XM-サーバーTOP

XMで口座開設をしてMT4にログインする際、自分のサーバー番号がMT4の検索リストに表示されない場合があります。

今回は「MT4に表示されないサーバーを追加する方法」をご紹介します。

MT4にサーバーを追加する方法は主に以下の3種類です。

XMのよくある質問も確認しましょう。

XM公式サイトに表示されたMT4/5へのサーバー追加方法

XMでは「よくある質問」のページが設けられており、そこにはMT4のプラットフォーム関連の回答もまとめられています。
MT4/MT5にログインできない場合以外にも、何か困った事があれば覗いてみて下さい。


XMのサーバーとは?

通常、各FX会社では、それぞれサーバーを用意して、他社よりも注文処理速度をあげようと、メンテナンス&増強したりしています。

XMのサーバーセンターはロンドンにありますが、このサーバーに接続できないことによって「回線不通」や「無効な口座」とエラー表示され、MT4/MT5にログインできないことへの対処法について、今回はまとめてみました。

XMのサーバー名の確認方法

自分のXMのサーバー名を忘れた場合、確認方法は以下の2つの方法があります。

XMのサーバー名を忘れた場合の確認方法
  • XM口座開設時に送られてきたメールを確認する
  • XMの会員ページにログインしてマイアカウントの概要から確認する

XMから送られてきたメールを確認する

XMのログインIDとサーバー名は、口座開設時にXMから送られてきた以下のような「XMTradingへようこそ」のメールに記載されています。

XM-サーバー-メールで確認

上記のメールでは、サーバー名:XMTrading-Real 45 となります。

POINT

XMTrading-Realの後ろにある数字は口座の種類や、開設時期によって変わるので、複数口座をお持ちの方でも同じサーバー名とは限りません。

マイアカウントの概要から確認する

もう一つは、XM会員ページにログインして確認する方法です。
サーバー名は、マイアカウントの概要欄から確認したい口座を選択すると、以下のように記載されています。

XM-サーバー名-確認方法

XM-サーバー名-確認方法スマホ

上記の場合だと、サーバー名は XMTrading-Real 45 となります。

もし、パスワードを忘れてしまったら?

パスワードを忘れた、もしくは紛失した場合は、XMへ問い合わせても、セキュリティ上の理由から開示されないので、パスワードをリセットして再設定する必要があります。

▼XMのパスワードの再設定方法や各種ログインできない場合の対処法などは以下の記事で解説しています。


XMのサーバー名をMT4/MT5に追加する方法

MT4にログインする際、希望のXMのサーバー名が表示されない場合があります。

XM-サーバー-サーバー名がない

その場合、MT4にXMのサーバー名を追加する必要があり、追加する方法は以下のとおりです。

それでは実際に、MT4に「XMTrading-Real 45」を追加してみましょう。

MT4にXMのサーバー名を一括スキャンする方法

XMのサーバー名を一括スキャンする方法は簡単で、デモ口座の申請画面より「スキャン」するだけです。

MT4にXMのサーバー名を一括スキャンする手順
  1. デモ口座の申請を開く
  2. 「スキャン」をクリック

手順1.デモ口座の申請を開く

MT4メニューバーの「ファイル」を選択して「デモ口座の申請」をクリックします。

XM-サーバー-デモ口座の申請をクリック

手順2.「スキャン」をクリック

デモ口座の申請画面より、「スキャン」をクリックします。

XM-サーバー-サーバーをスキャン

数十秒ほどでスキャンが完了し、新しいサーバーリストが追加されます。

MT4に希望のサーバー名のみを追加する方法

MT4のログイン画面に不要なサーバー名を表示したくない場合は、希望のサーバー名のみを追加することも可能です。

MT4に希望のサーバー名のみを追加する手順
  1. オプション画面を開く
  2. サーバーの入力画面で希望するサーバー名を入力
  3. デモ口座の申請を開く
  4. デモ口座の申請画面よりスキャンする
  5. MT4を再起動する

手順1.オプション画面を開く

MT4画面上部のメニューバーから「ツール」を選択して「オプション」をクリックします。

XM-サーバー-MT4追加

POINT

キーボードの「Ctrl+O」を押すと簡単にオプション画面を開く事もできます。

手順2.サーバーの入力画面で希望するサーバー名を入力

オプション画面のサーバーのタブを開き、サーバー(S)の項目に希望するサーバー名を入力し「OK」をクリックします。
今回は、「XMTrading-Real 45」を追加します。

XM-サーバー-サーバー名を入力

サーバー名の入力例:XMTrading-Real 45

POINT

入力に不安な方は、上のサーバー名の確認方法で解説したメールまたはマイアカウントの概要にあるサーバー名をコピー&ペーストを行うと簡単に入力できます。

手順3.デモ口座の申請を開く

次に、MT4メニューバーの「ファイル」を選択して「デモ口座の申請」をクリックします。

XM-サーバー-デモ口座の申請をクリック

手順4.デモ口座の申請画面よりスキャンする

デモ口座の申請画面が表示され、先ほど追加したサーバー名「XMTrading-Real 45」が追加されています。
「スキャン」をクリックしてアイコンが緑色に変わったらスキャンは成功です。

XM-サーバー-サーバーのスキャン

アイコンが緑色になったら、「キャンセル」または右上の「×」ボタンを押して閉じてください。
これで、MT4のログイン画面に「XMTrading-Real 45」が追加されます。

手順5.MT4を再起動する

再度MT4を立ち上げると、MT4ログイン画面に先ほど追加したサーバー名「XMTrading-Real 45」が追加されています。

XM-サーバー-サーバー追加完了

後は、MT4のログインID、パスワードを入力し「ログイン」をクリックするとMT4にログインできます。

MT4を再インストールする方法

直接入力してもサーバーが表示されない場合は、MT4を再インストールする必要があります。

まず最初に、古いMT4をアンインストールしましょう。

次に、パソコンを再起動させます。

そのあとは最初にMT4をインストールした際と同じ手順で、XM公式サイトからインストールファイルをダウンロードし、インストールを行います。

それでもサーバーが表示されない場合は、再インストールしたMT4で上記の「MT4に希望のサーバー名のみを追加する方法」をもう一度試してみて下さい。

MT5にXMサーバー名を追加する方法

MT5にサーバーリストにXMのサーバー名がない場合は、以下の手順でサーバーを追加させることができます。

MT5にXMサーバー名を追加する手順
  1. 「ファイル」メニューから「デモ口座を開く」を選択
  2. 「XMTrading」で検索し、そのまま画面を閉じる

手順1.「ファイル」メニューから「デモ口座を開く」を選択

MT5の上部のメニューバー「ファイル」を選択し、「デモ口座を開く」をクリックします。

デモ口座を開く

手順2.「XMTrading」で検索し、そのまま画面を閉じる

デモ口座の申請画面のアドレスに「XMTrading」と入力し、「証券会社を探す」をクリックします。スキャンが終わったらそのまま画面を閉じてください

XM-サーバー-MT5にサーバー名を追加

POINT

「次へ」をクリックしても追加されないので、スキャンが終わったら画面右上の「×」でそのままデモ口座の申請画面を閉じてください。

ログイン画面を表示すると、サーバー名が追加されています。

デモ口座を開く2

▼XMのMT5のダウンロード方法からグイン、注文決済までは以下の記事で解説しています。


XMサーバーについてよくある質問(FAQ)

回線不通!と表示され、ログインできないけどどうしたらいい?

回線不通!と表示され、ログインできないけどどうしたらいい?
MT4/MT5画面右下に「回線不通!」と表示されている場合、サーバーとの接続が完了しておらず、ログインできていない状態を示しています。ログイン情報やインターネット回線に接続されているか確認して再度MT4/MT5にログインしてください。

MT4/MT5のログインに失敗した時に出る「回線不通!」の主な原因は以下のとおりです。

“回線不通!”というエラーメッセージの原因
  • サーバー情報が異なる
  • ネット回線が切断されている

ログインする際に、入力したIDとパスワードは合っているけれど、サーバー名が異なっている場合や、何らかの事情でネット接続が切れている可能性があります

サーバー名は、口座開設時に届いたXMからのメールをよく確認し、再度ログインを試しましょう。

無効な口座とでるけど、どうしたらいい?

無効な口座とでるけど、どうしたらいい?
MT4/MT5画面右下に「無効な口座」と表示されている場合、正しいログイン情報を入力しているか、口座が利用可能な状態なのかを確認して、再度ログインしてください。

MT4/MT5のログインに失敗した時に出る「無効な口座」の主な原因は以下のとおりです。

“無効な口座”というエラーメッセージの原因
  • ログイン情報の入力ミス
  • 口座が凍結されている
  • デモ口座の有効期限が過ぎている

ログイン情報の入力ミス

MT4/MT5へログインする際、IDとパスワードを入力しますが、半角スペースも含めて正確に入力しないと「無効な口座」というエラーが出ます

打ち間違えないように、コピー&ペーストを行いログインIDとパスワードを再入力し再度ログインしましょう。

口座が凍結されている

XMのリアル口座は、残高ナシの状態で180日間取引をしないと、口座は自動的に凍結されます。
その場合は、MT4/MT5に有効なログインIDを入力しても「無効な口座」のエラーが出てログインできません。

口座凍結された場合は、XM新規口座開設手続きから、最新の本人確認書類を提出しましょう。

▼口座凍結の解除方法は、以下の記事で解説しています。

デモ口座の有効期限が過ぎている

XMのデモ口座には使用期限はありませんが、90日間利用をしないで放置をしていると、自動的にデモ口座は閉鎖されます。
ログインしても「無効な口座」のエラーが出て、MT4/MT5取引口座にログインできません。

デモ口座もしくは、リアル口座のアカウントを新たに取得して、再度ログインしましょう。

▼XMのデモ口座、リアル口座の口座開設方法は、以下の記事で解説しています。

XMのサーバー名がわからなくなったんだけど

XMのサーバー名がわからないけど、どこで確認できますか?
XMのサーバー名がわからない場合、メールを確認する方法と、XM会員ページにログインして、マイアカウントの概要から確認する方法があります。

XMのサーバー名を忘れた場合、確認方法は以下の2つの方法があります。

MT5でXMのサーバーを追加したけど、追加されていない

MT5でXMのサーバーを追加したけど、追加されていないけど、どうして?
MT5のメニューバーから「ファイル」から「デモ口座を開く」を選択し、アドレスに「XMTrading」と入力後、「証券会社を探す」をクリックしてサーバーをスキャンします。スキャンが終わったら、「キャンセル」または「×」を押してデモ口座申請画面を閉じてください。するとログイン画面にサーバー名が追加されています。
女性講師

ポイントは、スキャンが終わったら「次へ」を押さずに、そのままデモ口座申請画面を閉じることです。

もっと速いサーバーはないの?

もっと速いサーバーはないの?
XMの約定スピードは海外FX屈指ですが、さらにスピードを求める場合、2つの方法があります。
1つは同一サーバー内のチャンネルを変える方法と、既存のサーバーから新しいサーバーに乗り換える方法です。
サーバーのスピードを速くするには?
  • サーバー内のチャンネルを変える
  • 新しいサーバーへの乗り換え

サーバー内のチャンネルを変える

MT4の画面右下にあるアイコンをクリックします。

XM-サーバー-サーバーチャンネル

アイコンをクリックすると、サーバーの各チャンネルのレイテンシー(応答速度)が表示されます。

XM-サーバー-サーバーチャンネルを変更

POINT

レイテンシ(応答速度)の数値が小さいほど、サーバーの応答に要する時間は短いという意味になります。
なので、レイテンシの数値(ms)が小さいチャンネルを選べば、サーバーの応答速度は相対的に上がります

新しいサーバーへの乗り換え

XMでは、新規ユーザーが増えるたびに、新しいサーバーを増設しているようです。
つまり、数年前から利用している既存サーバーには、ユーザーが定員まで登録されているということになります。

どうしても既存サーバーの遅さが気になるようでしたら、新しく一つ口座を追加作成し、新しいサーバーに乗り換えるというのも、1つの方法です。

▼XMの追加口座を開設方法は以下の記事で解説しています。

▼抜本的にサーバーのスピードを変えたい場合は、以下の記事にXMのVPSサーバーの契約(一部有料)について書きましたので、参考にしてください。


男性講師

R部では、MT4の使い方を誰にでも分かりやすく解説をしています。
MT4の取扱いでお困りの方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。