Author: R部運営チーム

ボーナス最新情報

XMの最新ボーナス情報、受け取り方、消滅条件、リセットについて

XMのボーナスの基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説。「マイナス残高時のクレジットの動き方」「ボーナスの消滅条件」「口座開設ボーナスだけで取引」「入金額ごとの適用ボーナス額」「入金ボーナスの復活」「ロイヤルティプログラム/XMPの詳細」等
XMレバレッジ_eyecatch_3

XMの888倍ハイレバ取引の手引き、レバレッジのかけ方とロスカット目安

XMの888倍フルレバトレードガイド、888倍フルレバを前提に設定手順や、限界取引数量、必要証拠金計算をまとめています。「証拠金〇万円なら、何ロット持てる?」「レバレッジ888倍でポジションを持つには、いくらの証拠金が必要?」「どの程度の値動きでロスカットされる?」などまとめています。
XMナスダックus100

XMのナスダック|証拠金や取引時間、ポジション保有の注意点をわかりやすく解説

XMのナスダック(US100)の取引の条件や方法をやさしく解説。レバレッジや証拠金計算方法、損益計算の仕方からXMの口座開設方法|MT4ログインまで。またナスダック(US100)の基礎知識についても、わかりやすく解説。参考にしてください。
XM 日経225

XMの日経225・レバレッジ200倍で高利益を狙う【取引時間、必要証拠金、実際のトレード準備まで】

XMの日経225はレバレッジ200倍で追証なし。取引時間や、トレードに必要な証拠金を詳しく解説。取引するにあたっての注意点なども、トレーダーの視点にたって解説します。日経225は他の株価指数よりもレバが高く、有利にトレードできる銘柄です。
XM原油取引アイキャッチ

XMでカンタンに原油(OIL)取引をする方法【証拠金・取引時間・レバレッジ】

XMでカンタンに原油取引する方法をお伝えします。他海外FX会社の取引条件と比べて、XMが原油取引で「儲けやすい」点を客観的に解説します。その他、原油(オイル)取引の基礎知識なども網羅しています。また、画面キャプチャを使って取引手順も解説。
XMスワップポイント一覧表【全通貨ペア円換算済】国内・海外のFX業者と比較してみた

XMスワップポイント日本円換算一覧表(全銘柄) | 毎日更新

XMの全銘柄スワップポイントを日本円にして一覧表(毎日更新)にしています。スワップポイントの基礎知識から、実際のトレードでの注意点も解説。スワップポイントの高い通貨ペアのランキングや、国内を含める他業者とのスワップポイントの比較も掲載中。
XMオートリベート_トップ

XMオートリベートの使い方、7つのメリットと1つのデメリットを解説

2018年10月より、XMでは新たなIBキャッシュバックプログラム「オートリベート」が開始されました。ここでは「XMオートリベート」の仕組みやメリット・デメリット等の全知識を画像付きでまとめ、従来のIBキャッシュバックとの違いを解説します。
XMでMT4/MT5をダウンロードする方法

XM口座でMT4/MT5のインストール・ログインする方法を画像付きで解説

はじめて海外FXであるXMを使う場合の第一のハードルである、MT4/MT5のインストール・ログイン方法を紹介しています。PCでMT4をインストールしてログインするまでの手順を、実際の画面を見ながら解説します。口座開設関連の記事なども併せて紹介しているので、XM初心者の方は是非参考にして下さい。
MT4で新規注文・決済する方法とは?

MT4で新規注文/決済する方法とは? 成行・予約(指値・逆指値)を解説!

MT4での新規注文/決済の方法を徹底解説しています。実際にパソコンに表示される画面の画像付きで解説しているので、成行注文や予約注文が誰でもわかるようになります。必要な専門用語もばっちりフォローします。「決済逆指値(S/L)決済指値(T/P)を変更する」なんてことも出来るようになりましょう!
XM口座への入金方法とは?

XM口座への入金方法

初心者向けにXM口座への入金方法を解説します。XMなら手数料無しでとても簡単に入金できます。入金方法を選択するための比較一覧表や口座開設関連の記事も同時に紹介しているので、XM初心者の方は、この記事を参考に入金を行えばスムーズかつ簡単にに入金を行うことができます。
XM-10%ボーナス-TOP

XMの電子ウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)限定の10%入金ボーナス

2019年1月30日、XMに新たなボーナスキャンペーンが追加されました。bitwallet(ビットウォレット)での入金限定で、入金額の10%がボーナスとしてクレジットに付与されます。獲得できるボーナス上限は2,000ドルまで。もともと入出金に便利なbitwalletですが、さらに利用者は増えそうです。