデックスの取引も可能です。

スプレッド最小値と平均値一覧は、通貨ペアやコモディティと同じ方法で算出しましたが、株価指数の特性上、当該国の市場が開場している時間帯に狭いスプレッドが出る傾向があります。

LANDFXで取り扱っている株価指数インデックスは、日経225やダウ平均株価指数など全15銘柄あります。

▼LANDFX(Live口座)株価指数インデックスのスプレッド一覧表
銘柄内容最小スプレッド平均スプレッド
AU200オーストラリア200種株価指数2.8pips2.8pips
DE30DAX株価指数1.8pips2.3pips
DE30_miDAX株価指数mini1.9pips2.3pips
EU50欧州株価指数2.8pips2.8pips
FR40CAC40指数1.8pips2.1pips
HK50香港ハンセン指数42.2pips47.5pips
JP225日経2252.1pips2.4pips
SP500S&P500種株価指数1.7pips1.8pips
SP500_miS&P500種株価指数(mini)1.6pips1.7pips
SPAIN35スペイン35種株価指数6.6pips7.5pips
UK100FTSE株価指数2.3pips2.5pips
US30NYダウ平均株価指数1.7pips1.8pips
US30_miNYダウ平均株価指数(mini)1.6pips1.7pips
US100ナスダック100株価指数2.0pips2.1pips
US100_miナスダック100株価指数(mini)1.7pips1.9pips

POINT

株価指数インデックスは、当該国通貨で売買する必要があるため、平均pipに当該国通貨のレートを掛けることで、正確な取引コストが算出できます。
たとえば、日経225の平均スプレッド2.4pipなら、1ロットあたり24円という計算ができます。


LANDFXのECN口座の平均スプレッドと取引手数料

ECN口座は、一取引ごとに取引手数料がかかる口座です。

低スプレッドですが、取引手数料がかかるので、今回のECN口座の一覧表では「手数料をpipsに換算して、取引合計コストの項目」を設けています。

取引合計コスト(pip)= 平均スプレッド+ 手数料(pip換算)で算出しています。

ECN口座の取引手数料の計算方法

LANDFXのECN口座の手数料は、10万通貨往復取引につき、右側通貨(決済通貨)7枚分かかります。
そのため手数料は、当日の為替レートによって変動します。

※円建て口座の場合、クロス円取引は例外で700円/Lotに固定され、為替レートの影響を受けません。

1ロット(10万通貨)取引の手数料の計算例

例:EUR/USDの場合
右側通貨がUSDになるので、7USドルが手数料になります。

例:AUD/CADの場合
右側通貨がCADになるので、7カナダドルが手数料になります。
手数料を日本円に換算すると(1カナダドル=81.15円)×7枚なので、568.05円になります。

例:USD/JPYの場合
クロス円取引は例外として、700円が手数料となります。


ECN口座の通貨ペアとコモディティの平均スプレッド&手数料と取引コスト一覧

ECN口座で取引できる全商品の平均スプレッドと全体の取引合計コストをわかりやすく一覧表にしてみました。

表の一番右の取引合計コストは、手数料をpip計算して、平均スプレッドと合計した数値になっています。
取引合計コスト(pip)= 平均スプレッド+ 手数料(pip換算)

※手数料のpips計算は、作成時のレートを基に算出しており、日によって上下するので注意してください。

▼LANDFX(ECN口座)通貨ペアの平均スプレッドと取引合計コスト一覧表
通貨ペア平均スプレッド手数料合計コスト
AUD/CAD1.47CAD/Lot1.9pip
AUD/CHF0.47CHF/Lot1.1pip
AUD/JPY0.2700円/Lot0.85pip
AUD/NZD0.87NZD/Lot0.84pip
AUD/USD0.17USD/Lot0.8pip
CAD/CHF1.27CHF/Lot1.9pip
CAD/JPY0.7700円/Lot1.35pip
CHF/JPY1.4700円/Lot2.0pip
EUR/AUD0.47AUD/Lot0.9pip
EUR/CAD2.07CAD/Lot2.5pip
EUR/CHF0.37CHF/Lot1.0pip
EUR/CZK40.370CZK/Lot*40.6pip
EUR/DKK28.87DKK/Lot28.9pip
EUR/GBP0.87GBP/Lot1.6pip
EUR/HKD13.07HKD/Lot13.1pip
EUR/HUF54.1700HUF/Lot*54.3pip
EUR/JPY0.2700円/Lot0.85pip
EUR/MXN33.77MXN/Lot33.7pip
EUR/NOK14.27NOK/Lot15.3pip
EUR/NZD1.27NZD/Lot1.64pip
EUR/PLN15.77PLN/Lot15.9pip
EUR/SEK15.27SEK/Lot15.3pip
EUR/SGD3.37SGD/Lot3.8pip
EUR/TRY89.17TRY/Lot89.2pip
EUR/USD0.17USD/Lot0.8pip
EUR/ZAR41.27ZAR/Lot41.3pip
GBP/AUD0.97AUD/Lot1.38pip
GBP/CAD3.07CAD/Lot3.52pip
GBP/CHF1.07CHF/Lot1.71pip
GBP/CZK取扱停止中
GBP/DKK35.47DKK/Lot35.5pip
GBP/HKD21.07HKD/Lot21.1pip
GBP/HUF取扱停止中
GBP/JPY1.3700円/Lot1.95pip
GBP/MXN47.57MXN/Lot47.5pip
GBP/NOK25.97NOK/Lot26.7pip
GBP/NZD2.57NZD/Lot2.94pip
GBP/PLN22.37PLN/Lot22.5pip
GBP/SEK13.97SEK/Lot14.6pip
GBP/SGD2.87SGD/Lot3.31pip
GBP/TRY119.57TRY/Lot119.6pip
GBP/USD0.57USD/Lot1.2pip
GBP/ZAR47.67ZAR/Lot47.7pip
NZD/CAD4.07CAD/Lot4.53pip
NZD/CHF2.07CHF/Lot2.71pip
NZD/JPY0.8700円/Lot1.45pip
NZD/SGD1.97SGD/Lot2.41pip
NZD/USD0.37USD/Lot1.0pip
USD/CAD0.47CAD/Lot0.9pip
USD/CHF0.27CHF/Lot0.9pip
USD/CNH1.27CNH/Lot2.18pip
USD/CZK21.570CZK/Lot*21.8pip
USD/DKK13.87DKK/Lot13.9pip
USD/HKD8.67HKD/Lot8.7pip
USD/HUF39.3700HUF/Lot*39.5pip
USD/JPY0.1700円/Lot0.75pip
USD/MXN27.97MXN/Lot27.9pip
USD/NOK54.27NOK/Lot54.3pip
USD/PLN49.67PLN/Lot49.8pip
USD/SEK64.27SEK/Lot64.3pip
USD/SGD2.27SGD/Lot2.71pip
USD/TRY35.07TRY/Lot35.1pip
USD/ZAR87.17ZAR/Lot87.2pip
※CZKとHUFは通貨単位が小さいため、CZKは70CZK、HUFは700HUFが手数料になります。

続いては、LANDFX(ECN口座)のコモディティ商品の平均スプレッドと取引合計コストです。

先ほどと同じように一番右の取引合計コストは、手数料をpip計算して、平均スプレッドと合計した数値です。

▼LANDFX(ECN口座)コモディティの平均スプレッドと取引合計コスト一覧表
通貨ペア平均スプレッド手数料合計コスト
XAUUSD
(ゴールド)
2.37USD/Lot3.0pips
XAUUSD_m
(ゴールドミニ)
2.30.7USD/Lot2.37pips
XAGUSD
(シルバー)
1.435USD/Lot4.9pips

※コモディティの手数料の計算は、ゴールドは7USD/lot、シルバーは35USD/lotになります。

平均スプレッドではなく現在のリアルタイムスプレッドを確認したい方は、LANDFXの公式サイトで確認できます。


LANDFXのECN口座の取引手数料の目安

LANDFXのECN口座の取引手数料は「決済通貨7通貨/Lot」です。例外としてCZKとHUFは通貨単位が小さいため、CZKは70CZK、HUFは700HUFが手数料になります。

「決済通貨=通貨ペアの右側の通貨」なので、左側(主軸通貨)の通貨がなんであれ、右側の通貨が同じなら必要な手数料も同じになります。

各決済通貨の7通貨/Lotが日本円でいくらになるのかをわかりやすく一覧表にしてみました。
※手数料は、レートによって上下するので注意してください。

▼決済通貨7通貨を日本円に換算(作成時のレートを基に算出)
決済通貨レート手数料(円)
AUD72.91510
CAD81.62571
CHF108.32758
USD108.07756
GBP132.82930
NZD67.68474
SGD78.19547
CZK4.57320
SEK10.9877
ZAR7.1450
TRY19.13134
PLN26.95189
NOK11.8883
DKK15.78110
HKD13.7997
HUF0.35246
MXN5.4838

※LANDFXでは右側通貨を取引手数料の基準としているため、手数料に10倍以上の値段のばらつきが出ていますが、取引手数料の安い通貨ペアは、レバレッジ制限など、取引条件に制限があります。

マイナー通貨ペアではレバレッジ制限を受ける

マイナー通貨ペアのレバレッジ制限

ECN口座では決済通貨7枚分が取引手数料となるため、通貨ペアによっては手数料に10倍以上の値段差が生まれることがあります。

LANDFXでは、手数料の安いエキゾチック通貨ペアにはレバレッジ制限がかけられていて、通常の手数料の通貨ペアよりも多額の証拠金を必要とします。

以下は、レバレッジ制限がかけられている通貨ペアと制限レバレッジです。
これらの銘柄を取引する際は、注意をしてください。

▼クリックすると開きます▼
エキゾチック通貨ペアのレバレッジ制限
通貨ペアECN口座
レバレッジ
Live口座
レバレッジ
EUR/CZK10倍25倍
EUR/DKK10倍25倍
EUR/HKD10倍25倍
EUR/HUF33倍83倍
EUR/MXN33倍83倍
EUR/NOK66倍166倍
EUR/NZD10倍250倍
EUR/PLN50倍125倍
EUR/SEK66倍166倍
EUR/SGK10倍25倍
EUR/TRY0.8倍2倍
EUR/ZAR4倍10倍
GBP/CZK10倍25倍
GBP/DKK10倍25倍
GBP/HKD10倍25倍
GBP/HUF33倍83倍
GBP/MXN33倍83倍
GBP/NOK66倍166倍
GBP/NZD50倍500倍
GBP/PLN50倍125倍
GBP/SEK66倍166倍
GBP/SGD10倍25倍
GBP/TRY0.8倍2倍
GBP/ZAR4倍10倍
NZD/CAD50倍125倍
NZD/CAD50倍125倍
NZD/SGD10倍10倍
USD/CHN10倍25倍
USD/CZK10倍25倍
USD/DKK10倍25倍
USD/HKD10倍25倍
USD/HUF33倍83倍
USD/ILS取扱い無し83倍
USD/MXN33倍83倍
USD/NOK66倍166倍
USD/PLN50倍125倍
USD/SEK66倍166倍
USD/SGD10倍25倍
USD/TRY0.8倍2倍
USD/ZAR4倍10倍

LANDFXのLive口座とECN口座のスプレッドの傾向と対策

さて、LANDFXの平均スプレッドと最小スプレッドについて、観察&記録してきましたが、いかがでしたでしょうか。

観察しているなかでわかったことは、Live口座とECN口座のスプレッドは時間帯によって大きく変化するということです。

最小スプレッドが出やすい時間帯というのは、ほぼニューヨーク時間に集中していました。

LANDFXのLive口座とECN口座のスプレッドの時間帯別の変化について、その傾向を書きましたので、参考にしてください。

LANDFXスプレッド時間帯別変化の傾向

  • 朝5時~
  • 早朝は参加者も少ないため、値動きは比較的穏やかでスプレッドはワイドに広がる傾向になります。ただし、週末に大きな材料があった場合は月曜日の値動きは注意が必要です。

  • 朝7時~
  • スプレッドは徐々に狭まる傾向になります。
    アメリカのディーラーが仕事を終える時間帯なので、値動きは穏やかです。

  • 朝8時~
  • 東京市場がオープン。この時間からスプレッドは平均値に近い値が出るようになります
    また8時30分に日本の消費者物価指数&失業率、8時50分には貿易収支や日本のGDP、機械受注など、重要な経済指標が発表で大きく値動きすることもあります。

  • 昼12時~
  • 値動きは穏やかで、スプレッドはほぼ平均値になります。中国市場の動向に左右されつつレンジ相場になることが多いです。

  • 午後15時~
  • ヨーロッパ市場がオープンし、それまでのアジアの流れがガラリと変わることも多い傾向があります。

  • 夕方16時~
  • ロンドン市場がオープン。ドイツとフランスの経済指標発表で大きく値動きすることもあります。スプレッドは徐々にタイトになってきます。

  • 夜19時~
  • ここから夜の21時まで値動きは比較的穏やかで、スプレッドは平均値近辺となります。

  • 夜21時~
  • 一日で一番激しく値が動く時間帯。スプレッドは最も縮小する傾向があります。ロンドン、アメリカのディーラーが積極的に参加して為替の値動きはピークを迎えます。特に、米国の雇用統計やGDP、小売売上高などの重要経済指標の結果次第で為替は大きく動きます。

  • 夜2時~
  • ロンドン市場が閉まると、値動きはあまりしないようになる。また、夜中に要人発言があったり、米国の金融政策(FOMCなど)が発表される日もあり、深夜に大きく動くことが多いです。スプレッドも徐々に広がる傾向があります。

男性講師

平日は、ほぼこのようにスプレッドは推移していきます。Live口座もECN口座も、メジャー通貨なら、およそ0.3pip幅の変動域の中を推移している感じです。


Live口座&ECN口座のスプレッドが広がる時に注意

継続してスプレッドの観察を続けていると、スプレッドが広がる時が2つありました。

Live口座とECN口座のスプレッドが広がる時
  • 要人発言&指標発表時
  • 早朝、取引開始後1時間以内

要人発言はイレギュラーなので計測はできませんでしたが、指標発表時と早朝の時間帯については記録できましたので、参考にしてください。

経済指標発表時のスプレッド

これはLANDFXのスプレッドにかぎったことではありませんが、経済指標が発表されるタイミングは、スプレッドが大きく広がります。

ECN口座であっても同様にスプレッドは広がるので注意が必要です。

特に以下の経済指標発表では、スプレッドは広がりやすくなります。

重要な経済指標が発表されるタイミングに注意
  • 失業率&非農業者部門雇用統計(アメリカ)
  • ISM景況指数(アメリカ)
  • 米FOMC政策金利発表(アメリカ)
  • GDP成長率(アメリカ)
  • 消費者物価指数(CPI)(アメリカ)
  • 新築住宅販売件数・中古住宅販売件数(アメリカ)
  • 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表(EU)
  • その他各国の政策金利発表・GDP・雇用統計

実際に経済指標発表時のスプレッドを見てみましょう。

今回記録したのは、2019年10月17日のアメリカの住宅着工件数の指標発表(日本時間21時30分)です。

重要度はやや落ちますが、記録を採取した当時は、アメリカの景気動向に注目が集まっていた時期でもあり、数値によっては大きく為替レートが動く可能性がありました。

以下が指標発表時のLive口座のリアルタイムスプレッドです。

Live口座の指標時のスプレッド

指標発表時のLive口座のスプレッドの動き

指標発表時

LANDFX-スプレッド-Live口座

指標発表から2分後

LANDFX-スプレッド-Live口座2

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼Live口座の平均スプレッドと指標発表時のスプレッドの差
スプレッドの平均値スプレッドの最大値スプレッドの差
EUR/USD0.8pips1.9pips1.1pips
USD/JPY0.8pips2.4pips1.6pips
EUR/JPY1.4pips6.5pips5.1pips
GBP/TRY119.3pips210.0pips90.7pips
USD/ZAR94.6pips306.6pipspips212.0pips
男性講師

Live口座のスプレッドは指標発表時にはやはり大きく広がるようですね。そして平均スプレッドとの差にも注目です。
それでは、ECN口座も見てみましょう

ECN口座の指標時のスプレッド

指標発表時のECN口座のスプレッドの動き

指標発表時

LANDFX-スプレッド-ECN口座

指標発表から2分後

LANDFX-スプレッド-ECN口座2

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼ECN口座の平均スプレッドと指標発表時のスプレッドの差
スプレッドの平均値スプレッドの最大値スプレッドの差
EUR/USD0.1pips1.3pips1.2pips
USD/JPY0.1pips1.6pips1.5pips
EUR/JPY0.2pips5.2pips5.0pips
GBP/TRY119.1pips213.8pips94.7pips
USD/ZAR87.1pips300.4pips213.3pips
男性講師

ECN口座は低スプレッドですが、スプレッドの差を見てわかるように、平均スプレッドとの差はLive口座とほぼ同じ。
つまり、指標発表時にはECN口座も同じpip分だけ広がるということですね。

LANDFXの売りである狭いスプレッドも、指標発表などのボラティリティが高いタイミングには、他業者同様に大きく広がるようです。

とはいえ、そもそもハイレバレッジで行う指標トレードは、ギャンブル性が高くLive口座もECN口座も、あまりおススメはしません。

平常時にこそ、LANDFXの狭いスプレッドが活かせるのですから、指標時でのトレードは避けるのが賢明かもしれませんね。

早朝のスプレッド

続いて、早朝取引開始1時間以内のスプレッドのレポートです。

実際にどのくらい広がるのか、早朝の平均スプレッドをLive口座とECN口座とそれぞれみてみましょう。

➡計測した時間:2019年10月11日

  1. 朝6時05分(日本時間)
  2. 朝6時30分(日本時間)
  3. 朝7時(日本時間)

開場後、30分おきにスプレッドを計測しました。

朝6時05分

LANDFX-スプレッド-早朝6時頃

朝6時30分

LANDFX-スプレッド-早朝6:30

朝7時

LANDFX-スプレッド-早朝7時

※リアルタイムスプレッド動画は2019年10月11日の早朝に撮影したデータより作成
▼Live口座の早朝のスプレッドと平均スプレッド比較一覧表
平均スプレッド朝6時頃
平均スプレッド
朝6時30頃
平均スプレッド
朝7時頃
平均スプレッド
USD/JPY0.85.85.71.3
EUR/JPY1.48.68.13.3
GBP/JPY1.719.919.713.2
AUD/JPY1.810.29.15.1
EUR/USD0.81.52.11.3
GBP/USD1.55.75.710.3
男性講師

それではECN口座はどうでしょうか。今回はECN口座の画像はありませんが、Live口座と同じ時間に測定しています。

▼ECN口座の早朝のスプレッドと平均スプレッド比較一覧表
平均スプレッド朝6時頃
平均スプレッド
朝6時30頃
平均スプレッド
朝7時頃
平均スプレッド
USD/JPY0.15.04.90.5
EUR/JPY0.27.47.32.1
GBP/JPY1.318.918.712.2
AUD/JPY0.28.67.53.5
EUR/USD0.10.71.30.5
GBP/USD0.54.74.79.3
男性講師

ECN口座の早朝スプレッドもLive口座同様にかなり大きく広がりました。
早朝時はECN口座の低スプレッドという利点も薄くなってしまうようです。

Live口座&ECN口座のスプレッドが広がる時間の対処法

Live口座のスプレッドは時間帯ごとに変化しているため、やはり最小スプレッドの出やすいニューヨーク時間(22時~)に取引をすると、取引コストは多少削減できます。

しかし、指標発表時や早朝時は、Live口座もECN口座もスプレッドは大きく広がるため、LANDFXのスプレッドの狭さを活かしたトレードには向いていません。そのため、そういう場面では、無理にエントリーするのではなく、トレードを避けるのが賢明かもしれません。


Live口座とECN口座どっちの取引コストが低い?

Live口座とECN口座の取引コストをメジャー通貨で比較

Live口座とECN口座のスプレッドの特徴は、見た目上、ECN口座の方が狭く、Live口座の方が広いと言えます。

それでは、スプレッドだけではなく、全体の取引コストを比較したらどうなるでしょうか?

今回は公平を期すために、平均値ではなく同じタイミングで計測したスプレッド(取引コスト)を比較しています。

以下は、Live口座とECN口座でメジャー通貨の取引コストをpips計算して比較した表です。
※ECN口座の括弧内は手数料をpip計算した合計取引コスト

▼Live口座とECN口座の合計取引コストの比較表(メジャー通貨)
Live口座ECN口座
USD/JPY0.9pips0.1pips
(0.75pips)
EUR/JPY1.4pips0.2pips
(0.85pips)
GBP/JPY2.1pips1.1pips
(1.65pips)
AUD/JPY1.8pips0.2pips
0.85pips
EUR/USD0.9pips0.1pips
0.8pips
GBP/USD1.7pips0.9pips
(1.6pips)
※取引コストが安い方の口座に青色マークをつけています。
女性講師

メジャー通貨の取引コストを比べてみると、ほぼ同じような取引コストになりましたが、クロス円の通貨ペアだとECN口座が有利という結果になりました。
それではエキゾチック通貨ではどうでしょうか?


Live口座とECN口座の取引コストをエキゾチック通貨で比較

平均値ではなく同じタイミングで計測したスプレッド(取引コスト)を比較しています。

以下は、Live口座とECN口座でエキゾチック通貨の取引コストをpips計算して比較した表です。
※ECN口座の括弧内は手数料をpip計算した合計取引コスト

▼Live口座とECN口座の合計取引コスト比較表(エキゾチック通貨)
Live口座ECN口座
EUR/ZAR54.0pips44.2pips
(44.25pips)
USD/ZAR94.3pips84.5pips
(84.55pips)
GBP/ZAR73.1pips63.3pips
(63.35pips)
EUR/MXN38.0pips28.2pips
(28.24pips)
USD/MXN27.3pips27.5pips
(27.54pips)
GBP/MXN42.0pips32.2pips
(32.24pips)
EUR/TRY94.7pips94.9pips
(95.02pips)
USD/TRY35.8pips36.0pip
(36.12pips)
※取引コストが安い方の口座に青色マークをつけています。

エキゾチック通貨ペアでは、取引手数料を換算しても10pipsほどECN口座の方が取引コストが安いという結果でした。

ただし、EUR/CZK、EUR/DKK、EUR/TRY、GBP/DKK、GBP/TRY、USD/HKD、USD/MXN、USD/TRYの通貨ペアに関してはLive口座の方が有利(0.2pips)でした。


LANDFXのLive口座とECN口座を比較した結果・・・

  • Live口座のスプレッド
  • ECN口座の手数料+スプレッド

上記の2つから算出される取引コストは、クロス円の取引はECN口座の方が有利となり、その他の主要通貨ペアではほぼ同じような取引コストになります。

女性講師

単純に手数料だけで見た場合はECN口座の方が有利なのかもしれません。
ただ、Live口座にはボーナスが付与されるといった大きな特典があるので、LANDFXでどちらの口座タイプを使うかは、好みによるといえると思います。

Live口座のボーナスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。


海外他4業者とLANDFXの平均スプレッド比較<メジャー&エキゾチック通貨>

男性講師

それでは、LANDFXのスプレッドは海外の他のFX業者と比べてみると、どうなのでしょうか?

海外FX業者は一般的にスプレッドが広いと言われており、特別に低スプレッド口座を用意している業者が多数存在しています。

今回取り上げたLANDFXもその業者の中の一つですが、他の業者と通常口座と低スプレッド口座をそれぞれ比較してみました。

取り上げたFX業者は以下の4社です。

  • XM
  • TAITAN
  • Tradeview
  • FXDD

上記の4社は、LANDFXと同様に低スプレッドの口座を用意していて、日本人が利用している業者の中からアトランダムに抽出しました。

今回、比較するのは、

メジャー5通貨ペア「ドル円、ユーロドル、ユーロ円、豪ドル米ドル、ポンドドル」

エキゾチック6通貨ペア「ユーロ南アランド、ドル南アランド、ポンド南アランド、ユーロメキシコペソ、ドルメキシコペソ、ポンドメキシコペソ」です。

Live口座でのメジャー通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較

まずは、LANDFXのLive口座と海外業者のスタンダード口座の平均スプレッド比較です。

各業者で比較して、最も低い数値を記録した通貨ペアを青色で表示しています。

各社 スタンダード口座の名称
  • LANDFX:Live口座
  • XM:スタンダード口座
  • TAITAN:ZEROスタンダード口座
  • Tradeview:Xレバレッジ口座
  • FXDD:スタンダード口座

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼Live口座のメジャー通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較一覧表
LANDFXXMTAITANTradeviewFXDD
USD/JPY0.8pips1.7pips1.33pips2.1pips2.1pips
EUR/USD0.8pips1.7pips1.2pips1.9pips1.9pips
EUR/JPY1.4pips2.6pips1.74pips2.2pips3.1pips
AUD/USD1.3pips2.0pips1.52pips2.1pips1.7pips
GBP/USD1.5pips2.2pips1.57pips2.5pips2.6pips
同通貨ペアの最低値=青色で表示

※スプレッドは各業者ともに変動スプレッド制なので平均値を記載しています。

女性講師

LANDFXの主要通貨のLive口座スプレッドは、他の海外業者と比較してもかなり有利なスプレッドを提供しているようですね。
それでは、エキゾチック通貨はどうでしょう?


Live口座でのエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼Live口座でのエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較一覧
LANDFXXMTAITANTradeviewFXDD
EUR/ZAR51.0130.080.155.276.9
USD/ZAR94.6135.036.6948.687.0
GBP/ZAR53.2取扱無し取扱無し54.6126.0
EUR/MXN39.0取扱無し取扱無し6.859.0
USD/MXN47.6103.045.232.650.0
GBP/MXN45.0取扱無し取扱無し取扱無し取扱無し
同通貨ペアの最低値=青色で表示

※スプレッドは各業者ともに変動スプレッド制なので平均値を記載しています。

女性講師

LANDFXのエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドは、他業者と比較しても有利なものが多く、特にポンド系には強い印象ですね。


ECN口座でのメジャー通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較

続いて、LANDFXのECN口座と海外業者の低スプレッド口座の比較です。

各業者とも取引にかかる手数料は違いますので、それぞれpipsに変換して、比較しやすいように全体の取引コストを表示してあります。

各業者で比較して最も低い数値を記録した通貨ペアを青色で表示しています。

各社 低スプレッド口座の名称と1LOT取引にかかる手数料
  • LANDFX:ECN口座(決済通貨7通貨/LOT)
  • XM:ゼロ口座(主軸通貨10通貨/LOT)
  • TAITAN:ZEROブレード口座(往復7USD/LOT)
  • Tradeview:ILC口座(往復5USD/LOT)
  • FXDD:プレミアム口座(主要通貨ペア:往復9.98USD/LOT その他:往復5.98USD/LOT)
各社 低スプレッド口座の名称と1LOT取引にかかる手数料
  • LANDFX:ECN口座(決済通貨7通貨/LOT)
  • XM:ゼロ口座(主軸通貨10通貨/LOT)
  • TAITAN:ZEROブレード口座(往復7USD/LOT)
  • Tradeview:ILC口座(往復5USD/LOT)
  • FXDD:プレミアム口座(主要通貨ペア:往復9.98USD/LOT その他:往復5.98USD/LOT)

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼ECN口座でのメジャー通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較
LANDFXXMTAITANTradeviewFXDD
USD/JPY0.1pips
(0.75pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.33pips
(1.03pips)
0.2pips
(0.7pips)
0.3pips
(1.298pips)
EUR/USD0.1pips
(0.8pips)
0.1pips
(1.11pips)
0.2pips
(0.9pips)
0.1pips
(0.6pips)
0.3pips
(1.298pips)
EUR/JPY0.2pips
(0.85pips)
0.2pips
(1.2pips)
0.74pips
(1.44pips)
0.3pips
(0.8pips)
0.8pips
(1.798pips)
AUD/USD0.2pips
(0.9pips)
0.3pips
(1.39pips)
0.52pips
(1.22pips)
0.2pips
(0.7pips)
0.6pips
(1.598pips)
GBP/USD0.5pips
(1.2pips)
0.5pips
(1.59pips)
0.57pips
(1.27pips)
0.6pips
(1.1pips)
0.5pips
(1.498pips)
同通貨ペアの最低値=青色で表示

(※カッコ内のpips表記は平均値に手数料も加味した実質pipsです。)

女性講師

各社ともに、低スプレッド口座では、シノギを削っていますね。
ECN口座ではスプレッド自体はどの業者も大差ありませんが、取引手数料の差が大きく表れた感じですね。


ECN口座でのエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較

以下の表は、メジャー通貨ペアと同様に、各業者の平均スプレッドと手数料を合計した取引コストをpips計算して表示してあります。

※スマホでご覧の方は横スクロールで表の全体が確認できます。

▼ECN口座でのエキゾチック通貨ペアの平均スプレッドを他業者と比較
LANDFXXMTAITANTradeviewFXDD
EUR/ZAR41.2574.070.846.776.998
USD/ZAR87.276.036.3945.577.798
GBP/ZAR42.85取扱無し取扱無し54.697.698
EUR/MXN29.28取扱無し取扱無し4.639.398
USD/MXN27.5451.035.926.850.998
GBP/MXN35.84取扱無し取扱無し取扱無し取扱無し
同通貨ペアの最低値=青色で表示

(上の表は平均値に手数料も加味した実質pipsです。)

女性講師

LANDFXにだけある通貨ペアも多いので公平ではないかもしれませんが、LANDFXでは有利に取引できる通貨ペアが多いようです。


LANDFXスプレッド比較まとめ

男性講師

他業者との比較を通じてみえてきたLANDFXのスプレッドの特徴を以下にまとめてみました。

LANDFXのスプレッドを他海外業者と比べると・・・
  1. Live口座の平均スプレッドは他業者に比べて有利
  2. ECN口座の平均スプレッドは他業者と比べるとマチマチ
  3. エキゾチック通貨の平均スプレッドは普通だが、他業者にない通貨ペアがある

LANDFXのLive口座の平均スプレッドは他業者に比べて有利

LANDFXのLive口座は他社に比べてかなり有利なスプレッドです。

LANDFXの最大の利点は、他の海外FX業者にはない有利なスプレッドに加えLANDFXのLive口座にはボーナスが付与されるというところです。

海外FX業者はスプレッドが広い業者も多いので短期取引は向いていないと言われますが、LANDFX並みの低スプレッド&ハイレバレッジならば、短期取引でもチャンスがある数少ない海外FX業者といえるかもしれません。

ただ、通常時に比べて、指標発表時と早朝のスプレッドの広がる時間帯は注意が必要です。

LANDFXのECN口座の平均スプレッドは他業者と比べるとマチマチ

ECN口座を他海外業者と比較すると、手数料を加えた取引合計コストはどの海外FX業者ともにほぼ同じという結果になりました。

LANDFXでは、もともとLive口座のスプレッドが狭いということもあり、取引合計コストはECN口座とほぼ同じぐらいになるので、ボーナスが付与されるLive口座の方が良いといえるかもしれません。

エキゾチック通貨の平均スプレッドは普通だが、他業者にない通貨ペアがある

LANDFXは、特にポンド系に強く、他業者にはない通貨ペアがあるのが魅力です
ポンド系の通貨ペアは、ボラティリティも大きく取引チャンスにも恵まれています。

女性講師

以上が、LANDFXのスプレッドの情報になります。
LANDFXの利用を検討している人の参考になれば幸いです。

LANDFXの口座開設方法は以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

LANDFXのボーナスについては以下の記事をご覧ください。